だいぶ間が開いてしまいました・・・
ブログを書いていない間でも、
色々な人が見てくださっているようで
うれしいです。

同じように悩んでいる方に、
少しでも有益な情報を届けられるよう
実体験綴っていきますね。


さて、ドキドキの再検査の結果を聞きに行きました。

この日も変わらず病院は激混みで、受付をしてから呼ばれたのは
3時間後ぐらいだったような。

検査結果だったので内診よりは早いようですが。。


結果はやはり変わらずしょぼん
軽度、中度、高度までまんべんなく異形成があるという結果に・・・
(増えてる・・・?)

そして、何よりショックだったのはHPVの型。
最悪の型ではなかったものの、
私は31型でした。

S主治医の話では、16・18は子宮頸がんの他、
違うがんの原因にもなる最悪の型だけど、
私の31型は16・18と子宮頸がんの危険度は
変わらないレベルのハイリスクタイプだと。

ガーーン・・・

「前回の結果もあるし、もう覚悟できてる?」

と言われたものの、子宮にメスを入れたくないという思いも強く、
どうしても手術を前向きに考えられず、その日は保留に。


ショックな思いを引きずりながら、
とぼとぼと家まで帰りました。
この日は本当に本当に、どうするのが一番いいのかと思い悩み、
超絶不安定になり家で号泣してしまいました。


耐えきれなくなって、逐一報告していた姉に思わず電話。

姉は姉で、首に良性の腫瘍があり、数年前に切除していました。

その経験も踏まえ色々話してくれ、
「手術するって決めると後はお任せだし、吹っ切れるよ。」
「いい先生見つけてるんだから、お任せすればいいんじゃない?」
「引き延ばしても不安で悩む時間増えるだけじゃない?」


と言われ、一気に決心がつきました。


HPVの型がハイレベルじゃなければ。
中度異形成ぐらであれば。

もう少し、足つぼや食生活の改善を頑張れたかもしれません。


でも私はハイレベルの31型。高度異形成。

こうしている間にも、進行してしまっているかもしれない。
もっと進行してしまうと、全摘出になってしまうかもしれない。
そんなリスクをとってまで、自然治癒にかけるのは精神的にもたいないだろう。


と、思い直し、やはり手術しよう。
次の週末、手術の手続きをしにいこう。
そう決心できました。

Fさんの足つぼサロンのあと、

さっそく毎日のセルフケアを行いました。

 

マッサージにはオイルが欠かせないので

こちらを。香りもとってもよくお勧めですニコニコ

 

 

 

また、足つぼの子宮頸がんに対する

効果を調べていくうちに、

こちらにもたどり着きました。

 

官足法の子宮頸がん克服マニュアル

 

なんと・・・!はっきりと治ると書いてあるではありませんか!

※諸説あると思いますので、ご自身でご判断ください。

 

この記事にはとっても励まされましたし、

出来ることは何でもしようと思い、

紹介されていた以下も購入。

 

 

 

ウォークマッはは最初は痛すぎて

5分も乗れず・・・

それでも我慢して毎日乗って

足踏みをするようにしていたら、

1週間程度で痛みに耐えながらも

20分足踏みしていられるようになりました。

 

1ヶ月たったころには、ほとんど痛みも感じず

余裕で乗って足踏みしていられるように。

 

Fさんから教えてもらったセルフケア&赤棒での刺激を

30~40分程度、

ウォークマットでの足ぶみ20分程度を毎日行いました。

 

治るって書いてあるし、

足つぼを続け、組織診で異常細胞をとり続ければ

手術をせずとも改善できるのでは、

と感じ始め、

再検査の結果次第ではあるものの、

いったん手術へ踏み切ることは思い留まろうー

そう決意していきました。

 

 

今日はなんだかブログを書きたい気分満々なので

ガンガンいきます!

 

こちらで記載した、外から改善編の詳細を。

 

一番実践してよかったと思っているのが

足つぼ

です。

 

どうやって検索してたどりついたのかは

忘れてしまったのですが・・・

婦人病や不妊に特化した足つぼを施術されているFさんの

ブログにたどり着き、

子宮筋腫や子宮内膜症が改善された方や

不妊に悩む方が無事に妊娠されたとの事例がたくさん

掲載されていたこと、

料金もとっても良心的だったので

早速予約を取り、施術していただきました。

再検査をした後、6月後半のことです。

 

施術の前に、日頃の生活や

生理の状況なども色々聞かれました。

 

初回、とにかく痛かった・・・

 

婦人化系のつぼが集中しているラインが

ふくらはぎにあるのですが、

ブチブチブチッと音がしました、ほんとに叫び叫び叫び

 

それ以外に、肝臓や卵巣のツボが悲鳴を上げるほど痛かった。

 

肝臓については、

「きっと硬いだろうなと思ってたんですよ~」

と言われました。

肝臓はお酒を飲む人が負担をかけていると

思われがちだけど、

甘いものが好きな人も肝臓に負担をかけているとのこと。

 

ひーーーー!それは初耳。

食生活が与える体への影響をひしひしと。

 

施術の終わりに、セルフケアの方法も詳しく教えていただき、

手書きの資料もいただきましたニコニコ

 

毎日セルフケアをし、

1ヶ月に1回程度Fさんの施術がお勧めとのこと。

中には週1でFさんのところに通われる方もいるそうです。

 

毎日の足つぼが日課になりましたクラッカー