西条美咲オフィシャルブログ「西条美咲の咲く色」

お仕事のご依頼はこちら(所属事務所)
有限会社オールウェイズ
東京都荒川区東日暮里5-3-14 LIVCITY日暮里702
mailはこちらへ→

misaki_saijyo@yahoo.co.jp


★ツイッター是非フォローしてね★→ @misaki_saijyo


写真集「人形鏡」 


至上のエレガンスか?究極のエロスか?
時間の止まった世界への招待状。
人形メイクの第一人者・双木昭夫氏プロデュース、写真家宮澤正明の光の魔術!
耽美な異次元への扉が、開かれます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4893087355/


写真集「DOLL BRIDE」


私は再び人形になった。
欲望と自我から解放され、世の中から切り離された時空で、世界を見つめる。
自由になれた気がした。---西条美咲
人形となった西条美咲は、まるでアリスのようにさまざまな不思議の国に迷い込む。
おとぎ話のような部屋に、妖しい洋館や和空間……。
イノセンスとエロスとフェティッシュが香る異色の写真集!

写真家山岸伸、クリエーター双木昭夫とのコラボレーション写真集
https://www.amazon.co.jp/dp/4883751465/4


写真集「SNOW KINGDOM」発売中


最高気温マイナス13℃。 極寒の北海道に舞う氷点下の妖精。
西条美咲が今度は時の流れを凍らせた。
極限の寒さは血管を収縮させ、肌が純白になった。
死と隣り合わせの状況の中でこそ表される生命の力強さやゴシックホラーでファンタジックな世界観。
帯広親善大使のカメラマン山岸伸渾身の作品。
https://www.amazon.co.jp/dp/4865650296/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-08-01 11:37:09

9月出演舞台のお知らせ。

テーマ:ブログ

こんにちは。

 

もうブログ、忘れ去られてしまっているかもしれないなぁ。。。

全然書けていませんでしたが、元気に夏を満喫していました。

アメブロアプリの使い方がいまいち分からずに、今はツイッターをメインに更新しています。

よろしくお願いします(´・ω・`)

(↑ツイッターもなかなかフォロワー様が増えないので、是非フォローしてください★)

 

今回は、9月にもう1つ舞台出演が決まりましたので、お知らせさせていただきます。

昨年の秋にも出演させていただきましたぱるエンタープライズさんと劇団アルファーさんの合同公演第二段です。

また呼んでいただけて本当に嬉しいです。

 

本日8月1日からチケットが発売されました。

舞台「サギムスメ」が終わってあまり日にちが空いていない公演になりますが、是非ご来場いただけたら嬉しいです。

 

 

 

ぱるエンタープライズ・劇団アルファー合同公演Vol.2

「5.5合目の海」

 
 
富士山の五合目と六合目の間、標高 2,000 メートルに作られたケイブ・シェルターは、大学の延命研究の為に作られた場所である。そ こにコールドスリープ入眠直前の男女4名が人工冬眠ポッドで 2018 年という時代に別れを告げようとしている――――
「この絶望の今に生きて何の希望もないのなら、いっそずっと未来で生きたい。そこになら、違う世界が待っているはず、希望があるはず」
 
 
【劇場】シアターグリーン Big Tree Theater(池袋)
【原案】中道進
【脚本】平松れい子
【演出・脚色】時風静恵
【出演者】
奈良平愛実/西条美咲 ・ 絲木建汰 ・ 嘉月絵理/遠藤巧磨/近藤ゆき/きみと歩美/橋本侑季/川添りな/ 蒔苗勇亮/岡崎和樹/來島孝汰/高士幸也/高山綾平/佐藤聖之/増森優太/鈴木淳/長谷川晃誉/加納義広/小 西マリア/長久梨那/村田匡弥/川上裕希/山本琢也/小松崎真広/森田朋依/吉川修司/糸瀬翔一/飛山竜太/ 仲村らく/山口タツヤ ・ 洲矢新吾/宮澤正 ******************************************* 

★公演日時

9月12日(水)  19:00

9月13日(木)  19:00

9月14日(金)  14:00  19:00

9月15日(土)  13:00  18:00

9月16日(日)  13:00  18:00

9月17日(月・祝) 11:00 15:30

 

【チケット】

西条美咲専用申し込みフォーム↓

https://www.quartet-online.net/ticket/55goume?m=0jdeadj

 

S席¥7,000(全席指定/税込)特典付き(センターブロック前方+チェキ券) 
A席¥5,000(全席指定/税込)
A席当日券¥5,500(全席指定/税込)
 
【チケットに関するお問い合わせ】
 電話 :0422-71-7730
メール:5.5goumenoumi@gmail.com
 

 

 

 

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症などにはお気をつけくださいね^-^

9月にみなさまにまた、新しい物語をお届けできるのを、そして会えるのを楽しみに、懸命にお稽古に取り組んで思います。

是非よろしくお願いいたします★

 

 

2018-06-16 16:08:10

舞台「サギムスメ」チケット発売中です!!

テーマ:ブログ

みなさん、お久しぶりです!!

