長部努オフィシャルブログ「全然全力です」Powered by Ameba

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

小布施映画祭WS

 

お久しぶりです。実に1年半近くぶりのブログです。

 

どうしても書きたい事、残して反芻したい事があり、ここに残そうと思いました。

 

 

皆さんいい顔してます☺️

 

外山文治監督×石橋夕帆監督×小布施短編映画祭 映像演技ワークショップ

に参加してきました。

 

 

なんと2泊3日の合宿ワークショップ。

 

23人の俳優と2人の監督と

 

朝起きてから寝るまで、なんなら寝てる間も

 

共にする。

 

なんともスリリングな3日間を過ごしたわけです。

 

 

ワークショップやレッスンは受けてきてはいますが、1回うちに帰るという

 

 

リセット、リフレッシュな時間があるわけなんです。

 

一定の距離をとれるのです。

 

 

なもんで、この3日間は与えられた脚本とその共演者と

 

0距離というか

 

いつもより何歩も入り込むというか

 

そんな感覚でした。

 

 

とにかく、芝居のことを考えた3日間。

追い込まれる時間の中で、やはり『自分』という課題に向き合わざるを得ませんでした。

 

 

お前は何が好きなんだ

 

お前は何を思ってるんだ

 

お前は何がしたいんだ

 

慣れていく中で置き去りにしてた想いといいますか

 

しっかり向き合わないとなと。

 

 

 

素敵な出会いもありました。

芝居を始めたばかりの方や歴もある方、ほんとバラバラで個性的な俳優仲間たち。

触発もされたし、共感することもあったし、悔しい思いもしたし

 

そう。悔しいって久しぶりだなって。

 

 

そして、小布施映画祭の実行委員会の方々!!

僕らが芝居のことだけを考えられるよう、サポートに尽力して下さいました。

本当にありがとうございました。この言葉しか!!

芝居に集中しててあまりガッツリ交流できませんでしたが、合間合間でお話しできたこと、すごく嬉しかったです。

 

外山監督の情熱と厳しさと芝居愛と

石橋監督の柔らかさと妄想とあてがきの愛しさと

 

そんな方々と過ごした3日間の結晶

 

最終日に撮影をした作品が小布施短編映画祭で公開されます。

 

楽しみでしかありません。

 

 

 

 

はあ、東京。只今は現実。

 

もう何日も前に感じるあの時間。

 

帰京する前に散歩した小布施の街で

 

山がどーんと聳えてて

 

なぜか、とても心を動かされました。

 

言葉にはできない気持ち。

 

 

また行きたいな。小布施。

 

 

いや、映画祭は行くつもりなんですがね。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>