私が、アラビア半島の東端に位置するオマーンを訪ねたのは2007年でした。

今でこそ観光にも力を入れている(ように見える)オマーンですが、当時はまだ観光客を受け入れる体制ができていませんでした。

 

世界の常識が通じないのか?と思うほどの破廉恥行為を受けること多々えーん、女一人でのこのことやってくるようなところではありませんでしたチーンチーン

 

そんな頃のオマーン旅から、『アラブ純情物語』と題して、オマーンでのちょっとドキドキなエピソードを綴っています。

 

※「アラブ純情”物語”」は、100%ノンフィクションですアセアセあくまでも、物語”風”記事ですニコニコ

 

これまでのストーリーはこちらです下矢印

 

まえがき)過酷なオマーン旅(2007年)

1)  近づいてきたアラブ男

2) 売春宿にされたら困るので

3)  これは策略か?

4)  紳士か策士か?

5) 君をニズワに連れて行く! お金はいらない

6)  とりあえず、30リアル

7)  忍び寄る悲劇・ニズワ・フォート

8) 謎の男が現れた

 

 

1時間後に起きた問題は一体何なのか、どんな「悲劇」がこの先待っているのか、順番に綴っていきます!

 
 
まず、第一の悲劇です上差し
ご正解者様がいらっしゃいました拍手拍手拍手
 
鉄道撮影や切手収集のご趣味を中心に綴っていらっしゃいます!
イギリスLOVEなティーさんとは、イギリスで過ごした”前世”話をしています( ´艸`)
おめでとうございます\(^o^)/
 
今日の発表はここまでです!
2つ目以降の悲劇珍回答による特別賞(賞っておいで)は後日の発表とさせてください!
ネタバレになってしまうのでガーン
今しばらく、一緒にハラハラドキドキしていただけたら幸いです爆  笑


ニズワ・フォートから見た景色 (フォートの写真は、2号前の記事に掲載しています!)

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

第9話: 謎の男の正体

 

「ヘンなやつがいるから、ニズワへ1人で行くな」

と言って、200キロも離れたマスカットからニズワまで、出会ったばかりの私を連れ出したバダルが、現時点で2時間も私を放置してたことになる。

 

おかしくないか?

いったい、そこにはどんな事情があったというのか。

 

土産店のオーナーはザフランという名の30代後半(推定)の男性だった。

 

後にわかることだが、彼にとっては土産店をはじめとするビジネスの経営は副業であり、本職は別に持っていた。

そして、その本職において、警察と同等の権限を与えられていた。

 

バダルの携帯電話番号を警察から簡単に聞き出せたのは、このことによるのだろう。

 


砂漠のオアシス

 

さて、ここでミニクイズです!

Q. 彼の本職はいったい何でしょう?

答えは文末に(^_-)-☆

 

 

ザフランは電話を切ると、

「事件事故には巻き込まれていないから、安心して」

と言って、バダルの言い分を私に話した。

 

バダルは、マスカットからニズワに向かう道中車の異変に気づいた。

 下矢印

だから、私がニズワ城を見ている間に車を修理しておこうと思った。

 下矢印

1時間もあれば十分と思っていたが、整備工場は10キロ先にしかなく、さらにはその整備工場に着く前に車が故障してしまった。

 下矢印

今はその整備工場で「ベルト」の交換を行っている。

 

ということだった。

 

「まったくの偶然ですが、その整備工場へ行く用事があります。

よかったら、乗せて行ってあげますよ」

ザフランが言った。

 

めちゃくちゃ都合の良い偶然だ爆  笑

テレビドラマだったら、「”ドラマだから”あり得るよね~」と言われるところですね( ´艸`)

 

戸惑っている私に、ギリシャ人団体旅行客の“おばあちゃん”が口をはさんだ。

「この人の言うことを信じてはいけない」

厳しい顔だった。

 

彼女はグループの中で最年長の女性で、私のことを心配して近くまで一緒に来てくれていた。

同行していた他の女性が彼女のことを私に話すときにも「グランマ」(Grandma)と呼ぶほどに、「みんなのおばあちゃん」という雰囲気を持った女性だった。

 

彼女は続けた。

 

「この人が本当にそのタクシーと話したかだって、わかりゃしない。

信じちゃダメだ。

さらわれたら大変だ。

自分の足で警察に行って、警察に助けを求めた方が良い」

 

