足立区からの物体X

足立区からの物体X

ロックが好き、映画も好き。そして、たいやきが大好き♪

そんな自分は今、滝巡りにハマっています

不定期ながら訪瀑記を中心に色々と書き綴りたいと思っています

柱戸の不動滝で大満足爆  笑

ウホウホな気分で次の滝へ向かいます車DASH!

 

次は袈裟丸山の登山ルートでもある塔ノ沢登山口へ向かうとある滝

その塔ノ沢川には塔ノ沢不動滝般若の滝不動滝(塔ノ沢登山口)と3つの滝があるんですよ音符

場所はこんな感じ

グーグルマップなら「般若の滝」を検索すれば良いでしょうひらめき電球

そうすれば途中で塔ノ沢不動滝、次に般若の滝、そしてその奥に不動滝(塔ノ沢登山口)

辿り着けます

 

国道122号線から左折して走っていくと・・・

こんな場所があります

ここが塔ノ沢不動滝の入口ですね

 

塔ノ沢不動滝のログです

 

案内板

 

14:12 に出発走る人

 

分岐は柵がある右手へ

 

奥に塔ノ沢不動滝が見えてますねガーン

遠目だと上部も見えますキラキラ

 

もうすぐです

 

塔ノ沢不動滝 に到着(14:21)ゲラゲラ

 

滝前からだと上部が見えないのか・・・汗

 

スローで

 

縦構図で

 

渡渉して左岸側からパチリカメラ

 

滝つぼ

 

正面から

 

オレと滝

 

塔ノ沢不動滝・・・落差は25m

これは上部も入れての事でしょうが、滝前からでは残念ながら見れません真顔

滝前で見える下部は15m位でしょうか

水は斜瀑的な流れから二筋に別れて滝つぼへ流れ込みます

あまり見ない感じの流れ方で面白いですねにやり

 

14:55 に塔ノ沢不動滝を再出発走る人

駐車場所には15:01 に戻って来れました

車に乗り込み、般若の滝へ向かいます車DASH!

 

林道をしばらく進んでいくと般若の滝の看板が左手にありましたビックリマーク

看板付近では車を止められないので、右カーブした先に拡幅部があったのでそこへ駐車

ここですね

拡幅部は凸凹しているので普通車だと気をつけないと・・・ですよ注意

 

般若の滝のログです

 

戻るように出発(15:11)

右手には裏側の看板

 

正面はこうなっていますひらめき電球

 

看板の先は明確な踏み跡っていう感じではありませんでしたが

進みやすい所を選んで適当に進みますあし

うっすら雪化粧音符

 

すぐに般若の滝がありました目

 

般若の滝 ですゲラゲラ(15:17)

落差は7m

 

落ち口ズーム

 

左岸側から

 

ちょっと下がって

 

さらに下がってスローでパチリカメラ

 

細い筋ですがなんとも味わいがある流れ

 

オレと滝

 

般若の滝・・・もともとこういう岩盤だったのか、それとも水の流れで後退したのかは

窺い知れませんが独特な滝姿音譜

小ぶりな滝ですが特徴あって面白いウシシ

どうしても左岸側からの撮影がメインになりがちなのが、ちょっとアレですけどね

楽しませて頂きましたキラキラ

 

15:47 に駐車場所へ戻りました

もう16時近くか

次の滝はギリギリだな

急ぎましょう

 

車に乗り込み、林道を奥へ車DASH!

すると・・・

こんな感じで塔ノ沢登山口があります

ここに駐車

 

不動滝(塔ノ沢登山口)のログです

 

案内板

 

16:02 に出発

進みます走る人

 

ゆるやかな登りをてくてくあし

 

進んで・・・

 

そして、登山口へは行かずにちょっと先を左手に向けば・・・

 

不動滝(塔ノ沢登山口) に到着ニコニコ(16:12)

参考にした滝レポにならって、不動滝(塔ノ沢登山口)と紹介させて頂きます

 

右手の岩盤の主張がすごいびっくり

 

近寄ってみました

4分割で

 

もう1枚

 

下がってスローで

 

主張がすごい岩場を入れてパチリカメラ

水流も下部でヒョングっています

 

落差は10~15mくらい

どこまでかで数m分の誤差が出ます

 

オレと滝

 

不動滝(塔ノ沢登山口)・・・水量は豊富ってな訳ではないですが、こちらも特徴ある滝姿

小さなヒョングリも可愛い感じ照れ

ただ滝全体はきれいにフレームに入らず、どこかしら水流が岩場などに隠れてしまいます

左岸側からは水流が見えなくなるしあせる

撮影ポイントは限られてしまいますね

 

暗くなり始めていることから、20分ほどの滞在で戻りました

駐車場所へ着いたのが16:44

この日はこれにて終了ですにひひ

 

さ~て温泉に入りますかね

場所はここ

前回と同様の水沼駅温泉センター温泉

温まってから帰路に着きました車DASH!

ちゃんちゃん音譜

 

 

このブログを見て行ったとして事故やトラブル等を起こしても
当方では一切責任を持ちませんので、全て自己責任で行動してください