横浜市桜木町駅前|インディバ治療で評判のNakajima整骨院

横浜市桜木町駅前|インディバ治療で評判のNakajima整骨院

横浜市桜木町駅前にあるNakajima整骨院では、最新の治療、トレーニング指導により有名なスポーツ選手も来院されます。捻挫、むち打ち、肉離れ、骨折、脱臼、肩凝り、腰痛、交通事故治療、インディバ、トレーナー派遣、酸素カプセル、スポーツ障害は当院へお任せ下さい。


テーマ:
 

ハムストリングスの肉離れリスクと大腿四頭筋、ハムストリングスのピークトルク(体重 (kg) あたりの関節のトルクの大きさ (Nm) で表される、筋力を比較するための指標のこと) 大腿四頭筋の筋力が強ければ強いほど(または、大腿四頭筋と比較してハムストリングの筋力が弱いと)、ハムストリングの肉離れになる可能性が高くなります。 筋力を個人で比較するための指標としては、体重比が使用されることが多く、体重(kg)あたりの関節トルクの大きさ(Nm)で比較します。 ※スポーツ(競技)レベルと体重比の関係や、スポーツ外傷と体重比の関係も大きく影響します。 主働筋と拮抗筋のピークトルク比率を検討することも多く、最も多用されるのはH/Qratioと呼ばれるもので、ハムストリングス(hamstring)のピークトルクに対する大腿四頭筋(quadriceps)のピークトルク比をとっています。 ピークトルクとスポーツのパフォーマンスの関係では、比較的高い相関が得られる種目とそうでない種目があり、筋力に依存する傾向の多いスポーツと技術に依存する傾向の高いスポーツ種目があるということになります。 ※競技レベルが高く、筋力トレーニングもしっかりとしているチームはやはり筋力も高く、筋力トレーニングを行わないチームとの競技レベルや外傷発生の程度などの比較も必要。 ※伸張性運動におけるピークトルクは同速度の短縮性収縮より30%ほど大きな値となることを考えれば、大きなトルクにより、予期せぬ損傷が発生することも配慮しておく必要があり、伸張性運動ではDOMS(遅発性筋痛:delayed onset muscular soreness)が起こり、筋破壊と再生という観点からも注目されています。 #ハムストリングス #大腿四頭筋 #肉離れ #ピークトルク #スポーツ障害 #リハビリテーション #リハビリ #アスリート #パフォーマンス http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-1979

Nakajima整骨院さん(@nakajimabonesetter)がシェアした投稿 -


テーマ:

プライオメトリックストレーニングと持久力強化(プライオメトリックストレーニングは、2.4㎞、3㎞、5㎞のランニングパフォーマンスにも有益な効果をもたらしたことが明らかになっている) 持久力強化におけるトレーニングとプライオメトリックストレーニングにおいて、研究の結果の違いはトレーニング量および、被験者のトレーニングステータスの違いが原因となっている可能性がある。 Saunderらの研究の被験者は、高度にトレーニングを積んだランナー(Vo2maxが>60㎖/min/kg)であり、プライオメトリックストレーニングを週2回で3週間、週3回で3回実施した。 このことは、高度にトレーニングを積んだランナー(Vo2maxが>65㎖/min/kg)の場合、少量のプライオメトリックストレーニングでは低いランニングスピードにおけるREを向上させるのに不十分である可能性を示唆している。 また、研究結果が異なるもうひとつの理由として、両研究のランニング量の違いが考えられる。 Saundereらの研究の被験者は週60~80㎞であり、この研究ではより多量の持久走が実施されていたことが干渉作用を引き起こした可能性がある。 このことは、プライオメトリックストレーニングがランニングパフォーマンスにもたらす有益な効果を最適化するためには週80㎞以内に抑える必要があることを示唆している。 また、プライオメトリックストレーニングは、2.4㎞、3㎞、5㎞のランニングパフォーマンスにも有益な効果をもたらしたことが明らかになっている。 Sedanoらは、タイムトライアルのタイムの向上こそが、実際のパフォーマンスの向上を示す真の指標である可能性を示唆している。 #プライオメトリックストレーニング #トレーニング #パフォーマンス #ランニング #持久力 #有酸素 #最大酸素摂取量 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-14099

Nakajima整骨院さん(@nakajimabonesetter)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス