バレエ・コンサート三昧

バレエ・コンサート三昧

サラリーマンのバレエ・コンサート日記、その他、日々思うこと

NEW !
テーマ:

今週は久しぶりに台湾出張。

行きの羽田だけは空いていたけれど、行きも帰りも修学旅行生と一緒のフライト。行きはキャーキャーうるさかったけれど、帰りはみんな眠ってた(笑)。

台北空港は、大都市の密集地帯をかなりの低空飛行。

台湾新幹線は「のぞみ」とほぼ同じ。

最後の晩は、ローカルのお店で鴨の血を食べた。

スパイシーだけれど、意外に美味しかった〜













テーマ:
新国バレエ「不思議の国のアリス」千秋楽

千秋楽の小野絢子さんのアリスも素晴らしかった〜♪
明るくて、チャーミングで、きちんと自分の生きる道を考えているアリス。
唯さんのアリスとはまた違った個性があって、絢子さんのアリスもとても魅力的!

客席も昨日のソワレに続いて盛り上がった〜
カーテンコールも拍手とブラボーの嵐!

初めて観た益田裕子さんのハートの女王も素晴らしかった〜
目力も、迫力もなかなかのもの。
もともと目力のある裕子さんだから、とても期待していたけれど、期待以上のパワーに感動!
しかも、裕子さんの女王は気迫だけでなく、少し優しさや寂しさもあって、チャーミングでなんと人間的な魅力にあふれていることか〜
素敵な女王〜☆!

これで、新国バレエの「不思議の国のアリス」は大成功のうちに無事に閉幕。
新国バレエのアリス、特別な舞台になったなあ〜とつくづく思う。
発表になった時には、へ〜、というくらいの感想だったし、アリス役が唯さんと絢子さんの二人だけで、8回もやって、チケット代も高くて、大丈夫かな・・・
と心配したけれど、そんな心配をよそに、連日満員完売の大盛況。

新国バレエの総力を結集して作り上げた渾身の舞台から、たくさんの感動が生まれ、連日満員の客席が普段とは違う盛り上がりを見せていた。
こんなに何度もスタンディングになる舞台、今までにあっただろうか・・・

新国バレエの新しい歴史の1ページが確かに刻まれた。
長い時間をかけて緻密に磨き込まれた全てのダンサーの踊りにブラボー。
舞台も衣装も音楽も素晴らしかった〜

ただ、この作品は、アリス役の主役ダンサーの重み、大変さが突出してる。
他のダンサーとのアンバランスがどうしても気になってしまう。
女性ダンサーは、アリスとハートの女王以外、これといったヴァリエーションもない。
何人もの主役級のダンサーがキャスト表に名前も載らない役で連日出演していたけれど、なんともったいない〜 とどうしても思ってしまう。
何とかならないものか・・・

キャスト表のことは前にも書いたけれど、なぜ全員載せないのか、まったく意味不明。
不思議の国の住人だからこそ、載せて欲しい。
ファンはダンサーの活躍を知って応援していくものなのだから。
ひとりのダンサーが、フラミンゴ、客席フラワー、コーカスレース、芋虫のあし、ねこの黒子、木、・・・こんなにやってるダンサーもいたとか。
次回の公演の時には是非、全キャストを発して欲しい。

個人的には、音楽にもう少しオーケストレーションの厚みや音楽としての盛り上がりが欲しかったかも。
オケピの東京フィルは、難しそうなリズムや変拍子もまったく問題にせず、素晴らしい演奏だった〜♪!

アリス役は、次回は、きっと木村優里さんや池田理沙子さんらもキャスティングされる可能性があると思っているけれど、大変だろうな・・・と思う。
難しい踊りが多くて大変、という意味ではなく、今回の米沢唯さんと小野絢子さんがあまりにも素晴らしくて、お二人それぞれに完璧にアリスになりきって踊り演じていたから〜
唯さん、絢子さんの強烈な印象が残っている中で、若い優里さんや理沙子さんがどうチャレンジしていくか、きっとそれも次回の楽しみ。
そうやって切磋琢磨していくこと、そういう素晴らしい先輩ダンサーがいて、果てしない可能性を持った若手がいる、ということが新国バレエの強さであり、ますますのカンパニーとしての発展につながっていくに違いない。


















テーマ:
新国バレエ「不思議の国のアリス」ソワレの唯さん

今夜は米沢唯さんのアリスの千秋楽。
私にとっては3回目の唯さんのアリス。

今夜の唯さんのアリスも超素敵で、唯さんがアリスになって、最高に幸せそうで、観ていて胸が熱くなって、・・・
客席も大盛り上がりで、スタンディングになって、カーテンコールでも唯さんがキラキラして・・・
あまりにも感動的な舞台になった〜☆!

