ゼッセル泉南フットボールクラブ

ゼッセル泉南フットボールクラブ

Produced by NPO法人ゼッセル熊取アスレチッククラブ



           ゼ ッ セ ル

     SESSEL泉南フットボールクラブ

          FC(チーム)・ サッカースクール


                 NPO法人SESSEL熊取アスレチッククラブ

SESSEL熊取FC / SESSEL泉南FC / ダンススクール
 


  ~身体を動かすことが好きになる~


                ~サッカーが好きになる~


                       ~サッカーが上手くなりたいと思う~

                 

        サッカーをプレーする事の楽しさや喜びを、子どもたちが味わうこと


      そのために、自由に、干渉されずにプレーする場を作る(自由をはき違えない)


子どもたち自身が、そのアイディアを発展させること、自意識の発達や創造的にプレーするこ    

          とにブレーキををかけないためにも、大人の価値観を押し付けない


         ゼッセル泉南FCは子どもたちの成長に寄り添った指導を目指します




               <2020年度募集要項



●フットボールクラブ(FC)の概要●

サッカーを通して、 「自立した人間になること」 を目的に、サッカーの試合はもちろん、宿泊を伴う遠征やキャンプ活動をする中で、自分の考えを伝え相手の話を聞くことを大事にし、仲間を認めて成功 (勝利) に向かって自分の力を発揮できる、そんなチームを目指しています。

 

○サッカーが大好きであること

○自分のことは自分ですること

○何事にも向上心を持って取り組むこと

○週末の試合や長期休暇の遠征に参加できること

○FC参加へ強い意欲を持ち、保護者とゼッセル指導者の承認を得ること


以上のようなメンバーで日本サッカー協会に登録し各種大会に参加しています。


 対 象 : 男女小学生(原則3~6年生)


 活動場所 :  平日 ①泉南市立樽井小学校グラウンド及び体育館

               ②泉南市立信達小学校体育館
           休日 泉南市立の各小学校及び近畿圏

 活動日 : ①月・木 

         ②火 

            *この平日練習3回のうち、週2回を選択+週末(スケジュールによる)

 

活動時間 : ①月・木 17:00~19:20 

          ②火   18:0020:20

 会 費 : 年会費(保険代含む) 8000円/年  
        サッカー協会個人登録費 2000円/年

        月会費 6500円/月

        *新入会時のみ 3000円

        *ユニフォームの購入が必要になります

  


●サッカースクールの概要●
身体を動かすことが好き、サッカーをやってみたい、いろいろなことをやっているけどサッカーもしたい、そんな仲間が楽しく活動しています。

 対 象 : 男女小学生、 幼児(年長)の参加も可能


 活動場所 :  平日 ①泉南市立樽井小学校グラウンド及び体育館、

            ②泉南市立信達小学校体育館

 活動日 : ①月・木 

         ②火

            * この平日週3回の練習から週1~2回を選択できます。


 活動時間 : ①月・木 年長・1~2年生/16:20~17:40、 3~6年生/17:00~18:20
         ②火    年長・1~2年生/17:00~18:20、 3~6年生/18:00~19:20


 会 費 : 事務手数料(保険代含む) 1,300円/年  

        月会費 週1回 2,500円/月

             週2回 4,000円/月
        *新入会時のみ入会金3,000円

        *希望者はゼッセルユニフォームを購入できますが、活動は運動のできる服装で構いません


 

NEW!!

●サッカースクール試合コースの概要● 
 上記サッカースクールに加えて、週末及び祝日に試合に参加するコースです。試合会場に現地集合・現地解散、ゼッセルユニフォーム(AWAY用の白)の購入が参加条件になります。



 対 象 : 男女小学1~2年生、 


 活動場所 :  平日 ①泉南市立樽井小学校グラウンド及び体育館、

            ②泉南市立信達小学校体育館

        休日 各試合会場(泉南地域)


 活動日 : ①月・木 

         ②火     

*この平日週3回の練習から週1~2回を選択できます

         休日 月2~3回の試合    

 活動時間 : ①月・木 16:20~17:40、
          ②火    17:00~18:20、 

          *この平日練習3回のうち週1~2回を選択できます

          休日 試合スケジュールによる *月2~3回の試合になります

 会 費 :  事務手数料(保険代含む) 1,300円/年  

        月会費 週1回+試合 3,500円/月

              週2回+試合 5,000円/月

        *新入会時のみ入会金3,000円

        *試合参加時に会場費など実費を徴収する場合があります




                    ■■■■■お問い合わせ■■■■■

 ゼッセル泉南フットボールクラブ

事務局:080-6218-2662 (留守の場合は連絡先とメッセージをお願いします)

Eメール: s-tarui★sessel.jp(★を@にかえてお送りください)











[大会名]TM
[場  所]りんくう防災拠点グランド
[結  果]
15分H

ゼッセル泉南  6-0  泉大津JFC
ゼッセル泉南  3-1  泉大津JFC
ゼッセル泉南  4-3  泉大津JFC
ゼッセル泉南  1-0  泉大津JFC    ※15分1本


[コメント]
お盆休み前最後の試合でした。
攻撃の厚みを持たせることをテーマに試合を行いました。
試合の前半は広いところはどこなのかをみてプレー出来ていましたが、試合を重ねる度に少しずつプレーのスペースが狭く狭くなってしまっていました。広いとこはどこなのかをもっと探せるようにトレーニングが必要だと感じました。
また、途中で負傷者も出て3年生がメンバーの半分出るようなこともあったのでFC5.6年生にはもう少し自覚を持って欲しいと感じました。
6年生の試合に3年生も混じってプレーし、いつもと違う体格の相手と戦う経験ができたと思います。
今日の試合について自分で振り返り次の練習からがんばりましょう!

対戦していただきました泉大津JFCの皆様ありがとうございました。
応援して頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。(城下)


大会名]TM
[場   所]りんくう防災拠点グランド
[結  果]
12分H

ゼッセル泉南U9  3-11   ゼッセル熊取 
ゼッセル泉南U9  2-3   アイシュウキッズ
ゼッセル泉南U9  0-9   ゼッセル熊取
ゼッセル泉南U9  1-2  アイシュウキッズ 


[コメント]
少しずつ観えるようになってきました。
少し方向を変えたり、取られそうと思ったら、違うプレーに変えたり、ナイスアイデアなパスを出したりと。
継続して取り組んで行きましょう!

対戦していただきましたチームの皆さま、応援していただきました保護者の皆さま、ありがとうございました。(梶)




【大会名】 TM
【会場】 りんくう防災公園広場
【試合】 ゼッセル熊取・アーバンペガサス・ゼッセル泉南

ゼッセル泉南  0-6     ゼッセル熊取

ゼッセル泉南  7-3     アーバンペガサス

ゼッセル泉南  2-8     ゼッセル熊取

ゼッセル泉南  3-2     アーバンペガサス

【担当】 村上・梶
【コメント】
暑い中での試合になりましたが、対戦していただいたゼッセル熊取の皆さま、アーバンペガサスの皆さま、ありがとうございました。
 
少しづつ、ゆっくりではありますが、前に進んでいるのではと感じました。
「蹴る・止める・運ぶ」という技術の部分は、すぐには改善はできません。そしてボールに触れないと上手くなってはいかないので、継続していかなければなりません。それも、チームの練習時間だけではなく、自分で触る時間を作っていきましょう。
 
スコアを見てもわかるように、得点の数、そして得点を取る人が多くなっていること、チャンスの数が増えていることが見て取れます。
注意して観てもらうとわかりますが、もうこの年代になってくるとプレーを状況を見て選択することをしなければなりません。それは大人のようなプレーの選択ではなく、相手の人数やいてる位置を観て、ドリブルのコースを変えたり、突破のドリブルから空いてるスペースへの運ぶドリブルであったり、奪われないようにキープするドリブルに変えれているかということです。それと、味方を使うという判断が含まれているかということです。これをゴールを奪うためにボール保持者がどう判断しているか、ということが大切であり、評価しなければならない部分です。もちろん、それを実行するために技術が必要になるということです。
 