なんと私、Twitterがメインになりすぎて、ブログの存在をすっかり忘れていました(涙)

本当にごめんなさい涙

 

次の舞台のお知らせをまだこちらに書いていなかったので、遅くなりましたが、お知らせさせてくださいあせる

 

あの作品が、今年もやってきます!!

私は3年連続、真由美を演じさせていただけることになりました。

メンバーは少しずつ変わっていますが、3年同じ作品に取り組むことは、私にとって始めての挑戦ですドキドキ

また新たな気持ちで1からビックリマーク2018年の今の私で向き合っていきたいと思っています。

是非、夏の終わりの予定に加えていただけたらと思います。

よろしくお願いしますラブ

 

 

 

★チケットはこちらから↓(ネットでの先行発売中です)

https://ticket.corich.jp/apply/92021/004/

 

 

「サギムスメ2018」

 

2018/08/29 (水)~ 2018/09/02 (日)
劇場

ワーサルシアター

 

出演

西条美咲、稲垣成弥、花塚廉太郎、須藤茉麻、

森下竣平、速水映人、塙さより、竹本洋平、

是澤洋文、歌川貴賀志、深見亮介

 

脚本 はやみえいと
演出 はやみえいと
料金(1枚あたり)

5,000円 ~ 5,500円
【発売日】2018/06/16
全席指定 前売5.000円 当日5.500円

 

 

チケットはコチラから↓

https://ticket.corich.jp/apply/92021/004/

 

 

 

 

タイムテーブル 8月29日(水) 19:00
8月30日(木) 14:00
8月31日(金) 19:00
9月1日(土) 14:00 18:00
9月2日(日) 12:00 16:00
説明

KIRAKU座(きらくざ)という劇場。楽屋では、座長が座員

に稽古をつけている・・そこへ社長の秘書が息子とともに

やってきて「この劇場は映画館への建て替えが決まりそう

です、明日、社長からお話が・・」と告げ去って行く
何とも言えない空気が流れる楽屋に、劇場の番頭が一人

の女を連れてくる。ランドの社長との間に密かに出来た子供。

母が亡くなる前に話してくれた父の話・・親子の再会を願い、父を訪ねてきたが、信じてもらえず冷たく追い返されたのであ

る。座長は父親の心を動かすために、みんなで一芝居打つと

いうコトに・・。次の日の楽屋・・人のいい座長や座員達、社長

の娘や息子、集金に来ていた借金取りまで巻き込んでの大騒

動。劇場はどうなる?親子はどうなる?終演後の楽屋で繰り

広げられる涙と笑い、人間の欲の上塗り猿芝居。
女の恐ろしさが光る、化かし合いコメディ。

 

その他注意事項

未就学児童入場不可
開場時間に遅れた場合はご指定の席にご案内できない場合

がございます。
ロビーが狭いためスタンド花はご遠慮お願い申し上げます。
(アレンジ花は受付致します)

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-04-29 23:27:34

⑲名作誕生 つながる日本美術@東京国立博物館

テーマ:ブログ

5月27日までだと、もうお稽古に入っている間に終わってしまうから急いで行って来ましたラブラブ

東京国立博物館で開催中の「名作誕生 つながる日本美術」展ラブ

 

 

 

世界最古の美術雑誌「国華」の創刊記念130周年、朝日新聞140周年特別展です。

国宝が14件、重要文化財53件を含む130件の出品されている、すっごく贅沢な展示です爆  笑

仏像から絵画、器、螺鈿箱、着物に岸田劉生まで!!見所たっぷりです。

 

前期と後期で展示が変わってしまうので、できれば後期も行きたいのですが、前期はもぅ是非是非~

雪舟の四季花鳥図屏風を見てほしいのですビックリマーク←前期のみの展示です

本当に圧巻です!!

私は昨年の国宝展で雪舟の国宝6点を見ましたが、なぜこの屏風が国宝じゃないのか、不思議でたまりませんあせる

この屏風の前で息をするのも忘れるくらい、素晴らしさにびっくりしてしまいました。

男性的で力強く大胆な筆と、とても繊細で女性的な面が1つの画面の中にあり、全体のバランスが最高です。

写真と実物では、全然違います。

実物の前で感じた感動はまだ忘れられません。

左隻のピンクのかわいいお花、枝の先はすっごく繊細で耽美!白鳥?はメルヘンの世界への案内人のよう!

右隻は、かわいい雀?が誇らしく私たちの視線を主役の鶴へと導いてくれます。

これを見るだけでも価値がある展示なのですが、他にも、伊藤若冲の「仙人掌群鶏図襖」も見れます。

伊藤若冲と言えば鶏ですが、その集大成となる作品ということです。

鶏という生き物は、こんなにかっこよくて芸術的だったのか!とびっくりさせられます。

尾の曲線のリズムがとても好きです。

それに、菱川師宣の「見返り美人図」も見れるし、最後は岸田劉生の麗子の中で一番ぎょっとさせられる麗子にも会えます。

 

とにかく大満足な展示内容なので、ゴールデンウィークにおススメです★

私は、図録もお買い上げ^-^

でも、やっぱり、何度でも本物を見に行きたいなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース