デンヨー溶接機の修理

 

この機械、エンジンが掛からなくなって入庫しました。

スターターは回るけど始動しない。

 

その前はエンジンがかかってもすぐに止まってしまうという症状があったとのこと。

いろいろいじったけどダメだから1年ほったらかしにしたらしい。

 

まず点検するとエンジンストップソレノイドに関わるヒューズが切れていたのでとりあえず交換。

とりあえずエンジンはかかるようになったけど5秒ほどで止まってしまう。

でも時々、正常に動く。

 

うーん。

 

観察するとチャージランプが点灯している時にはエンジンが止まる。

チャージランプが消えるとエンジンは正常に動く。

試しに他の機械のダイナモを取り付けると正常に動作することがわかりました。

 

 

リビルトのダイナモを取り寄せて交換。

正常に動くようになりました。

ヒューズも飛んでない。

おそらくヒューズはお客様があれこれいじった時に飛ばしたんだと思います。

 

 

電圧をチェックしてレギュレータが大丈夫なことも確認。

この溶接機の修理はこれにて完了。

今日からお客様の現場で再び活躍してもらいます。

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

http://ameblo.jp/s-nouki/

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

造園業社さまで使っているハンマー式粉砕機のメンテナンスをしています。

 

カルイのチプスターKSC1300です。

最大で約13センチの木材を粉砕できるタフなモデルです。

 

・足回り(車軸の付け根)の油漏れ修理

・ベルト交換

・チェーン、スプロケット交換

・サイドクラッチワイヤー交換

・ゴムクローラ1本交換

・消耗したフリーハンマー(刃)の交換

 

その他、気になるところを整備していきます。

 

 

まずは足回りです。

 

駆動軸ケースの根本のネジが緩み、シールパッキンが剥がれたことで

ギヤケース内のオイルが漏れるようになりました。

 

液体パッキンを使っているのでシールのやり直しが必要です。

分解してパッキンを塗り直してから再び組み付ける修理をします。

 

 

チェーンが全体的に緩んでいます。

 

調整ボルトを緩めることで、張り調整できますが緩みが大きく

磨耗したスプロケットもあります。この際なので交換します。

 

 

ベルトが硬くなっていて亀裂もあるため交換します。

エンジンからのパワーを効率よく伝達するために重要な部品です。

 

 

これがハンマー(刃)です。

 

裏表の入れ替えでまだ使える刃は入れ替えをして、

破損が著しいものは交換します。

 

その他にも全体的に緩みがあるボルトがあるので増し締めをして、

必要な部分は調整していきます。

 

この機種はエンジン出力が13馬力もあるのでとてもパワフルです。

木材パレットや梱包用の木枠も釘付きのまま粉砕できます。

※釘やネジは直径3ミリ程度までです。

 

150万くらいする高価な機械ですが高耐久、高性能で頼もしいやつです。

 

カルイの粉砕機(チプスター)の整備メンテナンスなら

私たちにお任せください。

 

静岡農機情報センター

中村真也

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

EE3Dの部品が揃ったので順番に交換していきます。

 

・1番ラセン縦

・1番うけつぎ羽

・網枠(こぎ胴下の網)

・こぎ刃

・vベルト

・ラセンのベアリング

 

その他にも、点検中に気がついた刈刃の隙間調整、搬送チェンの張調整などのメンテナンスしていきます。

 

 

まずはラセン。新品と600時間過ぎたもの2本を並べると明らかに減っていることがわかります。よく今まで使ってこれたと思うくらいの摩耗です。籾の最後の出口なので、ここで詰まるとコンバインの中で行き場を失った籾が溢れかえります。ラセンの筒の中で餅のように固まってしまうと最悪、、修理にとんでもなく手間がかかるので本来であればもっと早い時期での交換が必要です。

 

 

アップウファンは代替え部品でメーカー供給可能でした。軸をみると明らかに新品との違いがわかります。色も変わっています。これで適切な送風ができます。コンバインの中は風の流れがとても重要で、振動と風で籾と藁クズの選別をしています。

 

 

うけつぎ羽も大切で、横のラセンから縦のラセンへと籾を送るという重要な役割をしています。籾のバトンタッチをしています。

 

 

2番ラセンの上の隙間に絡まってしまったワラです。これがベアリングを痛めてしまいます。今回はベアリングが焼き付いて固くなっていました。新品に交換しました。

 

 

これは、こぎ刃です。EE3は全部で7枚ついています。上が磨耗した古いもの、下が今回交換した新品の刃です。明らかに鋭さの違いがわかりますね。

 

コンバインは1つ1つの部品の全てがベストな状態でいることが大切。全ての部品のバランスで機能しています。どこか調子が悪かったり壊れると途端に稲刈りができなくなります。格納時や使う前の点検がとても大切な機械です。

 

静岡農機情報センター

中村真也

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

→ http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

 

ヤンマーコンバインEE3の修理

 

こぎ胴の下の網に穴が開いてベルトが動かなくなった、という故障で修理入庫したヤンマーのコンバインEE3です。時間数は600時間を超えていてクローラー、カッター、ベルトなどシーズンごと順番に消耗部品を交換してきましたが、今回はいっきにあちこち壊れてしまった様子。代替えのコンバインも見つからず、修理して今シーズンを乗り切ることにしました。

 

 

点検していくと1番と2番のラセンの動きが重たいことがわかりました。まずはできる限り籾を機械から取り出してベルトを外し、それぞれのラセンを手で回してみます。すると2番ラセンの動きが異常に重たい。2番のケースを分解してみるとラセン の上側に稲藁が固く絡みついていて、さらにはベアリングが固着していることがわかりました。

 

 

1番ラセンも細くなっていて籾の上がりが悪かったことも想像できます。以前からラセンが心配だよということをお客様には伝えていて、これまでだましだましゆっくり刈っていたいたのですが、いよいよ各部の弱いところが悲鳴を上げたようです。

 

 

脱穀部の中に風を送るアップウファンも軸穴がガタガタになっていて交換が必要な状態でした。もちろん網枠も交換が必要です。幸いにして全ての部品がメーカー在庫でありました。

 

修理の様子は次回。

 

 

静岡農機情報センター

中村真也

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

→ http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

 

今日は中古トラクターの納車整備

お客さま、緑肥をすき込むために
お盆前に使いたいとのこと。

本日部品が揃うので、できるところから
急ピッチでメンテナンスしています。

オイルやフィルターなどの消耗品を
一通り交換して、ロータリーの
オイルシールとベアリングを交換。

明日中に終わらせる予定です。

 

トラクターの整備メンテナンスなら

私たちにお任せください。

 

静岡農機情報センター

中村

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)