守備もそうです。ゴールを守るためにどこに立つか。ボールを奪うためにどういう工夫をするか、ということを選手が判断しているかが大事です。「あっ!ボールを奪われそうだな!」と感じ取れることが守備への第一歩になります。まだまだ人との関係性、つながりが薄く、そしてつながれる人との距離が短いです。これは年代の事もあるのですが、そのつながっている線を多くする事、太くする事、長くすることが指導者の腕の見せ所と肝に銘じて、今日からまた練習に取り組みます。
 
どうぞ、長い目で見てやってください。
 
たくさんの応援、ありがとうございました!
 

 

 

 

 

[大会名]泉南地区全日リーグ代表決定トーナメント
[場   所]いずみスポーツビレッジ/南部公園サッカー場
[結  果]
20分H

1次予選(7/25)
ゼッセル泉南U12  4-0   久米田FC八木
ゼッセル泉南U12  0-4   ジョイナスFC
※1次予選突破、2次予選へ

2次予選(7/26)
ゼッセル泉南U12  0-0   NAGASAKA.FC
※PK負け、予選敗退


[コメント]
いよいよ、公式戦が始まりました。

初日の初戦は、やはりどこか、いつもと違い、硬さがありましたが、1点をとってからは、普段通りにプレーできていました。

2戦目は、技術的に格上のチームとのゲームでしたが、前半、残りラスト30秒に失点をしてしまい、後半は足が止まり、失点を重ねて敗退しました。

初日に1勝しましたので、2日目の2次予選に進出できました。

相手は1ヶ月前のライフカップ代替大会で4失点した相手でした。
前半は流れはこちらでしたが、後半は相手チームに流れを持っていかれる事が多かったですが踏ん張り、0に押さえましたが、得点を奪えず、PK戦になり、破れ、敗退となりました。

結果は残念な結果でしたが、この1ヶ月取り組んできた守備の部分の成果は出たかとは思います。
引き続き取り組んで行き、更に良くし、また、新たに取り組んでいく事もあります。

1つの公式戦は終わりましたが、みんなはこの2日間、どう感じましたか?
感じた事をこれからの活動に活かし、取り組んで行き、更に成長していきましょう!

大会運営していただきました皆様、対戦していただきましたチーム関係者の皆様、ありがとうございました。
保護者の皆様、応援ありがとうございました。(梶)


[大会名]TM
[場   所]ひまわりドーム
[結  果]
12分1本

ゼッセル泉南U9  1-3  FCマトリックス
ゼッセル泉南U9  0-1  久米田VAMOS
ゼッセル泉南U9  1-0  FCマトリックス
ゼッセル泉南U9  2-1  久米田VAMOS
ゼッセル泉南U9  0-5  FCマトリックス
ゼッセル泉南U9  6-1  久米田VAMOS
ゼッセル泉南U9  2-2  FCマトリックス
ゼッセル泉南U9  4-0  久米田VAMOS


[コメント]
体育館でのTMでしたが、昨日のTRの延長で、相手観て、どの道を選んでゴールに向かうかを意識して行うように伝えました。

少しずつ意識して相手を観ようとしている選手が増えてきました。

また、近頃、全体的にインターセプトの回数が少し増えてきたと感じています。
相手観て予測しているからでしょう。
良い事は継続していきましょう!

対戦していただきましたチームの皆様、ありがとうございました。
保護者の皆様、応援、送迎、ありがとうございました。(梶)





[大会名]TM
[場   所]りんくう防災拠点
[結  果]
20分H

ゼッセル泉南U12  2-5   和泉FC
ゼッセル泉南U12  1-1   和泉FC
ゼッセル泉南U12  2-1   和泉FC
ゼッセル泉南U12  1-4   和泉FC※20分1本


[コメント]
ボールの奪いどころと相手ボールになった時にまず最初に押さえる所を確認をして、行いました。

取り組んでくれている姿勢はグットです!
相手の特徴に応じて、対応を変えれるようになってくると、尚良いですね。

全体的に浮き球の処理やコントロールが苦手に写るので、平日の練習でも取り入れていきますので、少しでも良くなるように取り組んでいきましょう!

