「婚約者先生にきちんと謝罪したいんだ。」

 

それは当然と思い、婚約者先生に連絡をしてみることに。

 

休日にいきなりの電話は申し訳なく

まずメールを送ってみた。
 
 
『お休みのところ申し訳ありません。
実は、主人が婚約者先生に謝罪をしたいと申しており、連絡先を教えて欲しいと言われています。
いかがいたしましょうか?』
 
 
しばらくたって、直接電話がかかってきたビックリマーク
 
私は、旦那が謝罪を望んでいること、慰謝料も請求して欲しいことを伝えた。
 
婚約者先生からは、私のメールアドレスメールに、旦那先生へメッセージを送りますと伝えられた。
 
 
 
そして。
 
 
『旦那先生、はじめまして、ご連絡を頂き、ありがとうございます。
ちえみ先生からお話を伺いました。
 
この度の件、旦那先生は私と同じく彼女の詐欺被害に遭った同志と思っています。
 
現在、この度の詐欺被害について、相応の責を負ってもらうべく対応しております。
 
ちえみ先生と僕とでは、被った被害の度合いが違い過ぎています。
もし私に対し、何かしらのお気持ちを届けて下さるのならば
それらは、ちえみ先生とお子様たちに向けて頂けたら幸いです。
 
旦那先生のご活躍は、私の目標とするところでもあり
いつか旦那先生の元でご一緒に研鑽できたらと願っています。
 
その時に、何のわだかまりもなく、
はじめまして!とご挨拶できるよう、今回の件で旦那先生と繋がりを持たないでいたいと思っています。
 
まことに勝手なお願いではございますが、どうぞよろしくお願い致します。
ご連絡を頂きまして、ありがとうございました。』
 
 
旦那は詐欺被害者なんかじゃない。
自分の意志で、不倫に身を投じたのだから、婚約者先生とは全く立場が違う。
 
 
私「どう思う?」
 
旦那「・・・。」
 
私「恥ずかしいでしょう?
一回り以上若い先生に、ここまで言ってもらって、すっごく恥ずかしいでしょう?」
 
 
うなずく旦那。
 
 
私「勘違いしないで欲しいのは、あなたは許してもらえたのではなくて
一生許してもらえないことが確定したってこと。
 
謝罪して慰謝料を払って、ハイこれで終わり、とできないということ。
 
子どもの最後の大会よりも不倫旅行を優先したあなたと
会ったこともない私の子どもたちへ気遣い溢れる言葉を残してくれる婚約者先生、
同じ教師でも、人としての格が全然違うね。
 
先祖代々歩んできた道を、何も考えずバカヅラして歩いている先生と
常に子ども達の気持ちに寄り添うことを意識している先生と
同じ資格でも雲泥の差よね。」
 
 
言っちゃった・・・滝汗滝汗
 
 
もし旦那が大声を出したり、暴れたりしたら、速攻で逃げようランニングあせる
 
周囲に人がいるから、助けを呼べるから大丈夫かはてなマーク
 
 
なんて一瞬考えたけれど、旦那は怒鳴ることも暴れることもなく。
 
 
深い深い海底波に沈みこんだよううずまきうずまき
 
 
以前TVで見た、灰色がかった死んだような目と小さな口をポカンと開けた深海魚うお座
 
あれ、なんていう名前だっけなーなんて
旦那の顔を眺めながらぼんやり考えてた。
 
 
同じにしか見えなかったんだ。
 
ほんとに爆  笑爆  笑
 
 

私の答えを聞いて、うなだれる旦那。

 

 

長女「ねぇパパ。

パパが怒る時、私たちがふざけて笑いながら言い訳したら怒るでしょ?

