こんにちは。

藤枝市の農機具専門店「静岡農機情報センター」の中村です。

 

クボタのコンバインARN211の納品整備をしています。

使用時間は198時間。

 

今回は、整備している時に見つかった、不具合のある箇所(整備の必要な所)を幾つか紹介したいと思います。

 

クボタのARN211の場合、200時間と250時間で各ベルトの交換をします。使用条件にもよりますが、おおよそ200時間で、どのベルトも磨耗や亀裂、めくれなどが発生しています。刈り取り部を駆動するベルトはAタイプの細いベルトを使っているので特に注意して点検、状態に応じて交換が必要です。

 

 

中古のコンバインを購入する時にはベルトの点検、交換をしてあるかどうかの確認が重要です。農機具専門店できちんと点検整備されているコンバインであれば安心ですが、最近はオークションなどの個人間売買で購入した現状渡しのコンバインのトラブルが多いです。

 

コンバインは表面上は綺麗だとしても内部は分解点検しなければ状態がわかりません。200時間を超えていればベルトの交換はもちろんですが、オイル関係、フィルター関係、刈刃、こぎ刃、ストローカッターなどの交換も必要になります。

 

 

コンバインの整備が他の農機具にくらべてお金がかかるのは、交換する部品の点数が多いのもそうですが、一通り点検整備するために各部を分解して組み立てるのに時間がかかるからです。シーズンあたりの使用時間が少ないコンバインでしたら毎年点検する必要はありませんが、2年に1度は点検整備するのをお勧めします。

 

 

刈り取りしている最中に無理をしてベルトが焼けていたり、刃が欠けていたり、ネズミが入って配線やゴムの部品をかじっていたり、布切れやビニール、段ボールなどのゴミが螺旋の中に入っていたりすることもあるからです。

 

静岡農機情報センター

中村真也

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

→ http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

 

 

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

お米の乾燥機の解体処分なら藤枝市の農機具店「静岡農機情報センター」

 

こんにちは。

藤枝市の農機具店「静岡農機情報センター」の中村です。

 

今回、地元(藤枝市内)のお客様より「コンバインと乾燥機を処分したい」とご依頼があり作業することになりました。まずは、エンジンが掛かり自走できるコンバインを搬出します。次に乾燥機の解体をします。

 

 

今回の乾燥機は14石タイプで高さがあります。解体をしなければ倉庫から出すことができません。まずは昇降機を外し、次に上から順番に解体していきます。お米の乾燥機なので、解体していると籾や枝などの残りが粉塵になって舞います。皮膚につくと痒くなるので、マスクをして長袖を着て作業します。

 

 

14石くらいであれば、半日ほどで解体して搬出できる大きさになります。トラックを倉庫に横付けして、パネルはトラックに手で積み、下側の大きな乾燥ユニットはクレーンで吊り上げてトラックの荷台に積み込みします。

 

乾燥機の解体処分は、大きさや設置場所の状況によって料金が変わります。

お見積りいたしますので、ご依頼やご相談はお気軽にお電話ください。

 

=======================

電話:054−645−4502

営業時間:9時から17時

定休日:日曜・祝日

=======================

 

静岡農機情報センター

中村真也

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

 

 

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

今日は、プレハブ冷蔵庫の解体と撤去作業でした。

 

1坪タイプです。

 

古民家の中での作業でした。

 

この冷蔵庫を処分したら、リノベーションして

人が住めるようにするそうです。

 

プレハブ型は、現地で組み立てて設置する型の冷蔵庫なので、

普通の人では解体できません。

 

家庭用のように、家電販売店や回収業者に

お願いすることもできません。

 

そこで、私たちプロの登場です。

 

 

プレハブ型の場合、長年稼働しているものが多いので、

よくネジやボルトが錆びて腐っています。

 

でも大丈夫。

 

長年の知恵と適切な道具を使いバシバシ分解していきます。

 

解体したパネルは、建物を傷つけないように慎重に運び出しをして、

処分業者行き。

 

 

最後はきれいに掃除して作業は無事に終了!

