{BC444A4B-AB37-4A97-B1D9-167A0585C8F7}


甲冑着用の肖像画や生々しい戦場の様子を伝える合戦図屏風。時代が戦国後期より江戸初期であってもここに描かれた多くの武将たちは、両肩に大きな袖を備え胸には栴檀 鳩尾の両板を配したいわゆる大鎧を着用した姿で登場する。しかし既に大鎧がこの時代には実戦から遠ざかっていた事は広く認識されているだろう。

では大鎧から胴丸腹巻へ主たる甲冑が替わる中、これらにも、さらには当世具足にも備えられた姿を見受ける大袖は太平の到来した江戸期まで兵仗として用い続けられたのか。今回は甲冑そのものではなく構成要素の一つとしての大袖を主に据えて話を進めてみたい。




元々は「鎧」と呼ばれるのはこの大鎧のみを指し、確実な武家身分の着領といえば大鎧の事を指した。この鎧に兜と大袖を添えて三ツ物と称しセットで一領と成すのが基本。一方胴丸(当初は腹巻と呼ばれる)は歩卒たちの、また上級層の軽装時の簡便な甲冑として登場した。大鎧は武士階級同士の馬上騎射戦向けとして究極の発展を遂げ、それ故に南北朝時代の頃より主役の座を降りてゆく。馬上騎射戦から打撃武器による馬上打物戦への移行、平野部のみならず山岳部の山城へと戦場の広がりが理由として考えられている。


大袖も元は袖とのみ呼ばれ、敵と相対した際に体を守る持ち盾として矢を防ぐパーツである。それ故に射向(左側)のみに装着する例も存在する。日本甲冑は特徴として紐の連接による屈伸の自在により、動作へも支障無い事を意識する作りとなっている。隙間を着こなし、つまり姿勢を変化させて塞ぐ(隙間を無くす)。これを「鎧づき」と称した。肩を捻って射向の袖(左肩)を前にし前傾姿勢で構える武者の姿は絵画資料でまま目にするところである。

 {A56F5C77-2375-482A-A4C3-4BE55261E318}
結城合戦絵詞より

主要武器や合戦そのものが変化していく中、盾である甲冑も対応して発展改良される。両籠手や佩楯、喉輪など小具足の発展着用を即し重装備化する。大袖も騎射戦闘盛んな全盛期たる平安末期の物は幅三十三センチ前後、丈は三十九〜四十センチくらいが南北朝、室町期と打物戦へ移行するこの頃より逆に袖丈は四十〜四十二センチへと大型化する。

{F9E6D44B-6FD8-4277-B977-E5A857B569DB}

これは打物戦への対応と共に、弓の改良により威力が増した歩兵の大量動員射撃により、何処から飛んで来るかわからない矢への対策も理由としてあり得よう。



南北朝期より戦国期後半に掛けて動員人数が増加し代々の被官と異なる足軽と呼ばれる非正規兵の活用が増える中、戦場に満足な甲冑を着て参加する人間は少なかった。甲冑は、先に述べた様にいくら動作に考慮されたと言えども着れば身体の自由な動きにも限界がある。特に敏捷性を削ぐ。首を取られても恩賞の対象とならない身分の者たちは戦場でも執拗な攻撃を受ける事は少ないだろう。むしろまともな甲冑を着ている方が攻撃される可能性が高くなる。

彼らの身分では甲冑を着用するよりも敏捷性の方が重要だったのではないか。高価なのはもちろん最低限の防具程度で充分だったと彼らが考えていたとすれば装備率が上がらない理由も頷ける。



一方、馬に乗る武者たちは弓を大型武器に換えた打物騎兵に。南北朝期に鉞や金砕棒などの変わった得物が用いられたのはその重量による打撃武器としての破壊力は勿論、個として識別される事を狙った行動も有ったのでは。とにかくも両腕を使用する大型武器の登場により、矢に対して有効ながらも大袖が支障を来たす事態が発生した。


軍記物にいう「風車に回し」と表現される激しい両腕の大きな動きに跳ね上げられたのだろう。特に袖の冠板が自らの首を打つ。袖を移す事が常態化したこの頃の胴丸には大鎧の様に肩上に障子板が立てられている物が存在する。

{2D2ED063-A71F-4239-A64C-E8381B6859AB}


冠板そのものも、やや内側に撓みを持つ様になり、袖の取り付けに用いる袖裏の三つの環の内、中央のみ横に打つ様になった。大型化した袖を安定して肩に取り付ける為にこの中央の執加の緒は韋緒となる。執加緒は袖硬めの緒、治定緒とも呼ばれこの中央の緒に袖全体の重量は掛かっていた。より丈夫にする必要があったのだろう。右袖裏のみの矢摺韋が大型化して両方の袖裏中央に貼られる様になった籠手摺韋も登場する。また水呑環は袖の段数が七段が定番になると四段目に打つのが基本だが鎌倉末期から南北朝期の一時期、五段目に打つ事も行われた。

{49943F8C-AB20-4C1C-9625-9C6BBE1D03BA}


いずれも激しい腕の運動を要求される打物戦への移行に伴い試行錯誤が繰り返された結果だと思われる。

{D7EF56E6-E0E3-43AA-86E0-A28730D37F13}
(図は広袖)



