企業研修がドンドン受注できる方法を知りたくありませんか?
image
実は、国の”ある制度”を活用して、企業研修を受注する方法があります。

ご興味ある方は、ぜひ、最後までお読みください。
********************
はじめまして、企業研修開拓サポーターの大塚訓(オオツカサトシ)と申します。

私は、中小企業に企業研修を提供したいコンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師などの方に、
受注率がアップし、そして企業から喜ばれる”ある制度”を活用した企業研修の獲得・提案方法を案内しております。

例えば、このような事例があります。
○中堅社員研修○
入社5年~10年目の社員7名への研修で、研修費用は「60万円」です。
企業は国から「85万円」を受け取ることが出来ました。

〇新入社員研修○
某IT企業の5名の新入社員研修で、研修費用は「90万円」です。
企業は国から「64万円2千円」を受け取ることが出来ました。

つまり、企業は研修をすればするほど、国からお金を受け取ることができるのです。

社員教育もできてお金がもらえるなら、中小企業の社長さんはドンドンと研修を実施してくれます。
ですので、この制度を活用することで、あなたの企業研修がものすごく売りやすくなるというわけです。

では、この”ある制度”とは何でしょうか?
もうお分かりの方もいるかと思いますが、ズバリ、「助成金」です。

この助成金を活用することで、概ね研修コストを半額にすることができます。

しかも、手続きはそれほど難しくありません。

研修と助成金をセットで提案すれば、各段に受注確率が高まります!

ただし、研修講師側には受注する上で、必ず知っておくべき「いくつかのポイントが」あります。
これらを押さえずに、失敗するケースをこれまでたくさん見聞きしてきました。

そこで、今回特別に情報を公開するセミナーを開催しております。

このお話をすると、研修をされている 多くの方が興味を持たれます。

ただ、私は「社労士」として本業の活動をしております。

お伝えできる人数に限りがありますので、各回先着5名様限定とさせていただきます。

研修コンテンツはあるけれど、助成金を絡めて研修をどのように実施すれば良いのか?

詳しく知りたいという方は、今すぐにお申しみください。

https://ex-pa.jp/item/23367

 

 

助成金を活用した研修メニューの作り方がたった2時間で分かります。