今夜の唯さんのアリス、ますます自然に、ますます役を自分のものにして、ますます唯さんらしく、でも、天真爛漫に好奇心に任せて冒険するだけでなく、少し先を見たり、人の心の内面も考えて行動する様なイメージのアリスに変わって来た感じも。
どんどん深化する唯さんのアリス。

音楽性も演技もますますパーフェクト。
音の取り方が完璧で、どこまでも自然で、1つ1つの踊りが生き生きと躍動して、愛がいっぱい詰まってる。
思いが込められた密度の濃い踊りと演技にアリスになった唯さんの自然な息吹が感じられて、なんと幸せな時間だろう〜
舞台に生きる唯さんにグイグイと惹き込まれて至福の時間が過ぎていく。

この時間がいつまでもいつまでも続くといい〜
唯さんの踊りが終わらないで欲しい〜
ずっと観ていたい。
こんな風に思う舞台、今までにあっただろうか。
数ある唯さんの素晴らしい舞台、絶対にハズレのない唯さんの舞台だけれど、その中でも今夜の舞台は特別なものになった〜

Where are you? Who are you?の踊りが、唯さん自身のWho am I?の踊りにつながっていくソロの世界、愛に目覚め、愛が溢れるPDDのなんと素晴らしいこと〜

感動的で深くて、その世界がどこか果てしないところにつながっている様な踊り。
なんと素敵な空間、なんと素敵な時間、なんと素敵な舞台だろう〜

唯さんのアリスは、自然で明るくて温かくてお茶目で最高にチャーミング。
唯さんのアリスは世界一!

アリスは、唯さん自身のイメージにぴったり。
こんなに唯さんのイメージにぴったりの作品、今までになかった〜

きっとまた再演を繰り返す演目になるだろうから、次回に向けて、唯さんアリスのますますの深化にも期待〜♪

アリスの舞台は今日が7回目。
ダンサー全員が、それぞれにますます踊りと演技を自分のものにして、明るく華やかに美しく〜

新国バレエの「不思議の国のアリス」は、明日(11/11)がいよいよ千秋楽。

みんな最後まで元気に輝ききって欲しい〜☆!







テーマ:
新国バレエ「不思議の国のアリス」3日目

いつも応援している米沢唯さんの2回目のアリス。
今日の舞台も素晴らしかった〜
感動を通り越して、極上の幸福感を味わう様な夢の時間☆

唯さんの全てが注がれたアリス。
明るくて前向きで、お茶目でチャーミングで、好奇心旺盛で、チャンスが与えられたらチャレンジせずにいられない性格、・・・
まさに唯さんと等身大のアリス。
これほどまでに唯さん自身と重なる作品が今までにあっただろうか。

踊りも演技も、初日よりもさらに力が抜けて、一段と生き生きと、ますます自然に、ますますのびのびと、ますます深く、ますます密度濃く〜
唯さんは、一体どこまで行ってしまうんだろう〜
とてつもないダンサーになってしまった唯さん♪

Where are you? から Who are you?のソロ (唯さんにとってのWho am I?の踊り) は、唯さんと等身大のアリスだからこそ、唯さんの今までのダンサー人生と舞台に生きる今の唯さんの全てが凝縮されて、1つ1つの動きに思いが込められて、神秘的ですらある素晴らしい踊りだった〜

渡邊峻郁さんのジャックも、細部まで練り上げられ、磨き上げられた踊りと演技が素晴らしい。
唯さんとのPDDは、観ていて惹き込まれる様な踊りに鳥肌が立つ。

唯さんと峻郁さんのPDDは、深い愛がいっぱいで観ていて本当に感動的で胸が熱くなる〜

フラワーワルツやカードトランプの踊りも、華やかで美しくて、今日も素晴らしかった〜!
フラワーの理沙子さんのチャーミングな輝きが眩しい〜♪

今日トランプカードを踊ったダンサーの中で、応援してるダンサーの方々は、私が覚えている範囲で次の通り。(間違っていたらごめんなさい。)
優里さん ハート2
美由起さん スペード8
碧さん クラブ5
舞子さん ハート7
裕子さん スペード2
花純さん スペード7
紗帆さん クラブ6

1つ劇場にお願い。
キャスト表には出演ダンサー全員の名前を出して欲しい〜!
トランプカードのダンサーは絵柄と番号も〜♪!
どうしてダンサーの名前を出さないんだろう。
不思議の国だから、とか言わないで欲しい。
みんな懸命に踊っているのだし、ファンは名前を覚えてダンサーを応援するものなのだから。

主役(級)ダンサーである優里さんや理沙子さん、紗帆さんや花純さん、千晶さんや亜沙子さんらが連日舞台に立っているにもかかわらず、キャスト表に名前がない・・・
これは一体どういうことなのか〜?!





