故郷はよいですなあ(*^▽^*)

テーマ:

みなさまごきげんよう。

しのはら歯科スタッフの神田でございます。

新年に入っても、やはり時が経つのは早いですね(私だけではないはず!)

気がつけば、半月経過、そして今日は成人式。

昨年は、悲しい事件がありましたが、それにならい、祖母や母の振袖をリメイクして着用する成人女子が多いとのこと。

昔の着物は手が込んでいてい、値段もスーパーお高いものが多いから、お家で眠らせているくらいならば、着てあげたほうが絶対によいですよね。

私の振袖は、一応、兄一家に引き取ってもらいましたが、姪っ子が着てくるのかどうかは10年後に判明することでしょう。渋い中に華やかさもあるなかなか個性的な柄なので、着てもらえたら叔母としては嬉しいです(無理強いはしないよー)

そんな私は、ハッピーマンデー多すぎて、年末年始出勤日が少ないので、どんどんレアキャラとしての地位を不動のものにしいる気がします((笑)

今回は、そんな自分のルーツを探るべく衛生士の篠原が『我が故郷よ♪』

をお送りいたします(*'▽')

 

明けましておめでとうございます。衛生士の篠原です。皆さまはどのような年末年始をお過ごしになりましたか?私は子供達と主人の実家、自分の実家を2泊ずつしてきました。私の実家は江戸川区の小岩です。東京23区、西の練馬区と東の江戸川区は端同士なので、皆さまにはほとんど馴染みがないと思いますが、小岩でオススメの場所を紹介したいと思います。まずは、横綱「稀勢の里」が所属している田子の浦部屋があります。一時期は沢山の人が訪れていたようです。小岩駅には小岩出身の横綱「栃錦」の銅像もあります。待ち合わせ場所になっていて、お尻をさすると縁起いいといわれています。両国が近いこともあり、子供の頃からお相撲さんを見る機会が多く、大きな体で自転車に乗っている姿を見て、自転車壊れないのかなぁ〜といつも思っていました。江戸川沿いにある「善養寺」も有名で、境内に生育する「影向の松」は樹齢600年以上、繁茂面積は日本一といわれているクロマツで、国の天然記念物に指定を受けたほどの立派な大樹です。このお寺は子供の頃の遊び場でした。小岩ではないですが、お隣の葛飾区には男はつらいよ、で有名な「柴又帝釈天」や、細川たかしさんの歌謡曲「矢切の渡し」、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台になった亀有駅などなどありますので、機会がありましたら、訪ねてみてくださいね。本年も皆様の健口のお手伝いをしたいと思います。どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。