対戦していただきました和泉FCの皆様、ありがとうございました。
応援していただきました保護者の皆様、ありがとうございました。(梶)



[大会名]GREEN CUP U9
[場   所]りんくう防災拠点
[結  果]
12分H

予選リーグ
ゼッセル泉南U9  4-2  阪南FC
ゼッセル泉南U9  0-5   大宮JSC
ゼッセル泉南U9  1-6   グローアップ

順位決定戦
ゼッセル泉南U9  2-6   上之郷JFC
※8チーム中、6位


[コメント]
主催大会でした。

また、今日は、緑の新しいユニフォームに袖を通し、嬉しさが滲み出ていました。

試合の方は、ボールを奪ったあと脱出する、奪われた後、簡単に脱出させない事をテーマに行いました。

プレスの強度が高い時は、なかなかうまくいかない事が多かったですが、慣れてくると、うまくいき始めました。
また、味方が見えたから、見えた味方にパスをしても、すでにマークされていて、もらった人が困っている事がありましたね。

観て判断する事、観た先がどうなってどんな事が起きそうか予測する事、それに伴った技術の向上。

簡単そうで難しい事です。
練習からコツコツと取り組んでいき、身につけていきましょう!

大会に参加していただきましたチーム関係者の皆様、ありがとうございました。
保護者の皆様、暑い中、応援、ありがとうございました。(梶)




[大会名]TM
[場   所]りんくう防災拠点
[結  果]
15分H

ゼッセル泉南U12  0-1  ガンバ堺
ゼッセル泉南U12  0-4   ガンバ堺
ゼッセル泉南U12  2-7  ガンバ堺


[コメント]
攻守においてハードワークする事、また、ゴールを基準に考える事を求めて行いました。

少ない人数でしたが、しっかりと取り組めていましたが、疲れてきた時のプレー(特に守備)が淡白すぎました。
疲れてきたから人任せにするのではなく、自分だけと思わず、チームのためにしっかりと闘い、基準を少しずつ上げていきましょう!

対戦していただきました、ガンバ堺の皆様、ありがとうございました。
保護者の皆様、応援ありがとうございました。(梶)


【大会名】 TM
【会場】 りんくう防災公園広場
【試合】  ゼッセル泉南 1-10 ゼッセル熊取
       ゼッセル泉南 4-3  FC岸和田
       ゼッセル泉南 0-11 ゼッセル熊取
       ゼッセル泉南 2-3  FC岸和田
【担当】 梶・村上
【コメント】
グランドコンディションが雨の影響で悪い中、FC岸和田さまとゼッセル熊取さまに試合をしていただきました。選手・指導者の皆さま、ありがとうございました!
 

 

真っ白なユニフォームをドロドロにしながら、ボールを取られないようにしながら方向を変えること、味方や空いているスペースを見つけることを目標に試合に取り組みました。

 

 

今日は、積極的なプレーをたくさん見ることができました。

 

 
「未来ある子どもたちのために、大人が変わりませんか!」
 
これは、私が尊敬し、師と仰ぐ方の言葉です。(とてもまねできるような方ではありませんが…目標であることは間違いありません。全然追いつけていませんが…。(-_-;) )
 
子どもは親を見て育ちます。
選手はコーチを見て育ち、コーチの言うことをよく聞いてくれます。
 
私たちコーチは、選手たちの未来に関わる非常に重要な責任を追っていることを自覚しなければなりません。年齢が下がるほどその影響力は大きいのではないかと私自身は考えています。その自覚がないコーチに、選手に対して「選手としての自覚」や「チームの一員としての自覚」云々を要求する資格はないのでは?と思っています。
 
