化ケモノ展で小さい秋を感じよう | サンシャイン水族館 STAFF ブログ
2018年09月22日(土)

化ケモノ展で小さい秋を感じよう

テーマ:飼育日誌

皆さん、どうもこんにちはニコニコ

 

最近、夜が肌寒く感じる日も多くなり、

すっかり秋らしくなってきましたねニコニコ

 

そんな秋の訪れに合わせて、

化ケモノ展の展示生物のなかでも

特にご覧頂きたい生物がいます爆  笑

 

それが枯葉に擬態するコチラのいきもの下矢印

どこにいるか、わかりますか??

 

 

これで完全にわかりましたねウインク

枯葉の陰に隠れていたのは、ナンヨウツバメウオという魚です!!

 

幼魚の間は体が茶褐色で、水中を漂う枯葉に擬態しているといわれています。

 

そんなナンヨウツバメウオを、沈んだ枯葉と見比べて楽しんで頂きたい真顔

ということで、この水槽は少し特殊な形状をしていますウインク

 

実は、半球型の水槽を使っていて、

真下から見上げてお楽しみ頂けるのですニヤリ

 

水槽内で淀みがないように、中の水の流れは少し複雑ですが滝汗

そこは飼育スタッフのこだわりと情熱ラブラブでカバーし、

特別展会場という限られた空間内でも”見上げられる”水槽が実現しました笑い泣き

 

アレ、この感じ、なんか見覚えある… と思った方、、、

 

その通り、こちらの水槽、サンシャイン水族館本館でも好評を頂いている、

クラゲがいる“ふわりうむ”エリアの天井から出ている水槽と同じ形状ですねてへぺろ

 

特別展では、本館の展示で得られたノウハウが活かされる、

今回のようなケースもたくさんありますので、

ぜひ、そんな所も探してみて下さいねニヤニヤ

 

化ケモノ展は11/25(日)までの開催ですキラキラ

皆様のお越しをお待ちしておりますラブラブ

 

 

詳細は、下記のURLをご覧ください。

http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/bakemonoten/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシャイン水族館さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス