柳奨のススメ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今日の書「吾唯知足」

今日の書

 

「吾唯知足」

われただたるをしる

 

 

この言葉は、禅語で、

石庭で知られる

京都、竜安寺のつくばいにも

彫ってある有名なお言葉。

 

 

 

 

 

意味は

知足→足りている事を知る。

自分の分相応をしる。

(老子様のお言葉にもあります)

今を満足と思い、

不満を抱かない事など。

 

こうした意味を考えながら

書を書いてみました。

 

 

 

 

 

 

簡単な言葉の様ですが、

非常に難しいです。

人間の欲は、果てしなく

次から次へと沸いて来るので

満足する事を知らなければ、

いつまでも不満の人生を

おくる事になりますね。

 

満足することをしっていれば、

貧しくとも心豊かで

満足を知らないと、

お金持ちでも心が貧しい

という事にもなります。

 

欲望のリミッター

様な感じでしょうか。

満足を知る事で

日常でも、

もうこれだけしかないと思わず

まだこんなにあると思える様に

心がけたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父の日の書「報恩謝徳」

今日は父の日ですね。

そこで今日の書は

 

「報恩謝徳」

ほうおんしゃとく

 

恩に報い徳に謝す

意味は、

これまで受けた恩や恵みに対して

報いようと、感謝の気持ちを

もつこと。

 

 

 

 

私は、

育ててくれた亡き父親と

芸術の世界へ導いてくれた亡き師匠に

感謝の言葉しかありません。

 

 

二人の父から受けた恩は、

これからも

世の中の一人でも多くの人に

芸術で感動と人間の可能性を

伝えて、返していきたいと

思います。

 

 

 

 

 

今日の書「水滴穿石」

今日の書


「水滴穿石」

 

みずしたたりていしをうがつ

 

 

梅雨に入って、雨が続いています。
湿度75%でかなり蒸し暑い。
そんな中、雨音を聞きながら、
書いてみました。

 

 

軒から滴る水が絶えず同じ所に
落ち続けると強硬な石でも穴を
開けてしまう。

 

 

 

わずかな力とて根気よく続ければ

いずれ積み重なって、大きな力となり
目標を達成できるという意味。

 

日々の努力を大事にしたいと
思う今日この頃でした。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>