こんばんは満月

青森八戸
スピリチュアルを身近に
超現実的に自由な人生を創るラブラブ

愛され巫女さっちんです




さっちんは子供の頃
とってもとっても傷ついた経験がありまして


親に
自分の存在一切を
否定された経験でした



その経験が元で

長い長い
30年もの間

生きにくさを感じながら


たくさん拗ねて
たくさんこじらせて
たくさん間違って

さらに傷を深めていった過去があります




子供の頃に
存在を否定され続けたさっちんは


大人になって
そんな自分を「救おう」と
「癒そう」と


存在を認めてもらう為の努力を

死ぬ物狂いで
頑張りました


寝る間も惜しんで働きました
食べる間も惜しんで勉強しました


子供の頃の自分を癒すために
認められなかった自分を認めてあげる為に

親に認めてもらう為に





結果




うつになり

働くどころか
動けなくなりました









ああ、もう
上手くいかないことばかり


こめんね
子供の頃の自分




やっぱりわたしは

「出来損ないで」

「何をやっても中途半端」

「やり遂げられない」

「欠陥品」なんだ







あ〜・・・



疲れたなぁ・・・




悲しすぎて
悔しすぎて

でももう、なんの気力もなくて





死にたいなぁ




・・・



結局、いっぺん死んでみるまで
わたしは気付かず、頑張り続けました




これが
間違ったインナーチャイルドの癒し方ですダウン




でも本当に気付かなかったし

子供の頃の自分を癒すには
この方法しかないと
無意識で決めつけてました


・・・


今、カードセッションや
カウンセリングを行っていて

インナーチャイルドの存在を感じる方は
みなさん、ほぼ共通して



「癒し方を知らない」


で、やみくもに頑張っている


わたしも知りませんでした
(経験がないから当たり前なんですけどねあせる)





知らない事を自覚して
素直に人に頼ろう






子供の頃に傷ついたわたしに必要だったのは

傷を治療することではなく


まずは
傷を負った時の自分の気持ちに
寄り添ってあげることだった


自分を静かに
内観することだった



やり方を知らなかっただけ黄色い花
癒し方を知らなかっただけクローバー




このブログが届いたあなたも

もしかしたら

不器用さんだから



あゆみんに
会いに行ってみてネコスモス



ベル6月21日(金)10時~

Oyayo's Roomコラボ企画

インナーチャイルド瞑想会





瞑想が終わった時




子供の頃のあなたが
穏やかな笑顔を
見せてくれるかもしれないよ