採用の成功と定着に必要なこと

採用の成功と定着に必要なこと

中小企業と小さいお店が良い人が採用できるために

◆良い人材が応募してくる採用の仕方
◆良い人材が定着する環境の作り方

そのヒントや方法を書いています。
【注】社員を仲間と想い経営してる方大歓迎です。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:




おはようございます 中小企業のための採用アドバイザー 石川博嗣(ひろし)です。

中小企業の一生懸命な経営者のための今日からつかえる採用のヒントを書いています。


新卒の採用って非常に難しいです。

職務経験がないわけですから、ポテンシャルを見極めて採用しないとダメなわけです。

身体つきだけみて、プロスポーツにスカウトする

手だけを見て、絵が上手になると判断する

ようなもんです。

それでも新卒を採用したいと考える企業は多いのは事実です。

大企業なら「育てる」という文化も実績もあるでしょうが、中小はそうはいきません。


なので私は、中小さんには中途採用をお勧めするんですが、どうしても新卒を採用したいと考える企業さんに一つ面接でのアドバイス

『そのスーツ誰と買いに行ったの?』 と聞いてみましょう。

次に

『なんでその柄にしたの?』

『なんでその裾の長さにしたの?』

と聞いてみましょう。


「母と買いに行きました」

「店員さんに勧められて」

などの回答の方は、自発的・主体的に仕事をする能力は低いと考えてよいです。

指示待ちタイプの人財です。


なぜか

スーツを1着買うためには、多くの判断が求められるからです。

◆スーツの色、柄

◆パンツの丈

◆裾はシングルかダブルか

◆Yシャツの色、柄、襟のデザイン

◆ネクタイの柄、色、

◆靴

紳士服店でよく母親とスーツを買いに来ている方を見受けますが、ほとんど母親と店員が話をして決めています。

こういった方に仕事で、判断ができるとは思えません。

『○○のバイトで貯めたお金で、社会人3年目の先輩にアドバイスもらいながら買いました』



私はこういう方を応援したいですね。




テーマ:

採用の成功と定着に必要なこと

こんにちは 中小企業のための採用アドバイザー 石川博嗣(ひろし)です。

中小企業の一生懸命な経営者のための今日からつかえる採用のヒントを書いています。
私のブログを読みにきてくれてありがとうございます。


事業を、ご子息などへ継続する場合に

◆つなぎの人材
◆右腕的人材
◆番頭的人材

を採用する場合に注意することですが、採用時に以下の点について明確に言葉や書面で伝えることです。


【業務範囲】
例:スキル(技術力)などを若い人に教えて伝承してほしいが、経営に関しては口は出してはいけない。

【地位・身分】
例:右腕として採用するが、取締役など役員にするつもりはない

【給与】
例:上限は○○万円(年収・月収)で、それ以上は出さない。


採用前までにハッキリと伝えておくことです。

ココを伝えずして、採用してトラブルになっている企業が多いのが事実です。







テーマ:

採用の成功と定着に必要なこと



こんにちは 中小企業のための採用アドバイザー 石川博嗣(ひろし)です。

中小企業の一生懸命な経営者のための今日からつかえる採用のヒントを書いています。

私のブログを読みにきてくれてありがとうございます。


面接に来た応募者で、服装に関して「?????」という疑問がわく方がいるはずです。


こういう方は要注意です。

採用は慎重にしましょう。


服装に疑問がわく方は、あなたと同じ方向を向いて仕事をしていける可能性は非常に低いです。


なぜならあなたの感性、あなたのセンスに反するから疑問が湧いているからです。






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス