光庵の明日は泡のその向こう

光庵の明日は泡のその向こう

ビールの中にポッカリ浮かぶ脳でタラタラと書きました。

治療室の、ベランダで大振りな植木に、久しぶりに脚長蜂が巣を作り始めた。

何年か前の台風で、鉢ごとひっくり返り巣も壊れてしまってからは、来なくなっていた。

そもそも、この蜂はスズメバチ科に属してはいるが、性格はおとなしく、害虫も取ってくれるのでいたずらに、恐れなくてもいいのである。

 

今年になり、「アア-ここだった。」と思い出したのだろうか。

いつも、巣には何匹か張りついていて、ちょとずつ地味〜に作っている。

あまりに地味ゆえ、大きくなっているのかよく分からない。

のんびりフワフワと飛ぶのと同じで巣作りもこうだ

 

何気にガンバッテいるのが良いですね。