今年度初の4ブロック親睦会を7月19日19:30分より開催しました。

参加者8名

 4ブロックは会員の人数も少なく、参加してくださる方がほぼ同じになってしまうのが課題です。

内容は法改正のことよりもケアプランの立て方や評価の仕方

などの話が出て、改めて業務を振り返る機会となりました。

R3年3月25日   19時~2030分   参加者:71

Zoomにて

 

例年3区に分かれて行っていた医療介護連携研修ですが、今回は初のオンライン開催となりました。コロナ禍のなかどうすれば開催できるのか、検討を重ねてようやく実現することが出来ました。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

令和3年3月10日(水)19:00~20:00
参加者30人

 

みずじゅんクリニック院長の水上潤哉先生に公演して頂きました。
 医療現場での切迫した状況での対応、家族の不安が臨場感たっぷりに伝わってくる実話を聞かせて頂きました。自分の家族がかかったら自分もこのような気持ちになるとリアルに想像する事ができました。
 オンライン診療のメリット・デメリットの説明がとても分かりやすく理解する事が出来ました。オンライン診療ではコロナ禍で精神が不安定に陥った方に、精神薬が処方できていない現実が印象的でした。
 アンケートに基づいた講演内容で、どれもこれも他人事ではなく、頷きと気付きが尽きない、とても厚みのある講演でした。

 参加させて頂き、有難うございました。

 

令和3年3月5日(金)19:00~19:40
参加者:22名

 

前回のブロック会よりも1歩進んで、「Zoom」のブレイクアウトルーム機能を使い、グループワーク(座談会)に挑戦しました。
 ブレイクアウトルーム機能を初めて体験された方も多くいらっしゃいました。
 座談会では、苦手意識を持ちつつも、積極的にリモート研修に参加されている方のお話や、コロナ禍の中での苦労話、利用者の同居家族に陽性者が出た時のお話など、貴重な体験談を聞くことができました。
 今後のブロック会もリモート開催が続くと思いますが、皆様、少しづつ慣れていきましょう。

令和3年2月18日   19:30~20:10  参加者9名

 

ブロック会の前にアンケートを取らせていただき、話もしやすかったのではないでしょうか。

 

話の中心は今は避けられないコロナの話で事業所内での感染予防対策とワクチンの話で思い思いの話をざっくばらんに話してもらい、皆同じ不安な気持ちの中で業務に当たっているのですね、よい情報交換の場となりました。

 

新型コロナウィルス感染予防と緊急時事態宣言延長という中で各事業所では大変苦労されている中で私達も参加者がいないのではないかと不安がいっぱいの中で開催できた事を喜ばしく思っています。

 

のZOOMでの座談会を続けてほしいとの言葉をいただけて又やりたいという気持ちにさせて頂きました。皆さまありがとうございました。

 

さがみはら介護支援専門員の会                                               4ブロック運営委員 伊藤、大友、高下、塚山

 


令和3年1月18日 18:30~

zoomしましょう!』

 

今年度初めてのブロック会であり、初顔合わせでした。

自己紹介を終えた後、参加者のみなさまからおなじみの『zoom』や、法人独自のオンラインシステム等の活用について進捗状況をうかがいました。

後半は各事業所ごとに、コロナ渦の業務についての工夫や配慮等、自由に意見交換しました。とても有意義な時間になりました。

何よりリアルに集まれない中、皆さんの元気な顔を見て、声を聞くことができて仲間同士の繋がりを感じる事ができる貴重な時間になりました。

 

日時:令和2年11月12日(木)19:00~20:00

場所:大野南公民館 大会議室

 

 テーマ:オンラインツール「ZOOM」について学ぼう

 

 講師 株式会社ヤマシタ 久保様 高橋様 古松様 

 参加者:11名

 

コメント:

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ZOOM研修を検討していましたがオンラインツール自体を利用したことのない会員もいるのではないかと考えて感染対策を徹底した上での集合形式で研修を行いました。

ZOOMを一度も使用したことがない参加者も多く、実際に参加者自身のスマートフォンやノートパソコンでダウンロードをして起動し、参加者同士で話をした後、グループワークの方法など応用的なことも講師より丁寧にレクチャーしていただきました。

 ずっと講義を聞くだけでなく、参加型の研修であったため参加会員皆さんとても楽しそうに講義を受けていました。

 

 最後にアンケートのご協力をいただき、皆さんより次回はZOOMで研修を受けてみたいとの声が多数あったため、2月のブロック会ではZOOM研修を考えています。

日時:令和2年12月11日(金)19:00~19:40

場所:オンライン(Zoom使用)
内容:ズームを使ったオンラインブロック会
人数:21名

コメント:コロナ禍もあり、リモートに慣れて頂きたいということで、今回は「Zoom」を使用して開催しました。
自己紹介や「Zoom」の初歩的な操作などを体験して頂きましたが、あっという間に終了。

やはり40分の時間制限というのは思っていたより厳しいですね。

ただ、今までリモート未体験の方には、第一歩を踏み出すいい機会になったのではないかと思います。

第5ブロック活動報告

 

日時:令和2年10月15日(木)18:30~19:15

場所:オンライン(zoom使用)

内容:zoomを使って研修を受けてみよう!!

  「言語聴覚士にできること」

参加者:15

コメント:あるふぁ相模大野 言語聴覚士草薙卓朗氏をお招きしてご講義を頂きました。

コロナ禍でオンラインでの研修が増えたことをうけ、まずは慣れてみようということを第一目標にzoomを使用して短時間での開催にしました。時間は短かったですが、内容が凝縮され丁度良いとのご意見もいただきました。皆さん、無事にログインして研修を受けることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         令和元年度 第6ブロック研修会ご案内 

下記の日程にて第6ブロック会を開催いたします。

今回の研修会は、さがみはら介護支援専門員の会の会員の方全てに周知させて頂き、「オープン開催・参加」にしたいと思います。

研修内容は「SBARを活用しよう」と題して講師の方をお招きし勉強していきたいと思います。 現場で起こっている内容をよりわかり易く相手に伝える為のコミュニケーションスキル「SBAR」を活用し、より医療との連携を円滑に行える様にと企画させて頂きました。

この機会に多くの会員の皆様と学び、今後の業務に活かしていただければと思います。

                    記

日 程:令和 22 13日(木)

時 間:1830分~2030分(研修開始:19時~)
場 所:相模原市立大野南公民館 大会議室1
(住所:南区相模大野5-31-1 / 電話:042-749-2121<代表>)

テーマ:「SBARを活用しよう」~多職種連携を円滑に行なうために~
講師:医療法人社団 晃進会 たま日吉台病院

居宅介護支援事業所 所長 水嶋千佳 氏
定 員:40名 (定員超過の場合は、ご連絡をさせて頂く場合もあります)