才秀館

生徒集めのための工夫に日々奮闘することに嫌気がさし、今いる生徒に最大限のサービスを提供するためにこの才秀館を始めました。


 私自身が本当にやりたいことを見つめた時、





「困っている、やる気のある人間を救う。」ことには、変わりない。


自分の能力を使って、社会に貢献できるとしたら、こうやっていくしかないのかな。




教室のホームページ公開します。

才秀館ホームページ






$才秀館-外観









Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2016年10月27日(木)

人工知能 AI

テーマ:ブログ

こんにちは。望月です。

 

今日は、「人工知能 AI」についてです。

先日、以下の記事が産経新聞で取り上げられていたので

 

http://www.sankei.com/life/news/160805/lif1608050002-n1.html

 

つまり、治療方針や病状の判断を人間ではなくて、ロボット?人工知能がやってしまう時代に突入するのです。

 確かに、効率よく治療をし、復帰できることはとても期待が持てる技術ではありますが、例えばガンなどで、治る見込みのないものは、スパッと余命宣告されてしまうんではないでしょうか?

 極端に言えば、何月何日にどのように亡くなるでしょう。というように。

 

勉強も同じで、例えば受験指導

どこの大学をすべり止めで、どこを本命にするのが効率よく受験できるのかはあくまでも学校や予備校では過去のデータと照合し、人間の経験の中での判断でしかなかったため、ブレる要素が多かったのも事実です。

 そういったところではかなりの確率で効率の良い受験が可能になるのではないでしょうか?

 

 ここで言う「経験」とは、かなり熟練されたものであり、疑う必要もないレベルではあるのですが、人工知能ではその「経験」を軽々超えてくることを予想できます。

 

 成績の上げ方なども多分人工知能を活用することでもっと効率良くなる時代はすぐにくるでしょう。

 多分ですが、もう研究段階ではなく、実験をしている予備校もあるはずです。

 

 そして、高校生の文理選択。

 こういった場面でも活躍するでしょう。

 間違いの少ない、人生の選択が多分、可能になるはずです。

 

ここまでいくと、人間の感性、占い師など「気持ち」の問題はなくなってしまうのではないでしょうか?

 紆余曲折をし、夢をかなえる人。そういった人も減ってしまうような気がしてなりません。

 

 これからの人間は、本質を見ることに注意し、目先の有利不利で行動するのではないしっかりとした判断力や感性を持つために勉強をする必要が出てくるはずです。

 

 負けるな!人間!

2016年10月20日(木)

始め時

テーマ:勉強法

こんにちは。望月です。

 

今回は、塾などの始め方について

 

私自身、昨年の健康診断をきっかけに、ジム通いを始めました。

できれば週2回通いたいと思っているのですが、なぜか1回行くのがやっと。

時間を如何に作り行くことが出来るのか?

試行錯誤の日々です。

 

そんな生活も1年を迎え、

76kgあった体重も今では64kg

なんと、12kgのダイエットに成功!

これだけでもお母様方を対象にした教室ができそうですが・・・

 

話はそれましたが、習い事などの始めるタイミングについて

 

最近、中学1年生の問い合わせが増えています。

 

なぜ?この時期に??

 

そう感じる時期ではありますが、危機感を感じ始めている頃なのかもしれません。

ただ、お母様が感じているだけであって、子供はあまり感じていないという子もおり、

即座に入塾。ということをあえて、勧めてはおりません。

 

そりゃぁ、塾ですから、問い合わせがあってすぐにでも入会してくれればありがたいのではありますが、そうはいっても効果的なタイミングというのがあると思います。

 

僕のダイエットもそうですが、ただ単に痩せる!といってもそう長続きはしませんよね?

特にお母様方のダイエットもしかり。

明日やろう。は、バカ野郎!ですからね。😁

 

本当にヤバイ!

もしくは、本当にこうなりたい!

という決意の下、始められることが大切かと思います。

 

実際に、今年度で入会した子達でも本当に危機感を持っていたり、こうなりたい!と思って来た子は大きな成果を上げています。

 

たかが習い事。ではありますが、週1回でも何か予定が増えるということは、大きな負担になることは間違いありません。

 それは、僕がジム通いを始めてみて大きく感じたことでもありました。

今では、半強制的にパーソナルトレーニングの予定を入れ、自分を鼓舞してそのトレーニングに向かいます。

 トレーナーもカワイイ女の子ならまだしも、現役バリバリのボディービルダーでして、本当にキツイ。どのくらいキツイかというと、汚いのですが、空腹でトレーニングしているにもかかわらず、追い込まれすぎて、何度もモドシています・・・

先日撮らせて頂いた写真です。

まぁ、とにかくスクワットがキツイ。

 

 周りからは、「そんなキツイことをして、何を目指しているの?」とよく言われますが、自分自身を鍛えるためです。

 でも、目標があるから耐えられるし、楽しめているんです。

 

僕ら才秀館もそうありたい

やりたければやれば良いし、やりたくなければ辞めればよい。

だけど自分で決めたのなら、何かを達成して欲しい。

本当にそう思っています。

 

 勉強も辛いことなのかもしれません。

 でも、楽しみながら、解らないことを一つでもクリアにしていく。

 そして、確かな力を手に入れる。

 

 そういった目標を持てたときがまさに始めるタイミングなんだと思います。

 

そんなことも含め、親子で相談してみてください。

 

2016年10月12日(水)

ニッポン?ニホン?

テーマ:ブログ

こんにちは。望月です。

 

今日はちょっとややこしい日本語(ニホンゴ)の話

 

皆さん、「日本」なんて読みますか?

「ニッポン」?「ニホン」?

 

どちらが正しいか?

少し歴史を紐解いて行きましょう。

 

http://style.nikkei.com/article/DGXBZO37628860Y1A221C1000000?channel=DF130120166138&style=1

 

色々な説や、歴史があるようです。

 

 

NHKでは以下のような解説があります。

 

国号「日本」の読み方は、公式に定められたものがありません。国レベルでは、昭和9(1934)年に当時の文部省臨時国語調査会が呼称統一案として「ニッポン」にすることを決議しましたが、政府で採択されず、正式な決定がないまま現在に至っています。

 

まぁ、要するにどちらでも構わないということ。

しかしながら読み方にはこだわりが強い人が多いのも事実。

 

だからといって統一できるものではないようです。

 

このことで一番困っているのは日本語を勉強する外国人ではないでしょうか?

 

 

さらに、

「日本銀行」

これもどう読みますか?

お札には、「NIPPON GINKO」と書いてありますが、NHKでは「ニホン銀行」と読むことが第一のようです。

 

ちなみに、戦国時代は「ヒノモト」と読んでいたようです。

NHK大河ドラマの真田丸では、秀吉がそう言っていましたし…

 

以下の記事では、明らかに「ニホン」の方が多いようです。

http://style.nikkei.com/article/DGXBZO37629750Y1A221C1000000?channel=DF130120166138&style=1

 

文化も歴史も無視するのなら、世界共通で「JAPAN」にしてしまえばなんだか色々解決できそうですね。

 

一度親子で話し合ってみるのも悪くないですね。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス