子ども達と自然に暮らそ!

子ども達と自然に暮らそ!

十和田で耳つぼジュエリーのおうちサロンをする傍ら、
子育てがラクに楽しくなるように、
自然食、自然療法などを取り入れながら、
子ども達との自然な暮らしを提案しています。

4/17~5/4までは、春の土用です。

夏の土用にはウナギを食べるということで有名ですが、

この、季節の変わり目の土用は、

春夏秋冬それぞれの季節の変わり目にあたります。

 

冬に縮こまったからだが

暖かさとともに開いて

排毒しやすい時期です。

 

この時期に春の苦みをとると、

デトックスできるともいわれています。

 

春一番に苦みのあるフキノトウを食べたり、

ヨモギやタケノコを食べたり、

芽吹きの春の味を味わうというのは

とても理にかなっています。

今はもう、フキノトウも大きくなってしまったので、

春先に摘んだフキノトウはフキみそにして食べています。

 

ヨモギやつくしはてんぷらに。

 

摘んできたヨモギでヨモギ大福も作ってみました。

イチゴも入れたらイチゴヨモギ大福♡

 

と、いうことで、春のデトックスのために

デトックススープを作ってみました。

【材料】

タマネギ

人参

春キャベツ

セロリ

シイタケ

ネギ

ニンニク

昆布

キムチ(お好みで入れても入れなくても)

 

【作り方】

ニンニク、タマネギを菜種油で炒めて、

跡は刻んだ野菜と昆布、水を入れて煮込むだけ。

いたって適当です。

昆布も食べやすい大きさに切って、昆布も食べます。

 

最後に塩で味付けして、今回は火を止めてからキムチを入れてみました。

十和田はまだまだ風も冷たく朝晩は冷えるので、

体が温まるように。

 

セロリはカリウムが多く、食物繊維が多いので、余分な水分を排出し、

老廃物を出すのに効果的。

 

タマネギはケセルチンやセレンが血液サラサラにして、

有害物質を排出してくれます。

目にしみる成分の硫化アリルは

肝臓の解毒酵素を活性化してくれます。

 

ニンニクのポリフェノールには抗酸化作用があり、

活性酸素の発生を抑制してくれます。

抗菌、抗ウィルス作用があることでも知られています。

アリシンにはデトックス効果があり、

悪玉コレステロールを減らす効果もあります。

 

人参はβカロチンが豊富で肌や粘膜の新陳代謝に。

 

干しシイタケは、βグルカンが免疫力をアップしてくれ、

ビタミンB1は疲労回復に

ビタミンDhaカルシウムの吸収を助けてくれます。

また、エリタデニンという成分がコレステロールを

コントロールしてくれます。

 

と、いうことで、この春の土用に、

ぜひ、デトックススープを作ってみてくださいね。

 

そして、芽吹きの春で、

様々な野草やハーブ、木の芽の新芽のエネルギーが

素晴らしい季節だということで、

野草の酵素ジュースも仕込みました。

 

庭で摘んだのは、

ヨモギ、タンポポ、クロモジ、オレガノ、三つ葉、ミント、レモンバーム

そして実家からもらってあったリンゴ。

 

摘んだ野草を洗って水けをきり、

白砂糖を野草と同量混ぜて漬け込みます。

出来上がりが楽しみです♡