セフティー電気用品のブログ

こんにちは。

今週も引き続き、仮設分電盤の製作作業を紹介いたします。

今回は、増し締め作業と合いマークの施工です。

増し締め作業は、工場で定められた既定の数値に合わせ

適正な締め込みを行う為、必ずトルクレンチ、トルクドライバー

などを使用し、締め込みを行っています。


 

合いマークの施工

弊社で合いマークを付けるタイミングは

1.仮締め
2.本締め
3.合いマーク←ココ
となっています。

合いマークはボルトの状態が目視で瞬時に判別できるため
作業効率の向上の為、欠かせません。
線1本でわかる情報には

マークなし→仮締めの状態

マークあり→本締めが終わり正常な状態

などがあり、

お客様へ商品が渡った後のメンテナンスにも役立ちます。

マークにずれがある場合は、ボルトやねじなどに緩み、又は異常が発生していることを教えてくれます。

読んでいただきありがとうございます。
 
◁To Be Continued △▽△