「マーケティング・ストーリーズ」by マック・サキヤマ
お問合せ:彩都コーポレーション
     代表(098)098-890-0700/マーケティング部/担当:崎山英和

テーマ:
こんにちは、崎山です。

本日は人脈について悩んだりしている方には少しでも、ヒントになれば嬉しいかぎりです。

営業マンは、
そもそも人脈は何のために必要なのでしょうか?

正直なところ。
営業マンなら自分の売上げのためです。

誰でも営業成績のため紹介は欲しいモノです。

自分の商品を売りたいため、
「人脈作り」で色んな会合や名刺交換会に参加するのです。

でも、

いきなり仕事の話をするのも、どうかと思います?

そんなことで、

初めて会う人が人脈になるまである程度の時間が必要ですね。

でも、人脈のための人脈ではないはずです。

もっと売上げが欲しいものです。

ここで、

紹介してくれる人を具体的に見てみたいと思います。

❶ 友人(同級生)
❷ 親戚(家族)
❸ 既存顧客

ここで、

❸の既存顧客についてより考えてみましょう。

見込客→お客様→既存顧客です。

何故、お客様になってくれたのでしょうか?
思い出して下さい!

もちろん、あなたの商品やサービスが素晴らしいからでしょう。???

と私たちは思いがちです。
実はもっと単純なことです。

あなたの商品が、
お客様が必要だからです。欲しいからです。
「ウォンツ」です。

見込客の「ウォンツ」を創造して商品化するから
売れるのです。

『市場に必要とされているからです。』

では、【人脈作り】に戻ります。

人脈作りとは、あなたが今まで通り、
営業することです。

本当です!

特別な人脈作りなど無いに等しいものです。

「市場に目を向けること」です。

あなたの商品・サービスに執着する前に?


あなたが、

市場(見込客)に意識を方向転換するだけです。ウォンツに目を向けるのです。

そのことが必然的に
「市場を創造する」ことになります。

不思議なことに、
あなたが、逆に見込客の大切な人脈になっているでしょう。あなたが必要なのです。

ひたすらに紹介者を探すのではなくて、単純に見込客を大切にすることです。

「今、お客様は何が必要なのか?」と

考えていくことです。

あと、継続的に売っていきたいので
更に、「あなたを人脈として思う人」を増やす必要があります。

つまり、
その「人脈づくり」こそ営業そのものなのです。ですから、今まで通りの営業を続けることで良いのです!

見込客に必要な存在になるように頑張りましょうね。


あなたの目の前の一人の見込客からスタートしてみて下さい!

沢山の人脈作りに悩むのではなくて。

目の前の人を大切にすることです。

きっと、将来の大切な人脈になるからです。

それは、

あなたの商品やサービスの存在価値の一番の理解者だからこそです。

紹介してくれるのは、あなたの商品や会社の価値を理解していただける方です。

「あなたの応援者」だけです。


崎山英信


{E912FFB8-5CD1-4683-85C0-DDFBC66358B8}


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス