政府による緊急事態宣言のい発令について

 

当接骨院は、現時点では自粛要請などには含まれておりませんので通常通り施療しております。

 

引き続き、院内消毒・術者の手指の消毒・マスクの着用

 

患者様には待合室にて手指の消毒・マスク着用ご協力して頂いております。

 

また、空気を入れ換える、換気に力を入れて行なっております。

(待合室・施術室にそれぞれ換気扇あり、大きい窓合計5つあります。)

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

当院での新型コロナウイルスへの対策

 

手指のアルコール消毒の設置、ナノイー加湿・空気清浄機の設置。

術者の手指消毒・マスク着用。 患者様の手指消毒

空気の入れ換え 朝、昼、夕方、その合間の一日5回 またその都度できるときに窓を開け換気を行っています。

 

その他、衛生面で出来うることを行ってまいります。

 

当院は待合室・施術室の両側に合わせて大きめの窓が5つありますので換気には力を入れ室内空気の入れ換えを常に心がけておりま

 

 

                                            曽根接骨院

 

笠原巌 先生と 

カサハラフットケア整体スクールの浮指・外反母趾 カサハラバランステーピングの講師をしてきました。 

(1月26日)

 

ヘバーデン結節 と 外反母趾 (70代 女性)

 

 

ヘバーデン結節は、手の指の第1関節が変形し曲がってしまう

原因がまだはっきりと解明されていない疾患です。(40歳以降の女性に多い)

 

ヘバーデン結節があると外反母趾の変形も重症化する場合が多く

 

外反母趾がある方は手の指も見てヘバーデン結節があるかどうか確認する必要があります。

 

外反母趾ヘバーデン結節がある人とない人では症状や症状の進行度が違ってくるので

ひとくくりに外反母趾ということではなく区別してみていく必要があります。

 

 

お休みのお知らせ

12月31(火)~1月5(日)

とさせて頂きます。

12月30(月)は午後1時終了となります。

                          

                 曽根接骨院

 

右上腕骨近位端粉砕骨折のリハビリ(60代女性)

2019年1月初旬 前のめりに右手を着いて転倒し負傷。

本人「脱臼したかもしれない」と、右腕を左手で抱えながら当院を受診する。

問診・視診・触診・可動域検査等を行い、右肩脱臼骨折の疑いがあり整復、応急処置後、近所の整形外科を紹介する。

 

近所の整形外科で右上腕骨近位端粉砕骨折(上記写真)と判明し、手術の可能性もあるということでそこから総合病院の整形外科に転医する。

 

2019年3月 骨折から約2ヶ月後、手術はしないで済み病院から「骨が付いてきて症状が落ち着いてきたのでリハビリをしてください」と言われたとのことで

病院で定期検査を受けながら当接骨院でリハビリを開始する。

3月当初、前方挙上約30度、後方挙上約10度(上記写真)の可動域であった。

 

 

右上腕骨近位端粉砕骨折ということで、3月のリハビリ開始当初はどこまで回復するか心配をしていたが、本人の頑張りにより

リハビリ開始より約8ヶ月間の10月末日に

右肩前方挙上・後方挙上(上記写真上2枚)ともに左肩健側(上記写真下2枚)と同程度までに回復し施術、リハビリ終了となる。

 

 

 

 

子供の浮き指・外反母趾  (9歳女子)

親指が外側に向き、上に反り浮き指・外反母趾になってきている。

 

テーピングを行い、足指を正しい位置に戻し足のアーチを整えます。

 

 

外反母趾  (6歳 女子)

親指の付け根が出っぱりつつあり、足指の隙間がなくなっている。

 

テーピングを行う。足指が正しい位置に戻り隙間もあく。

 

(効果には個人差があります。)

浮き指 症例 画像

 

 

 

 

 

 

 

テーピング

 

 

 

60代女性

「長年浮き指と外反母趾による足の痛みに悩んでいました。

しまいには歩くのも大変になり家に引きこもるようになりました。

テーピングをしてもらい足指を整え、足指機能のリハビリ・正しい歩き方

を教わった結果、3週間で少しづつ痛みが改善され二か月半たった今では、

久しぶりに娘と銀座に出かけおいしいものを食べに行けました。

足の痛みで悩んでたのが嘘のようでとても嬉しいです。

これからも足の予防を続けていきたいと思います。」

 

(効果には個人差があります。)