なんで今するかなぁ。

あ、ウチも笑ってたけど、それパパが笑わせたんだからね!」

 

長男「俺、トマト大っ嫌いだったけど、無理して食べてるうちに食べられるようになって、今じゃ好きになったからさ。

まぁ頑張ってよ。」

 

 

2人が出かけて旦那と二人きり。

 

ここで畳みかけるのもいいけど、間も大事。

しばしの休息としましょう口笛口笛

 

 

動かない旦那は、そっとしておくことにして

私は録画してあるドラマを観始めた。

 

 

んで?んで?と先が気になるいいところまできて、突然TVを消されたプンプンプンプン

 

 

キッと旦那を睨むと

 

 

旦那「・・・動くよ。」

 

私「は?え?なに?ムカムカ

 

旦那「よし!!決めた!!

俺、動きますッ!!

 

 

 

ねぇ、それってえーえー

 

あなたの好きなお笑い芸人さんの、例の言葉パクってるよね??えーえー

 

ちょっとカッコいいなーとか憧れてたんだな・・・汗汗

 

 

 

何を?と聞いて欲しそうな旦那。

 

だから絶対聞いてやらないニヤリニヤリ

 

 

私「ふぅん。」

 

旦那「・・・。」

 

私「・・・。」

 

旦那「・・・。

ねぇ、聞いてよ。」

 

 

・・・やっぱりニヤリニヤリ

 

 

私「いや、いいよ。聞かないでおく。」

 

 

わかった!じゃあ一緒に来て!と無理やり車に乗せられたムカムカムカムカ

 

 

どうやら義姉宅に行きたかったようだけど外出中らしく、義弟宅へ向かうらしい。

 

 

着いて早々

 

旦那「急に悪いな!

ちょっと決めたことあるから、先に言っておこうと思って。

母さんのことちゃんとしたら、それで終わりな。

俺、本家長男やめるわ。

 

 

びっくりはてなマークびっくりはてなマークびっくりはてなマーク

 

 

 

義弟「どういうこと?意味わからんし。」

 

旦那「いや、だから墓守長男やめるってこと。

檀家も降りるし、親父たちと同じ墓には入らない。

一族の縛りから抜けるってこと。

ただ、今までのこともあるから、母さんのことだけはちゃんとして終わりにする。

くだらない長男至上主義なんか息子(長男)に背負わせたくないんでな。」

 

義弟「墓どうすんの?」

 

旦那「継ぎたい人が継げばいい。

弟でも姉でも。

誰もいなければ墓じまいする。」

 

義弟「母さんはどうなるわけ?」

 

旦那「グループホームを見つけてきた。

年金で月々の利用料は払える。

実家を処分して初期費用に充てる。

引き取りたい人がいるなら反対はしない。」

 

義弟「ちえみちゃんは、どう思ってるの?」

 

私「お墓のことは今聞いたばかりで、ちょっと理解が追い付かないかな。

長男辞めますって、人間辞めます的な感じ?でもないか・・・

まあでも、この人が決めたことなら、別に何も言いません。

離婚が成立すれば他人なので、どうぞお好きなようにって。

お墓のこともお義母さんのことも、ご兄弟で相談して決めて頂ければ。

私に口を挟む権利は無いですから。」

 

義弟「母さんのことは、誰も引き取れないなら仕方ないと思う。

無理に引き取って生活が成り立たなくなったり、家族関係がおかしくなるくらいなら、お金払ってプロに託すのは賢明だと思う。

ただ墓に関しては、周り(分家の皆さんなど)が黙ってないんじゃないか?」

 

旦那「とやかく言ってくるようなら、そちらでお好きなようにどうぞってことだ。

今月の彼岸で最後な。皆には俺から伝えるから。」

 

 

 

その後、不倫&夫婦関係&離婚について話している時に義姉から電話が入り、旦那は同じ内容を告げた。

 

その電話が終わるとすぐ、義姉から私のスマホに電話が来たけれど、現状話せることは無いのでスルーした。

 

 

 

義弟宅を出てからスタバに寄った。

 

大好きなアフォガードを注文音譜

 

 

7月の旅行の時、ゆったんと2人で飲みながら向かったんだよね?

それまで抹茶しか飲まなかったくせに!

私が教えて飲んだらおいしい~って好きになって、得意になってゆったんに教えたんでしょ?

 

と聞くと

 

記憶にない。の一言もやもやもやもや

 

いつから総理大臣になったんだー!!プンプンと思ったけれど、それよりも自分が大丈夫なことが嬉しかったキラキラ

 

フラッシュバック起きるか?なんて一瞬不安もあった。

スタバでフラバとか、オヤジギャグにもならん!なんて考えてたから。

 

 

 

席について

 

旦那「ちょっと次はちぃちゃんに協力して欲しい。」

 

私「無理。」

 

旦那「婚約者先生の連絡先教えて?」

私の返事を無視すんなっ!プンプン

 

私「許可なく教えられない。」

 

旦那「許可とって。」

 

 

ほんの数日前、ゆったんは私に謝罪して慰謝料を払った。

旦那がするのも当然。

 

ここは協力すべきと判断し、婚約者先生に連絡した。

 

 

 

 

 

 

 

 

チューリップ黄チューリップ赤牛しっぽ牛からだ牛あたまチューリップ黄チューリップ赤ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたまチューリップ黄チューリップ赤

 

 

いつもブログをお読み下さり、たくさんのコメントやメッセージを頂きましてありがとうございます。

おひとり様ずつお返事が書けませんので、この場でお返事を書かせて頂きますね。

 

 

ゆったんのお子さんに言わないで!というコメントについて。

 

これは正確に伝わった方と伝わらなかった方がいるということは、私の文章力のなさが原因でして。

 

あくまで、2人の罰を同等とするなら、というお話です。

それをして初めて同等になる、という意味のものです。

もちろん、子ども達に知られてしまったのは私の落ち度ですが、不倫が存在しなければ起きなかったことなので。

記事にも記載しましたが、そんな遥か先まで証拠を保管しておく自信も、絶対話してやる!というモチベーションも保てません。

あまりにも非現実的な罰なので、確実で現実的な話として私の得るメリット・デメリットを考えて答えた、という内容です。

 

 

 

夫婦生活があることについて。

 

一連の不倫の件で、私には≪悲しみ≫と≪怒り≫の感情があります。

その2つの感情は似て非なるもので、ベクトルが異なっています。

 

≪悲しみ≫は妻として感じている感情。

旦那が自分以外の女性と関係を持ったという事実に対する悲しみ。

 

≪怒り≫は母として感じている感情。

子どもの大会よりも不倫旅行を優先した=子どもを蔑ろにされた怒り。

子ども達の為に使うべき私の時間と労力を介護に充て、不倫を続行しようとしたことへの怒り。

 

 

そして、それらの感情は、旦那が回避したいと望むことを私が実行することで収まるのではないか?と予想しています。

 

介護を拒否して離婚をする。

これらを実行に移すことで癒されるのではないかな?と。

 

いずれ時期が来れば、これらの感情から解放される時が来る。

そう信じているから、今まで通りの生活ができるのかなと思っています。

 

 

あとは単純に。

 

面倒くさいけど、お風呂に入らなきゃ。

疲れてるけど、ご飯つくらなくちゃ。

 

これらと同じように、夫婦生活も私の生活のルーティンでした。

それを拒否することも存外エネルギーを使います。

離婚時のデメリット要素にも成りかねない。

それならば。

それを乱すのは今ではなくて、離婚成立時と思っています。

 

 

 

夫婦でご飯(飲み)やカラオケに行くことについて。

 

これはもっと単純な理由です。

 

子どもたちが出かけてしまって夫婦のみになった時。

旦那の為に食事を作るのかと思うとげんなりチーンガーンします。

でも食べないとお腹が空くので、1人で行こうかと思いますが・・・

 

都会のように女性1人で優雅にランチナイフとフォークや飲み生ビールなどという風景はこちらにあらず・・

1人ではお店に入りづらいので≪連れ枠≫ですね爆  笑爆  笑

 

カラオケはもっともっと単純で

1人でもいいのですが、忙しいのですあせるあせる

 