 

ネズミの糞がすごかったー

 

プレハブ冷蔵庫の解体、撤去、処分なら

私たちにお任せください。

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp 

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)

 

 

田んぼの準備がはじまりました。
 
今もこの記事を書いている最中に、
 
「トラクターのエンジンをかけたら、
カタカタ音がするから見て欲しいです」
 
と電話がありました。
 
ニュースでは、連日コロナで
落ちつかない日々を過ごしていますが、
 
春は待ってくれない。
 
農機具屋はいつもとかわらず、
毎日、修理をしています。
 
本日は、ヤンマーの耕耘機
DK8 の納品があります。
 
富士宮市にお住いの、ご新規のお客様に
ご購入いただきました。
 
田んぼが深いから大きな車輪を付けたい、
というご要望があり、水田車輪をセットで
付けることになりました。
 
そして、安心してお使いいただけるように、
以下の消耗品を交換、整備しました。
 
・エンジンオイル交換
・ギヤオイル交換
・キャブレターオーバーホール
・ニードルバルブASSY交換
・Vベルト
・ロータリー爪軸オイルシール
・エアクリーナ
・スパークプラグ

 


 
中古は現状渡しで販売するお店が
多いのですが、当店ではオリジナルの
中古保証をおつけしての販売になります。
 
保証期間中に故障が起きたときには、
無償で対応しますのでご安心ください。
 
もちろん、保証が終わった後も、
整備メンテナンスは農機具のプロの
私たちにお任せください!
 
中村真也
 
------------------------------------------
農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店
株式会社静岡農機情報センター
住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1
TEL:054-645-4502 
営業時間:9時から17時 定休日:日・祝
 
農機具の買取り依頼はこちら:
https://noukikaitori.com
 
WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp
 
ブログで修理の様子などを発信しています!
→ http://ameblo.jp/s-nouki/
 
Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/
 
メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 
(***を@に変換してください)

 

こんにちは!

藤枝市の農機具店「静岡農機情報センター」の中村です。

 

「社長、今どこにいる?!ユンボのキャタピラが外れたから来てくんないかなー?」

 

とお客様から電話がありました。声からして緊急の様子でしたので、状況を伺うと、道路で外れてしまったとのこと。幸いにして車通りの少ない道でしたので、そのまま置いておいてもらい、道具を積んでユニック車で出張修理に出かけました。

 

あと少しで仕事が終わるから、とりあえずキャタをはめて最後まで仕事をしてから、後日、修理することにしました。

 

 

アイドラにガタがあるので、まずはキャタピラを外して、フロントアイドラASSYを取り外します。ケースの下の部分をぶつけて凹んでいたので、少々荒療治ですが酸素で炙って曲げ直してからアイドラを取り出しました。

 

 

これが取り出したアイドラ。泥とサビで汚れています。ベアリングがガタガタです。

 

アイドラを分解するとベアリングの玉が飛んでいました。

 

ピンもご覧のとおり。オイルシールもボロボロです。

 

これが分解したアイドラASSY部品一式です。

 

 

念のため、反対側のキャタピラも外してアイドラの状態を確認します。片側がダメになっていると、もう片側も同じようにガタがあることがあります。このユンボについては、反対側のアイドラはスムーズに動き、ガタもありませんでした。

 

このユンボは、事前にアイドラにガタがあることがわかっていて、仕事が空き次第修理をする予定でした。しかし、その前に現場でキャタが外れてしまいました。事前に、ヤンマーから部品図を取り寄せて、部品の在庫状況も確認してあったので、注文だけして部品待ちになりました。

 

次回に続く。

 

中村真也

 

------------------------------------------

農業機械整備1級技能士がいる藤枝市の農機具専門店

株式会社静岡農機情報センター

住所:426-0011 静岡県藤枝市平島1222-1

TEL:054-645-4502 

営業時間:9時から17時 定休日:日・祝

 

農機具の買取り依頼はこちら:

https://noukikaitori.com

 

WEBサイトはこちら:http://s-nouki.jp

 

ブログで修理の様子などを発信しています!

→ http://ameblo.jp/s-nouki/ 

 

Facebookはこちら:https://www.facebook.com/shizuokanouki/

 

メールはこちら:nakamura***s-nouki.jp 

(***を@に変換してください)