娘(5歳11ヶ月)、息子(2歳5ヶ月)を連れた
2018年10月 子連れセブ旅行✈️


チューリップ記事まとめはこちら



2日目は朝からアイランドホッピングのツアーを予約していましたやしの木



結論からいうと…

これがとても充実していて、
予約して大正解でした!!


夫婦2人だけでなく、娘にとっても
セブで一番楽しかったのはこのツアーだったとのこと




魚しっぽ魚からだ魚からだ魚からだ魚からだ魚からだ魚あたま



まずはホテルのビュッフェで
もりもりと朝ごはん!



パン系のメニューが充実していて
子供たちも毎日よく食べました。



滞在中雲が多い時間帯があったり
夜間にザザッと雷雨があったりもしましたが、

昼間は概ねいい天気でした。




南国らしくプルメリアが そこここに落ちています




ツアー会社であるケイアイマリンさん(HP)に
8時30分にホテルまで迎えに来てもらいました。

お迎え時刻は好きに指定できます!

ジプニーで迎えに来てもらえるという別のツアー会社もありましたが
今回は普通の乗用車でした。




オフィスに到着すると
ライフジャケットやフィンのフィッティングをし出発。


着替える場所は見つからなかったので
洋服の下に水着を着込んでいくことをオススメします。



同行してくれる3人中、日本語が話せるスタッフはどうやら1人もいない模様…。




船乗り場までは少し歩きます。


その間なんと…




ガイドのお兄さんが息子を抱っこしてくれていましたびっくり

しかも浮輪で息子に日陰を作りながら。


この方、
ツアー中ずっと、12キロある息子を片手に抱き
私たちの荷物まで持ってくれ、案内をしてくれました。




水が深くなると
小さなボートで船まで引っ張ってくれました。


そして実際に乗る船がこちら。




4組くらいは乗れる船を、贅沢に貸切です。




風が気持ちよく、
あまり揺れもしなかったので

酔いやすい娘も気持ち悪くならずにすみました!



そして船の上では
ガイドさんが家族写真を沢山撮ってくれました。




30分ほどで1つめのシュノーケリングポイント、
ヒルトゥガン島に到着。




ここでもガイドさんが息子をケアしてくれ
片手に抱えた状態で階段を降りて、海にドボン!



しかもこのライフジャケット、
事前にメールで問い合わせた時には
「2才児用のサイズは所有していない」とのことだったのに

その後も探してくれていたらしく、
日本を発つ前日に
「しっかりしたものが手に入りました」とメールをいただきました


息子(2才)は料金かかっていないのに…なんという神対応。



サイズぴったりで助かりました。




娘にも1人、最初から最後まで
男性スタッフが付いてくれました。




このハシゴを降りて
足のつかない海に入る段階で
子供達が怖がるんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが

好奇心が勝ったのか 全然平気で一安心。




がっちりガードした状態で
魚が沢山いるエリアまで娘を連れて行ってくれました。




潜らなくても、上から魚を確認できるほどの透明度!!

「思ってたより楽しい!!」とテンション高めな娘。


自分の足元に魚が沢山いて楽しかったようです。



息子も夢中で水中を覗いていました。




こちらでもガイドさんがしっかり息子をホールド!




「シマシマのさかな、いっぱいいるねぇ」


ニモがいるスポットにも案内してもらえました。





子供達の笑顔が見られて何よりでした!


子供を安心して任せられたので
私たち夫婦もシュノーケリングを楽しむことができました。



シュノーケリングしている間に船から離れてしまったので

眠くなって抱っこを要求する息子を抱えて
船まで泳いで戻るのはかなり大変でしたが

そんな私たちを身一つで引っ張ってくれたガイドさんはさらに大変だったと思います。


もう感謝しかない笑い泣き



ちなみに主人は主人で、
娘を背中に乗せて泳いでかなり疲れたそう。




船に戻った2人は充実感からこの笑顔キラキラ





次は2つめの島、ナルスアン島に向けて出発です!

つづく。



のぞきメガネが海でもプールでも大活躍でした!!

このブルー、ビーチリゾートへ行くときは持参しています。