テーマ:
新国バレエ「不思議の国のアリス」2日目

今日の客席も満員完売の熱気!
盛り上がった〜

主役のアリスは小野絢子さん。
初日の米沢唯さんに続いて、絢子さんのアリスもチャーミングで明るくてとても素敵♪
思いが伝わる踊りから、次々に夢と感動が生まれていく〜

ジャック役の福岡雄大さんの優しさ溢れる踊りも素晴らしい。
白ウサギの木下嘉人さんも絶好調!
ハートの女王の本島美和さんの迫力は初日のゲストに負けないパワー。
菅野英男さんのタップダンスもゲストに負けず素晴らしかった〜☆

広瀬碧さんと飯野萌子さんのアリス姉妹の可愛らしさ、メイド役の池田理沙子さんや奥田花純さんのチャーミングなこと〜♪
姉妹の碧さんと萌子さんはコーカスレースも素敵〜!
フラワーワルツの木村優里さんや奥田花純さん、柴山紗帆さんや細田千晶さん、土方萌花さん達の踊りの華やかさ〜☆
トランプカードの池田理沙子さん、渡辺与布さん、益田裕子さん、寺田亜沙子さん、土方萌花さん達もキリッとした踊りが素敵だった〜♬

カード・ソリストの両端は、クラブの6が日替わりで理沙子さんと紗帆さん、ハートの2が日替わりで優里さんと与布さんかな・・・?
萌花さんはスペードの2!

優里さんや理沙子さんは、普段、主役やソロが多くてみんなと踊る機会があまり多くないから、良い機会になったのでは〜

この作品、舞台装置がたくさんで楽しいし、衣装はどれも可愛らしいし、素敵な踊りがたくさんで、間違いなく素晴らしい。
新国バレエには、是非、こういう新しい作品をたくさんレパートリーにしていって欲しいと思う。

こういう踊りの無限の可能性を感じる作品は、観ていて楽しいし、ダンサーの方々の成長にもつながっていくはず。

音楽は・・・色彩豊かな響き、個性的な和声やリズムが素晴らしいけれど、少しだけ盛り上がりに欠けるかな・・・
チャイコフスキーやプロコフィエフと比べるべきではないのだろうけれど。
東京フィルさんの演奏はさすが〜!
たぶんかなり難しいオーケストレーションだろうと思うけれど、安心して聴けるさすがのオケピ♬

踊りの技術的なことはよくわからないけれど、複雑で難しそうな振りが多い。
でも、アリス役がずっと踊りっぱなしなのに対して、他の女性ダンサー達は踊り自体が少なくて、観ていて少し物足りないかも。
ダンサーの方々は楽しんで踊っている様だけれど。
ストーリー的にも、特に深い内容のあるものではない。

そう考えると、個人的には、やはり、いつか新国バレエとして全幕のオリジナル作品を創って欲しいな〜とつくづく思う。
出来れば、日本的な作品を日本人スタッフ中心で〜
日本にも題材はたくさんあるし、才能豊かな振付家や作曲家、演出家もいるはずなのだから。
壮大な計画になるけれど、いつか是非〜♪!
トトロの様な作品をバレエの舞台作品に作り上げて、世界に向けて発信することが出来たら、何と素晴らしいことだろう。









テーマ:
新国バレエ「不思議の国のアリス」開幕初日。

新国バレエの2018-2019シーズン開幕の舞台、「不思議の国のアリス」の初日を観ました。

平日夜公演にもかかわらず、満員完売の客席。
今回のアリスは全公演完売御礼とのこと!

楽しい舞台、多彩なキャラクター達、カラフルなお衣装、たくさんの舞台装置とプロジェクションマッピング、もちろん、見応えのある素敵な踊りの数々、・・・

今までの作品と一味も二味も違う素敵な舞台!