こうした工夫にも拘らず持ち盾としての袖の大きさは打物戦には災いした。この経験から裾板から冠板に向けて徐々に幅を狭めた広袖が登場する。当初は大袖同様、立冠だったものが反対に外側へ折り曲げて折冠へと変化、左右内側に湾曲を加え、さらに裾板に向けて幅を細くした壺袖に至ってはより腕へ密着させる方向へ進んでゆく。

{2CBBB6E2-8E5B-4487-9029-8C5F61DD2978}

その後も改良が進んだ結果小型化し 腕に益々沿う形状に発展する。袖の緒は鞐掛けの綰に換わり肩上に籠手と共留めされ、さらには籠手の上腕部に仕付けて一体化。遂には全く用いない物も現れた。

こうして大袖は兵仗としてはその役目を終えていったと考えられる。




こちらは室町幕府奉公衆で紀伊の国衆領主湯河氏配下の湊喜兵衛尉の甲冑軍装姿を描いた肖像。天文廿四年の姿を描いた物だという。

{91792D6F-F7F5-4ADC-A0D9-A7EA96955C7D}
肖像は丁寧な描写で実際に像主を見て描いたのではと想像される。よく見てみるとその両肩に添えられた大袖の受緒が取り付けられず先端が宙に浮いている事が確認出来る。絵師は依頼主に製作中何度か確認を行う。途中、そして完成後それを見た者達が指摘しないのは不自然。また絵師は個人アーティストでは無い。集団による団体業者だ。この様な人物画には構図など記念写真的な決まりが存在する。彼らも手本的な肖像画を豊富に見ていた筈で誰も気付かない事はあり得ない。これ程繊細に描かれた肖像画である。やはり敢えてそう描いた意図的な理由があったと考えられよう。




平成二十九年、立花宗茂が朝鮮出兵の折 家臣、小野成幸に与えたという記録にある袖が子孫宅より柳川市に寄贈という報道があつた。 この話は袖に対する当時の武士の価値観を表し興味深い。


まず成幸が打物戦闘に際して袖は邪魔とわざわざ切り落とした事である。これこそ騎射から打物へ合戦の変化に従い追従して袖が不要になっていった事実を示している。しかし打物には不便な事を承知で戦闘直前までは付けていた。その成幸の姿を見て、主君宗茂は見苦しいという感想を抱いて自らの袖を与えたが、この時与えた袖は裾を絞った壺袖だった。

これに対して宗茂の家臣、小田部統房が大袖を宗茂に献上した。宗茂の与えた工芸技術の粋ともいえる豪壮な袖と小田部の献上袖は見た目にもその製作に掛かった投資金額は比べ物にならないだろう。献上された大袖も冠板に桃山期の特徴の一つである黒漆塗が見られ、製作年代は恐らくそんなに変わらない。製作費は釣り合わないが、献上袖の形式が重要だったと思われるのである。すでに実戦には不向きと承知しつつも身分有る武家の武装には、文禄年間のこの時期に至っても本来袖が有るのが当然という認識を物語っている。

山上八郎氏著 日本甲冑の新研究に「甲冑便覧」には大袖は主将の具にして働き用なし 之に依り働きのため替袖を添え置くべしとある。着用の身なりでその人物の身分が判断された時代である。大袖は兵仗としては急速に役目を終えたが大型化した故に家格を誇る武者たちを可視化するシンボルとなったのだろう。


そこで先ほどの湊喜兵衛尉の結ばれぬ受け緒を考えてみる。

後々遺る肖像画として大袖着用による格式は当然。敢えて受け緒を解く事が替袖の存在を示唆し、それは打物実戦をも経験したか、或いはそれをも恐れぬ武勇を誇る姿として完成させた、と私は解釈したのである(尚、この肖像画には研究者竹村雅夫氏による論稿がある様です)。 



最後に。肩に隠れて描かれてはいないが肩上に取り付ける袖裏の執加緒が冠板の高さから推測すると肩上に比べ低過ぎる様にも見えた。袖を肩上に取り付ける位置決めは四つの緒の長短のバランスが重要と考えられる。これを持ち盾として冒頭の鎧つきで述べた様な射向の袖を前方に向けるには、肩を揺り動かし操作するのだろうがそれには支点となる緒付鐶と肩上上の茱萸との間の緒の長さが重要ではと思う。

つまり自在に操り「その位置を維持する」には緒を短く冠板を肩に乗せる方が操作が容易になるのではないか。すると冠板が首に寄りかかる様になる。

それこそが障子板の存在理由で、大袖が持ち盾として実用的な役割から身分指標としての威儀的な役割に変化して肩に乗せる必要が失せ、緒を長く取る様にすれば首を打つ事が無くなる。故に障子板が廃されてゆくのではなかろうか。


その様に見るとかの信玄(とされる)甲冑肖像画の大袖の描かれ方こそ実戦的な着用方法であり、信玄の戦に臨む精神まで表現しているのかも知れない。

{3060064F-B06C-4241-BA65-056C0698F941}

いつの日か実践考古学を標榜する我が党としては、実際に大袖と胴丸を着用して試したいところである。