そんなことを言われても、警察ってどこ??爆  笑

ってか、今の言葉はこのオーナーに失礼だよショボーン

 

と思ったが、言葉には出さなかった。

おばあちゃんは、見ず知らずの私のことを心配して言ってくれているのだから。

 

オマーン人はアジア人を蔑むが、そのオマーン人はヨーロッパ人から蔑まれる。

人種主義の構造を目の当たりにした気がしたショボーン

 

バハラ・フォートから眺めた景色

 

ザフランが私に話したことは、バダルと直接話さない限りわからないことだったから、バダルと話したことは事実であろう。

修理工場まで送ってもらうかどうかは、別の問題だ。

 

私は、心配する彼女にお礼を言い、オーナーが言っていることは事実だと思うが、彼の提案に乗るかはこれから考えるとその場で伝えた。

 

すると、彼女は、団体旅行の添乗員に私をその修理工場に連れて行くよう懇願しに行った。

一緒にいたギリシャ人旅行客の何人かも一緒になって頼んでくれたが、添乗員は「スケジュールは変えられない」と言い、ギリシャ人たちは1人ひとり順番に観光バスに乗った。

 

私は親切にしてくれたギリシャ人たちを見送り、ザフランのもとへ戻った。

 

「ギリシャ人たちは私のことを心配してくれていたの。

心配が高じて、あなたには酷いことを言ってしまった。

ごめんなさい」

 

「気にしなくていいよ」

ザフランは、そう言って、

「そろそろ出かけますが、どうしますか?」

と私に尋ねた。


 

次回へつづく・・・

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

ミニクイズの答え:

土産店オーナー、ザフランの本職は、王宮警護官でした。

それは後にわかることで、この時点では知る由もなかったですが。

 

当てられた方、いらっしゃいますか?

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

オマーンの旅、なかなか手強い旅でしたゲローゲロー

外に出るときは、頭にスカーフを巻き、くるぶしまで隠れるスカートを穿いていました。

毎日同じ格好・・・ガーン

 

お手間でなかったら(ちょっとお手間でも?ウインク

ニセアラブ人女性の私に触れて(1クリック)下矢印このブログを応援してくださいお願い

とびあがって喜びますキラキラキラキラ

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
オマーン人女性は、顔もすべて覆う(お化けのQ太郎のように)ので、ニセモノもいいとこ爆  笑爆  笑
 

1クリック応援ありがとうございます♥

 

いただいた1クリックは、「にほんブログ村」での1票となりました!!私の励みですキラキラ

 

そして、本当に厚かましいお願いですが、こちらもポチってしていただけたら、とってもうれしいです下矢印


世界一周ランキングに登録してみました!!ニコニコ

 

今日も最後までおつきあいくださり

ありがとうございましたハート

 

Sachikoの地球歩き〜英語で世界が広がっちゃった! - にほんブログ村

 

****英検に関するお知らせ****

2021年度第1回英検:5月22日(土)に準会場として実施しました。

一次試験の結果は6月14日(月)より閲覧できます!

BRIDGE(名古屋金山)https://bridge-els.com/

私が、アラビア半島の東端に位置するオマーンを訪ねたのは2007年でした。

今でこそ観光にも力を入れている(ように見える)オマーンですが、当時はまだ観光客を受け入れる体制ができていませんでした。

 

世界の常識が通じないのか?と思うほどの破廉恥行為を受けること多々えーん、女一人でのこのことやってくるようなところではありませんでしたチーンチーン

 

そんな頃のオマーン旅から、『アラブ純情物語』と題して、オマーンでのちょっとドキドキなエピソードを綴っています。

 

※「アラブ純情”物語”」は、100%ノンフィクションですアセアセあくまでも、物語”風”記事ですニコニコ

 

これまでのストーリーはこちらです下矢印

 

まえがき)過酷なオマーン旅(2007年)

1)  近づいてきたアラブ男

2) 売春宿にされたら困るので

3)  これは策略か?

4)  紳士か策士か?