開幕初日の舞台、カーテンコールも最高に盛り上がった♪!

新国バレエが総力を結集した舞台、新国の底力と一体感を実感する舞台だった~☆


主役アリス役は、いつも応援している米沢唯さん!
唯さんのアリスは、唯さんそのもの。
最初から最後まで思いの込められた密度の濃い踊り、自然で愛と思いがいっぱい詰まった踊りの連続!
唯さんアリス、超可愛らしくて、お茶目でチャーミングで〜
好奇心いっぱいの唯さんのアリス。
唯さんでなければ演じられないアリス!
PDDも素晴らしかったし、唯さん自身が語っていたWho am I?の踊りは、アリスと唯さんが重なって、唯さんを観ているのか、アリスを観ているのか、わからなくなってしまう様な・・・
Who am I?は、Where are you? Who are you? ということなのか、と。

アリスは唯さんの為に作られた作品なのでは〜
と思ってしまうくらい素晴らしい舞台に感動の連続!

ジャック役の渡邊峻郁さんとの息もぴったり!
峻郁さんの踊りも、誠実さと優しさがあふれて、実に素晴らしかった〜!
白ウサギの奥村康祐さんも、康祐さんのキャラクターにぴったり!

フラワーワルツ、トランプカードなどの踊りも華やかで見応え十分。
さすな新国バレエ!
素晴らしかった〜

理沙子さんも優里さんも萌花さんも、与布さんも碧さんも、花純さんも美由起さんも、・・・
みんなそれぞれに明るく華やかに輝いて、とっても素敵だった〜♪!

明日の絢子さんアリスも楽しみ〜!







こんなところにも唯さんが〜(笑)










テーマ:
新国バレエ「不思議の国のアリス」ゲネプロ

新国バレエ・シーズン開幕のアリスのゲネプロを観て来ました。
ゲネプロだから、多くは書かないけれど、楽しい舞台、多彩なキャラクター、カラフルな衣装、プロジェクターマッピング、・・・
そして新国バレエのダンサー達の見応えのある素敵な踊りの数々。
新国バレエの底力、総合力を見せつける素晴らしい舞台。
思わぬところに思わぬ人がキャスティングされていたりして・・・
明日の開幕の舞台がますます楽しみ〜♪!

ゲネプロが初日のキャストではなくセカンドキャストだったのは、2日連続だと踊りっぱなしのアリス役があまりにも大変だから、かな。。。

明日は、きっと華やかなシーズン開幕の舞台になる〜♪!













テーマ:
世田谷クラシックバレエ連盟 第21回公演(世田谷区民会館)

応援している池田理沙子さん(新国立劇場バレエ団ソリスト)の踊りを観に、世田谷の舞台へ。

【作品】
「AMERICAN DREAM」
振付:岩上 純
「モーツアルティアーナ」    
振付:石井竜一 
「ライモンダ3幕」  
振付:マイレン・トレウバエフ

ゲスト出演者
小野絢子 キミホ・ハルバート 池田理沙子
浅田良和 今井智也 マイレン・トレウバエフ 檜山和久 横岡 諒

理沙子さんのモーツァルティアーナ、素晴らしかった〜♪

理沙子さんの踊り、明るくて、清らかで、音楽性が抜群で、優しい華があって、観る人の心に響くパワーがあって、最高だった〜✨

新しい作品を振付家と一緒に作り上げ、舞台で初演を行うことは、ダンサーとして特別な意味のあること。
理沙子さん、きっとまた確かに成長&深化したと思う。

最初のアヴェヴェルムコルプスは天国的な透明な響きのモーツァルト最晩年の音楽に理沙子さんの清楚な踊りが溶け込んでいく様〜

チャイコフスキーの甘美なメロディーと華やかな音楽は、理沙子さんの明るく輝く、清らかで華のある踊りにぴったり〜♬
テーマとバリエーションを思い出す様な、バランシンの雰囲気を感じる作品に感動♪!

理沙子さんって、本当に素敵なダンサーだなぁ〜✨
ブラボー!

ライモンダの小野絢子さんは、貫禄のオーラと余裕の輝き。
さすが〜
次元の違う別格の踊りだった。

理沙子さんも、絢子さんも、本当に素晴らしい〜♪!

世田谷の子供達も、みんな精一杯、全力で踊りきった〜
みんなこれからも頑張って欲しい!
理沙子さんや絢子さんとの共演は、素晴らしい経験になっただろうな〜











Ameba人気のブログ

Amebaトピックス