1人だと、ゆっくり選曲したりトイレに行ったり

そういった時間が勿体ないと思ってしまうんですね滝汗滝汗

せっかくお金払っているのに、という貧乏性・・・

 

室内でシーンとした時間が勿体ない。

旦那がいれば、旦那が歌ってる最中にトイレに行けるし、ゆっくり選曲したり飲み食いできるキラキラ

≪繋ぎ要員枠≫ですね爆  笑爆  笑

 

 

 

私の≪悲しみ≫の感情は薄れつつあります。

それは、必死に贖罪の日々を送る旦那を見ているからかなはてなマークと思います。

 

 

ですが≪怒り≫の感情は

旦那がどんなに尽くしてくれても、どんなに謝ってくれても

どうしても許せないことなのです。

 

子どもを蔑ろにされた。

 

そのことを私は絶対に許さない、今もそれは強く思っています。

 

 

 

 

近いうちに番外編としていくつか記事を書こうと思います。

 

思いっきり吐きだして愚痴るだけの記事です。

不倫のことは一切記載がありません。たぶん・・・

 

「○中のちえみ先生ですよね!びっくりしました!子どもには内緒にしておきますね!」

「△県の☆市近郊の方ですよね?文面に方言が入ってますよ~」

 

などなど、もう既に大勢の方に身バレしている私ですが滝汗滝汗

 

番外編は身内のプライバシーに関する記事なので、限定にさせて頂きますね。

ゴメンナサイ・・・あせるあせる

 

誠に勝手ながら、今も数名の方から申請を頂いていますが

 

今までコメントを頂いた方

ブログを書かれている方

の中で、

 

この方にならお読み頂いて大丈夫と思えた方のみ承認させて頂いております。

 

 

全く中身のない愚痴記事なのでスルーして頂けたらと思いますが

もしご興味のある方がおられましたら

メッセージにてお住まいの地を教えて頂けたらと思います。

なかなかのおもしろプレゼンだった爆笑爆笑

 
人の記憶力なんて、この程度かと改めて知らしめられたような。
 
 
答えを発するために、考える。
 
 
やらかした2人の罪に対する罰。
 
主犯格と共犯者では、罪の重さが違うのは当たり前。
では、この2人の場合、どちらが主犯格か?
 
 
・・・わからない滝汗滝汗
 
 
わからないなら、同等の罰が妥当。
 
 
ゆったんが背負った罰は
 
・婚約破棄
・半年の休職
・慰謝料300万円
 
 
今の時点で旦那が背負った罰は
 
・上司にバレた
・子どもたちに知られたことによる、もろもろ
 
 
 
2人の足並みを揃えるには
 
・旦那と私の離婚←予定通りなので問題ナシ
・旦那の半年の休職←ゆったんと同じく体調不良での申告で問題ナシ
・旦那から婚約者先生へ慰謝料の支払い←受け取り拒否されてもゴリ押しすれば問題ナシ
・詳細を知らない校長先生に話す←私が話すだけなので問題ナシ
 
ここまでは、何の問題もなく可能。
 
あと一つ。
 
この先ゆったんが結婚して出産し、そのお子さんが思春期になった頃、今回の顛末を知らせなければならない。
 
それをして初めて、2人の罰の足並みが揃う。
 
 
果たして、10数年後まで不倫ファイルを取っておくことができるか?
・・・気づいたら行方不明になっていそううずまきうずまき
 
そして
「絶対お子さん達に言ってやる!」という強い気持ちを持ち、さらに10数年後までそのモチベーションを保たなければならない汗汗
・・・面倒くさいことこの上ないし。できるかなぁもやもやもやもや
 
 
 
 
準備不足もあって、何も思いつかない滝汗滝汗
 
ならば私にとってのメリット・デメリットを考えて答えを出せばいいひらめき電球ひらめき電球
 
 
 
私「いくら子どもたちが聞いているからと言っても、全然必要のない笑いを取り入れて、軽くディスられたプレゼンで腹が立ってますプンプンプンプン
 
 
急に真顔になる旦那チーンガーン
 
 
遅いわッムカムカムカムカ
 
 
私「今回の件、あなたが軽く考えていることだけは充分伝わりました。」
 
旦那「いや、そんなこと・・・」
 
私「黙って聞けッ!!
 