先週は平日の練習が、落ち着いてじっくりとできました。そして試合も観ることができました。嬉しいことに、選手たちの良いプレー、いや前回観た試合との変化をたくさん見つけることができました。なので、いい変化を観れたときには大きな声で、選手に聞こえるように「Good!」や「ナイス!」と伝えるようにしました。また、もっとこうして欲しいなっという時にも、声を掛けるようにしました。私が未熟なのは、この時の声掛けの引き出しが少ないことです。普段の練習も観ているくせに、性格もおおよそつかんでいるはずなのに、大きな声で強く要求する事しかできません。私が師と仰ぐ方は、この引き出しが恐ろしいくらいに多いこと、そしてタイミングが素晴らしいことです。その言葉のチョイスと口調、語る雰囲気は、子どもたちにストレスを与えることはありません。私がそこの引き出しが増えない原因は、自分がそれでいいと思っているからだと思います。今日はそのことにあらためて気づけました。(気づいていたのにまだ治ってないんかい!)
出来ないことを出来るようになるために、練習や試合があります。子どもたち自身がそこに気づき、改善できるようになれる人間になって欲しいです。その目標に近づくために、今日の試合でどのように言葉がけするか、どのように関わるかを考えるのが指導者の仕事でありセンスだと思います。センスが良い指導者に私はなりたいです!
 
試合コースに女の子が一人だけいます。試合の合間には一人でいることが多かったように感じました。できれば自分でみんなの輪に入って欲しいと思いますが、それができない場合は指導者がどう関わるのか?私は一緒にボールを蹴ることにしました。そして次に私からボールを取るようにドリブルで逃げました。取りに来てくれたら、今度は距離を取りながら追いかける方向を変えながら奪いに行きました。そうすると私の位置を見てドリブルの方向を変えるようになりました。そのやり取りの後の試合では、さっきまでの試合よりボールに触れる回数が格段に増えました。当然私は大きな声で「ナイス!」と伝えます。こんなことを繰り返しながら、いつ離れていくか、距離感を変えてあげることが大切なことだと考えながら試合を観ていました。
 
たくさん応援に来て試合を観ていただいた保護者の皆さまには、選手や私たちがどう映っていますか?
どうぞ、何かありましたらお気軽にお声掛けください。子どもたちが良くなるために、いろいろなお話ができればいいかなと思っています。
 
選手たちはそれぞれ上手くなる過程で立ち位置が違いますから、掛ける言葉も変わってきます。選手に変わって欲しければ指導者も変わって、それぞれに見合った言葉で声を掛けれる指導者を目指して…また、今日から修行です!
 
image

 

これは、私の師が書いた多くの著書です。人に貸していてこの写真にはありませんが、「叱らず、問いかける」という本が私は大好きです。お時間のある時に、ぜひ一度手に取ってみてください。サッカーに限らず、子育てにも役立ちます。私は支援学校の子どもたちとの関りに悩む時期にも勉強になりました。

[大会名]TM
[場   所]りんくう防災拠点
[結  果]
15分H

ゼッセル泉南U12  3-2  ジョイナスFC
ゼッセル泉南U12  8-4   S-ACT


[コメント]
2試合目は1試合目にくらべ、ファーストプレスに対し後ろの守備が少し対応出来ていたため、ボールをとる機会が増えていました。
DFの2枚のギャップに相手FWがいる時お互いに譲り合いをしているため、この部分でのコミュニケーションが足りないと感じました。
また、少し連続したプレーも出てきていましたがまだまだ練習が必要だと感じました。
運動量に関しても2試合目のほうが上がっていました。(城下)


雨風が強い中、来ていただきましたチーム関係者の皆様、ありがとうございました。
こういう、良い状況ではないピッチコンディションでも順応できるよう、学んでいきましょう。
また、観る、観ておくの部分は状況判断するためには重要です。
見た、見えた。ではなく、観る、観ておく。
普段のトレーニングからです。
頑張っていきましょう!(梶)

※雨が強かったので写真取れずでした。申し訳ありません。