5) 君をニズワに連れて行く! お金はいらない

6)  とりあえず、30リアル

7)  忍び寄る悲劇・ニズワ・フォート

 

 

 

昨日のメッセージにお応えくださった皆様、

どうもありがとうございました(^O^)/

 

1時間後に起きた問題は一体何なのか、どんな「悲劇」がこの先待っているのか、この部分のお話は少し長くなりそうですが、展開を綴っていきますので、一緒にハラハラドキドキしていただけたら幸いです!!

 

ご正解者様を発表してしまうと、ネタバレになってしまうのでアセアセ、それは「後日」ということでお願いいたしますお願い

 

さて、では第8話、1時間後に起きた問題とは一体何だったのでしょうか?

 

ニズワ・フォート (フォートの写真は、前号に掲載しています!)

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

第8話: 謎の男が現れた!

 

待ち合わせの場所に行っても、バダルがいないのだ。

私は、バダルの用事が長引いているのだろうと思い、その場で待った。

しかし、30分たっても現れないガーンガーン

彼の車もないガーンガーン

 

私はどちらかが待ち合わせ場所を勘違いしている可能性を考え、周辺を歩いて回った。

 

しかし、彼の車も彼の姿もなかった。

 

待ち合わせの、その出口に限らず、車を停められそうなところはないか、私は地元の人達に尋ね、かたっぱしからあたってみた。

しかし、やはり、彼の車はなかった。

 

いったいどういうこと?

 

バダルは約束を守らないような人間ではない (…と思う)

いったい何が起こったのか?

 

すでに約束の時間から1時間過ぎてしまった。

私は途方に暮れたえーんえーん

 

ニズワ・フォート(フォートの写真は、前号に掲載しています!)

 

そんなところへギリシャ人の団体旅行客がやってきた。

 

今にも泣き出しそうな顔をしていたのだろう、その中の1人が優しく声をかけてくれた。

 

60代くらいの女性だった。

 

「どうしたの?」

 

私は、1時間前にここで待ち合わせた“タクシーの運転手”(ややこしくなるので、あっさりと)が来ないと話した。

 

「なぁんだ。そういうことなら、別のタクシーに乗って帰れば良いのよ。

まさか、帰りのタクシー代を払ってはいないわよね?」

 

その女性は、優しい口調で言った。

 

「払っていません」 行きも払っていないけどてへぺろ

そして、続けた。

「でも、そのタクシーには私のスーツケースが積まれているのです」

 

「まぁ、なんてこと!ゲッソリゲッソリそれは困ったわね」

「そうなんです」ショボーン

 

「タクシーの運転手に電話したらいいじゃない」

彼女と一緒にいた別の女性が言った。

 

「電話番号を知らないのです」

 

ギリシャの団体旅行客は、集合時刻が近づいているのか、1人2人と増えていき、皆が私の周りに集まってきた。

20人くらいの人だかりになってしまった滝汗滝汗

 

 

「あなた、人を信用し過ぎよ。残念だけど、そのスーツケースは戻ってこないわ」

 

そんなぁえーんえーんえーん

 

「何か貴重なものが入っていると思われたのでは?」

という女性もいた。

 

いつの間にか私は「タクシーの運転手スーツケースを盗まれた、かわいそうな日本人女性」ということになってしまったガーンガーンガーン

 

いや、バダルはそんなことをしない!(・・・だろう。たぶん。しないでほしい!)

だいたいそんなことをする意味がない。

 

しかし、スーツケースを車に積もうと提案したのはバダルだったのも事実だガーンガーン

 

・・・まさか??

 

私は日頃から、他人を簡単に信用しすぎると言われる。

自分では、信用できる人、できない人を瞬時に見分けられるから問題ないと思い込んでいるが、20人のギリシャ人に言われると、やはり私の行動がまずかったのだと思えてきた。

 

”ギリシャチーム”は、彼らの添乗員にアドバイスを求めた。

「そういうときは、警察に電話するのが一番です」

添乗員は言った。

そして、私の手帳に警察の番号を書いた。

 

9999

 

オマーンの緊急電話番号で、警察、救急車、消防車への連絡はすべてこの番号にかけるのだそうだ。

 

バダルが私のスーツケースの中身欲しさに姿をくらませたとは考え難いが、事件事故に巻き込まれている可能性はある。

 

私は、すぐ近くにあった数軒の土産店の中で一番感じが良さそうな店に入った。

そして、店番をしていた若い男性に事情を話した。

 

「・・・・そんなわけで、警察に電話してもらえないでしょうか。

私の電話は日本国内でしか使えず、またアラビア語を話せないのです」

 

すると、奥から店のオーナーが出てきた。

 

オーナーはディスダーシャに身を包み、クッマを被ったオマーン人男性だった。

 

私は、オーナーに直接経緯を説明した。

 

「タクシーの番号はわかるかい?」

「たぶん、6789番(仮)です」

 

私は子供の頃から写真を撮るように見たものを覚える癖があり、どうしても必要なときは、その場面を1枚の写真を見るように思い出す。

バダルの車を脳裏に蘇らせたら、その車には6で始まる4桁の数字が並んでいたのだった。

 

「名前は?」

「バダルです」

 

オーナーは早速警察に電話し、バダルの携帯電話番号を手に入れたびっくりびっくりびっくり

いとも簡単びっくりびっくりびっくり

 

そして、電話した。

 

 

彼は、いったい何者???

 

次回へつづく・・・

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

オマーンの旅、なかなか手強い旅でしたゲローゲロー

外に出るときは、頭にスカーフを巻き、くるぶしまで隠れるスカートを穿いていました。

毎日同じ格好・・・ガーン

 

お手間でなかったら(ちょっとお手間でも?ウインク

ニセアラブ人女性の私に触れて(1クリック)下矢印このブログを応援してくださいお願い

とびあがって喜びますキラキラキラキラ

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
オマーン人女性は、顔もすべて覆う(お化けのQ太郎のように)ので、ニセモノもいいとこ爆  笑爆  笑
 

1クリック応援ありがとうございます♥

 

いただいた1クリックは、「にほんブログ村」での1票となりました!!私の励みですキラキラ

 

そして、本当に厚かましいお願いですが、こちらもポチってしていただけたら、とってもうれしいです下矢印


世界一周ランキングに登録してみました!!ニコニコ

 

今日も最後までおつきあいくださり

ありがとうございましたハート

 

Sachikoの地球歩き〜英語で世界が広がっちゃった! - にほんブログ村

 

****英検に関するお知らせ****

2021年度第1回英検:5月22日(土)に準会場として実施しました。

一次試験の結果は6月14日(月)より閲覧できます!

BRIDGE(名古屋金山)https://bridge-els.com/

私が、アラビア半島の東端に位置するオマーンを訪ねたのは2007年でした。

今でこそ観光にも力を入れている(ように見える)オマーンですが、当時はまだ観光客を受け入れる体制ができていませんでした。

 

世界の常識が通じないのか?と思うほどの破廉恥行為を受けること多々えーん、女一人でのこのことやってくるようなところではありませんでしたチーンチーン

 

そんな頃のオマーン旅から、『アラブ純情物語』と題して、オマーンでのちょっとドキドキなエピソードを綴っています。

 

※「アラブ純情”物語”」は、100%ノンフィクションですアセアセあくまでも、物語”風”記事ですニコニコ

 

これまでのストーリーはこちらです下矢印

 

まえがき)過酷なオマーン旅(2007年)

1)  近づいてきたアラブ男

2) 売春宿にされたら困るので

3)  これは策略か?

4)  紳士か策士か?

5) 君をニズワに連れて行く! お金はいらない

6)  とりあえず、30リアル

 

 

 

第7話: 忍び寄る悲劇・ニズワ・フォート

 

ニズワは、6世紀から7世紀にかけて首都として機能した、オマーン第2の規模を誇るオアシス都市である。

ちなみに、人口は73万人ほど

 

フォートから眺めた市街(2007年)

 

シンドバットが活躍した海洋王国のオアシスに栄えた、オマーンのかつての都。

 

その都、ニズワにある城砦がニズワ・フォートである。

行ってみたくなるではないかキラキラキラキラ

 

 

と言っても、私がある意味最も楽しみにしていたのは、この景色(^^;

フォートに隣接するモスクです(^^; 

フォートそのものではないってこと?( ´艸`) →YES! 