私「私は自由奔放でわがままな人間だから、自分の意のまま自由にさせて頂きます。
もちろん私の意見を尊重してくれるんだよね?
全部丸ごと受け入れるよね?」
 
 
私が伝えたこと
 
 
・離婚は受験終了後、私のタイミングでする→いつでも出せるように離婚届に記入しておくこと。
・子どもたちが大学を卒業するまで学費を負担する→書面に残すこと。
・ゆったん同様「不倫がバレてメンタルがボロボロ」といって半年間休職すること。
・婚約者先生に慰謝料300万円、借金してでも払うこと、受け取り拒否されたらその分を私に払うこと→書面に残すこと。
・実家売却に私を巻き込むな。
当初の予定通り家を売って得たお金の中の100万でアパート借りて、ゆったんの代わりにお義母さんに住んでもらったら?
そこに通ってお義母さんの面倒を看ればいい。
もしくは、不倫部屋のためのお金なんてドブに捨てるようなもの。
家を借りるかドブに捨てるか選択させてあげる。
・離婚成立前、例えば明日私が急死しても、お宅の墓には絶対入れないこと→真っ先に正式な遺言状を作成する。
・離婚成立まで、私が自由奔放にわがままに楽しく暮らせるように努力を惜しまないこと。
 
私「この程度のこと、当然できるよね?自分で言いだしたことだもんね?
私の気持ちに寄り添うんだよね?
私の望みはちゃんと伝えたから、よろしく口笛口笛
 
私「今の率直な気持ち、教えてあげようか?
今はね、義父よりもあなたが嫌い。」
 
 
びっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくり
 
えーんえーんえーんえーんえーんえーん
 
 
私が世界で1番嫌いな、今は亡き義父。
それを知ってる旦那。
 
この一言は、相当堪えたようだ。
 
 
 
 
私の結論。
 
 
離婚を急ぐ必要はない。
 
 
受験シーズンに入るのもあるけれど。
 
 
わざわざ苦労する必要はない!!
 
今、私一人の収入になれば、子どもたちにしわ寄せがいくし
私だって自由になるお金や時間が減る。
 
 
旦那の不倫のせいで、私が苦労するなんて、まっぴらごめんだワ口笛口笛
 
感情に任せて結論を急いで、結果苦労するなんて絶対後悔する。
 
若いうちの苦労は買ってでもしろと言うけれど
私は若くないし
苦労は美徳みたいな意識もない。
しなくていい苦労なら、したくないてへぺろてへぺろ
 
 
 
子どもたちは、不倫発覚後も私は笑ってたと言っていた。
 
それは、子どもたちの前だからと意識していたからではなく
実際の生活の中で、不倫のことが頭をよぎるのは一瞬。
それ以外は、能天気に笑って暮らしてきた。
 
 
離婚が成立するその日まで、自由奔放にわがままに生きさせてもらう。
 
少しでも不平不満を言ったなら、その場で即離婚できるという安心感。
 
 
旦那が言ってたフラッシュバックがこの先起きるのか?
それはわからないけれど
 
不倫がバレた後も、まあ普通に二人でカラオケ行ったり、ランチや飲みに行ったり、夫婦生活も普通にあったりと
≪謎の思考≫と友人たちに言われた私だから
まぁあんまり一般的な感覚ではないのかもあせるあせる
たぶん大丈夫だろうと思う。
 
 
真っただ中にいた時は、もういっぱいいっぱいと思っていたけど
振り返ると楽しいこともたくさんして、結構遊んでたなぁと滝汗滝汗
 
 
 
 
 
さてさて、私の一言で深く深く墜ちてしまった旦那をどうしてあげましょう口笛口笛