青い国 四国

備讃瀬戸を仰ぐ 高松市の菊池寛通りにある

【本当に歯で困った時の 歯科医院】

三枝デンタルオフィスの ブログです






院長三枝 わたくし 共に尊敬しております 諏訪司教様


1月より 愛媛県の最西端に位置する 宇和島教会へと

赴任されたのです


関西ご出身の司教様 文化圏の異なる土地で

どう過ごされて いらっしゃるので ございましょう?


心配で なりませんでした。


わたくしも 確実に せっかちなる 院長三枝の 影響を 受けたようで

ございます。


いてもたっても いられなくなり、


会いに行ってみよう!と

即座に 行動に うつしたので ございます。






宇和島カトリック教会
そこは とても とても 小さな 教会でした

ステンドグラスは 港町だからでしょうか
美しい 波模様
祭壇の 背景には イエスさま達が 描かれている
温かみのある 素敵な空間

御ミサの前に 同じく参加される方に
声を掛けられました

こんなに偉い 司教様が 宇和島に来てくれるとは  信じられませんでした。
本当に 嬉しくて 夢みたい!

そうですよね 羨ましいです ! なんて会話を。

そして 諏訪司教様の 御ミサを受け
お久し振りの 元気そうなお姿に 安堵いたしました

わたくしの 想像では
宇和島って 暴風 波しぶきが 日々押し寄せるような
過酷な土地と 心配をしておりましたが
案外 住む事に 不便はなさそうで【住民の方々、大変 失礼いたしました】
心から ホッと いたしました

何よりも 司教様が 宇和島の教会で
以前と変わらぬ 神聖な御ミサを 粛々と行われている

わたくしも 人生初の 独り旅
勇気を出した甲斐が ありました

【実は 超方向音痴なのです】



ついでに 近くを 探索

これも 院長三枝の 影響で ございます。

先ずは 街の【匂いを】肌感覚で 感じることって 大事なんや!


まるで 時代劇に 出てきそうな一角
大昔の 善き日本を 感じる風情

一般の 方々にとっては
四国は 狭い 【離島】と 思われてる かもしれません。

でも、
街の 歴史的記念物 食事を 通じて

妙に 感じましたので
院長三枝に 問うたので ございます。


そりゃ そうや!

讃岐は 江戸時代 水戸家の 管轄やったんやで

対して

宇和島は 仙台の伊達家の 領域

そりゃ 東北の 伝統 文化の 影響下に あったろうさね!

お前 成長したな!
【違いの判る女】に なったかもね?

おい!
食いすぎたんじゃ ねぇ だろうな!

一言 多いのは 院長三枝の 決まり文句

申し訳ありません。

散策の 途中にて

つい
興味深い 【チョコレート専門店】を 見つけ

心とは 別に
気がついた時には いっぱいの チョコレートを 購入し

ついでに
ホットチョコレート飲料を 追加し、

散策しながら
冷たい 外気から 身を 守った?のを 
院長三枝に 正直に 申告いたしました ところ

おい!
引退した 白鳳関みたいに なるんやないか?

あぁ 正直に 言わなければ 良かった!


公式ホームページ  http://www.saegusa-dent.com/