フォーとの一部とモスク、岩山の組み合わせがエキゾチックでしょ(^_-)-☆

 

しかし、行ってみてわかったことは、

ニズワ・フォートが建てられたのは、ニズワが首都だった6世紀から7世紀ではなく、17世紀だったチーンチーン

 

内陸地方の統治防衛のために建てられたそうだ。

 

アラビアのオアシスにあるお城ってこんな感じなんだ~と感激しながら、見学した。

 

※※※※(ニズワ・フォート今昔)※※※※

 

記事を書くにあたり、現在の様子をネットで調べたところ、

現在は城内だけでなく、周辺も整備されていていることがわかりました。

2007年当時の城砦しか知らない私には、ちょっとしたテーマパークのように見えちゃいました。

 

だからなのか、

入場料も10倍に跳ね上がっていましたびっくりびっくり

 

当時の入場料は2分の1リアル(500バイザ=約150円)

現在は、外国人5リアル(1500円)だそうですびっくり

ついに、外国人から余分にお金を取る国になってしまったか・・・ショボーン

 

当時の入場料ハーフリアルはバダルが支払ってくれました口笛

 

image

2分の1リアル紙幣。珍しいと思い、新札ではなかったが、記念に持ち帰った。

 

当時は、パンフレットや城内の見取り図すらなかったのですから、テーマパーク風の”今”とは大違いです。

 

2007年 フォートから眺める市街と隣接するモスク

 

ちなみに、私のお気に入りの風景(ニズワ・フォートから眺める隣のモスク)も現在はこうなっているらしい・・・下矢印びっくりびっくり

 

画像はお借りしてきました

 

観光地化されただけでなく、都市開発も進んでいるようです。

緑が減って、建物が増えています滝汗滝汗

モスクのドームやミナレット(塔)も、色からして違うびっくりびっくりのには驚きました。

 

※※※※(ニズワ・フォート今昔 ここまで)※※※※

 

城内には敵の侵入を防ぐための工夫が随所に見られ、迷路のようなわかりづらい造りになっているところもあった。

 

上矢印これがそうかはわからないが、手前の円形の井戸のようなものがあるとす

る。そこから石や熱いシロップを落とし、階下に侵入した敵を打ちのめす等。

例えばこんなふうに下矢印

画像おかりしています

 

 

今となってはどんな会話をしていたか思い出せないが、バダルと私は、ほとんど人がいないフォート内のあちこちを会話を楽しみながら歩いて回った。

デートっぽいじゃん?

 

 

 

どんな会話をしていたか覚えていないと言ったばかりだが、

この空間上矢印でバダルが私に「なんだか、この場所が似合う!昔、住んでいたんじゃない?」みたいなことを、言ったことは覚えている爆  笑爆  笑

 

バダルと私は、1時間後にフォートの入り口で待ち合わせることにした。

バダルには、何か用事があるようだった。

 

 

問題は、その1時間後に起きた。

 

 

これが、発砲しちゃうとか?

まさか・・・?( ´艸`)

 

 

こんな問題が起きたのでは?と思うことがあったら、

コメント欄にてお待ちしてます!ウインクウインク

エスパー並みに当てちゃう人がいたりしてウインク

珍回答も大歓迎ですニコニコ

おもしろいのは、リンク付きで公開しちゃうかもだけど?

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符ピンク音符

 

オマーンの旅、なかなか手強い旅でしたゲローゲロー

外に出るときは、頭にスカーフを巻き、くるぶしまで隠れるスカートを穿いていました。

毎日同じ格好・・・ガーン

 

お手間でなかったら(ちょっとお手間でも?ウインク

ニセアラブ人女性の私に触れて(1クリック)下矢印このブログを応援してくださいお願い

とびあがって喜びますキラキラキラキラ

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
オマーン人女性は、顔もすべて覆う(お化けのQ太郎のように)ので、ニセモノもいいとこ爆  笑爆  笑
 

1クリック応援ありがとうございます♥

 

いただいた1クリックは、「にほんブログ村」での1票となりました!!私の励みですキラキラ

 

そして、本当に厚かましいお願いですが、こちらもポチってしていただけたら、とってもうれしいです下矢印


世界一周ランキングに登録してみました!!ニコニコ

 

今日も最後までおつきあいくださり

ありがとうございましたハート

 

Sachikoの地球歩き〜英語で世界が広がっちゃった! - にほんブログ村

 

****英検に関するお知らせ****

2021年度第1回英検:5月22日(土)に準会場として実施しました。

一次試験の結果は6月14日(月)より閲覧できます!

BRIDGE(名古屋金山)https://bridge-els.com/