皆様

 

おはようございます。

12月に入り、残すところ2019年も1ヶ月となりました。

堺ビッグボーイズでも、各学年今年の対外試合を終え、春に向けて力を蓄える時期に入ります。

 

 

6年生チームは、先日行われました高石大会に出場しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球も体操も、それ以外のこともコツコツ取り組んでいる選手たちですが、周りの選手もその姿を見ているからこそ、いいプレーが出た時にこんなにもいい顔で喜んでくれる仲間がいるんだろうなと思います。

それぞれの選手にとって、野球だけでなく人間的にも大きく成長できるような時間になればと思います。

素敵な表情を見ることができ、嬉しく思います。

 

6年生は、小学部での大会は残すところ春先の全国大会予選・全国大会のみとなりました。

最後の大会に向けて自分たちで目標を立て、なりたい自分を描きながら冬の間に力を蓄えてもらえればと思います!!

 

 

 

また、5年生は今週末、アグレシーボリーグの決勝戦に臨みます。

 

先日の準決勝は、くしくもカブス(堺中央)とアストロズ(堺中央)が戦いました。

試合中盤まで粘り強く守りながらチャンスをものにしたアストロズが勝利しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の最後の対外試合ですが、優勝を目指してアグレッシブにチャレンジしてほしいと思います。

 

アグレシーボリーグについては、また改めてご報告できればと思っていますので、詳細は改めて書かせていただきます。

 

 

先日、6年生に、みんなはどうなりたいか、という質問をしました。

「みんなで一つのチームになって、声を掛け合って試合をしたい」「春は全国に行きたい」「レギュラーとして試合に出たい」色々な声が出ました。

逆に、何も答えられない選手も半分くらいいました。

 

じゃあそれを実現しようと思ったら、何をすればいいかな?と質問をすると、また止まってしまいました。

 

まず、自分がどうなりたいか、チームとしてどうなりたいか(または、どうなった方がいいと思うか)ということをできるだけ描くことが大切だよ。

それが描けたら、思いを誰かに話してみよう。思ってるだけじゃ伝わらないかもしれない。例えば、みんなで声をかけあって試合がしたいなら、その思いをみんなに勇気を持って伝えてほしいな。そしたら何か変わるかもしれない。という話をしました。

 

チームをこうした方がいいと思えることはとてもすごいことで、簡単なことではありません。

また、日々流れていく時間の中で、常に目標を持って意識しながら生活や練習に取り組むこともとても難しく、簡単ではありません。ついつい受け身になりがちで、何がしたかったんだっけ?となることは大人でもあります。

 

限られた時間の中で、どれだけ自分が描く目標に向かって前向きに活動できるかということは、すごく大切で、年齢に関係なく能動的に自分の意思で歩んでいけるようにサポートしていかなければならないと、感じます。

 

選手たちがなりたい自分を描けた時、やっと私たちコーチの出番が来るという側面もあると思いますし、描き方を一緒に考えてあげることももちろんコーチの役目だと思います。

 

私たち大人が彼らとともに歩む中で何を一緒に考えられるか、何ができるか、とても難しいですがしっかり向き合っていきたいなと感じました。

 

 

長い人生の中で、この時間は今しかありません。

そんな大切な時間の中で、少しでも力強く、そして自ら歩みを進めてもらえるように一緒に頑張れたらと思います。

 

 

今週末も寒そうですが、元気にグラウンドで会いましょう!!!!

みんなに会うのが待ち遠しいな。と思う平日です。

 

 

 

 

 

Yコーチ

 

 

小・中学部は練習見学・体験は随時行っています。

お気軽にお問合せ下さい!!

 

<問合せ先>

TEL 072-243-7888  コーチ:土井、佐野、八木

E-mail  info@bb-future.net

URL: http://bb-future.net/sakaibb