※写真は、アルフレッド・アドラー。



2021123日、寒気が東日本にも停滞し、今日から明日にかけて氷雨が降るようだ。



窓から外界を見渡す限りでは、

雨が降ったり止んだりしている。



本日は奇しくも、7年前に某院へ入院を

した日である事を、自身のブログプロフィールより知った。



特に何処にも出かける予定はないため、

ずっと気になっていた本の感想記事を、

記そうと思う。




ブログタイトルである

【嫌われる勇気】という著書との出逢いは、7年前に遡る。



当時、急性骨髄性白血病(M4)に罹患し、

入退院を繰り返していた頃、高校時代から

の親友からお見舞品として贈っていただいたものだった。



お見舞品として数ある書籍のひとつで、

「あなたにも読んでほしいから」と、

わたしにバトンが渡された、

想い出のあるものでもあった。



あの頃、たくさんの書籍をお見舞いに

いただいたのだが、物語を紡ぐ作家の

ものよりも、啓発書、体験談やエッセー

なるものを好んで読んでいた。



昔からの読書傾向は、病人になっても

変わらないものだ。




当時もベストセラーになっていて、

いまだ売れ続けている名著である事は、

薄々は知っていた。



しかし、何故か触手が延びず、

昨年の5月頃まで書籍の表紙が

開かれる事は無かった。




6年間温めた書籍を読み出すきっかけと

なったのは、

第一回めの緊急事態宣言が

発令され、おうち時間が長くなり、

暇つぶしのひとつとして、

読み始めた。



それに、渡されたバトンをこのまま

落としてはいけない、という気持ちや、

このまま読まないで放棄する、後ろめたさ

も抱えていたので、

このままに決着をつける時だ、

と強く想い、

表紙を捲った。。。





哲人と学生との問答形式で、

アルフレッド・アドラーの

個人心理学【アドラー心理学】への

アプローチについて、

さらには、その心理学をどのように

人生や実生活に落とし込んでいけるのか、

という話しが、双方納得がいくまで、

繰り広げられていく。



わたしがこの著書から読み取った

エッセンスは、下記の通り。



アドラー心理学の基本思想について


「全ての悩みは、

対人関係(わたしと【あなた】との)

の悩みだ」


本当の自由とは、嫌われる事を怖れず、

人付き合いをすること。

わたしと【あなた】の《課題の分離》を

すべき。

わたしの課題なのか?

あなたの課題なのか?

をしっかり見極めて、課題や問題の向き合い方を双方が意識すべき。

突き詰めていけば、わたしの課題や問題で

無い【あなた】の課題や問題には、

介入しない方がいいし、介入出来ない。


よって、わたしの場合も同じ論理が適用されて、わたしと【あなた】との人間関係の形を保つ事が出来る。

時間やさまざまな状況、

環境の変化で、

人は容易に変わる。


哀しいくらい、変わる。


しかし、わたしも変わる。

そして、あなたも変わる。


いつの時も、わたしにとって

必要な人しか残らない。


必要で無い人は、去っていく。


さよならだけが人生だ、という

フレーズは、真理。

《課題の分離は、人間関係の出発点》

《共同体感覚=幸福なる対人関係を考える、

最も重要な指標》

あなたは共同体の一部であって、

世界の中心ではない。


「この人はわたしに何を与えてくれるのか?」

ではなく、

「わたしはこの人に何を与えられるのか?」

を考えなければならない。


何かを与えて、自らの居場所を獲得していく。

《より大きな共同体の声を聴け》

という原則に従う。

《横の関係》について、

褒めても叱ってもいけない。

横の関係に基づく援助のことを、アドラー

心理学では「勇気づけ」と呼ぶ。



わたしの感想としては、


わたしと【あなた】の

《課題の分離》をし、

お互いを幸せに導くための、

気遣いや言葉掛けが必要である。


それは時に、相手には辛く厳しくて、

心が痛くなる気遣いや言葉掛けになる事も、あるかもしれない。


それもやさしさのひとつであり、

敢えて(嫌われる勇気)を持って

アプローチをする事が、

ゆくゆくわたしも【あなた】も、

互いが幸せになるきっかけと

なっていくのだ、


と。



《共同体感覚》とは、衣食住に

直接的、間接的に関わる人人をも想像し、

想いを馳せ、感謝し、幸福を願う事だ。


世界は繋がっている。


独りではない、


と。



互いに良好な距離感を保ちながら、

誰しも、一人でも、独りでも、

生きられないのだから、

わたしや【あなた】の人生に関わる人人

を愛し、敬う気持ちを根底に持ちなさい、



と。




この著書を読み進めれば、進めるほど、

現在のわたしの心理と同調しているかの

如く、言葉が脳や心にスッと沁み込まれて

いくのがわかった。



わたしも若い時分、人間関係には

思い悩んだ。



お節介過ぎる自分に、

又、相手からの

わたしへの、望まないリアクションに

勝手に苦しんだ。



親友に相談した事がある。



どうして人間関係が上手くいかないのか?



と。



彼女はこう答えた。


「あなたは、相手に期待をし過ぎなんだよ。

だから、自分が望まないリアクションが来たら傷つくんだよ。わたしは、相手に期待しないから、良き悪しきのどちらのケースに転んだとしても、ダメージは受けないよ。」



彼女のひとことで、目の前が開けた感覚に

包まれたのを、今でも鮮明に覚えている。




期待しない、というと、

ネガティブなイメージを持たれる

かもしれない。



ひとりよがりな嫌な感じを受ける人も

居るだろう。



しかし、わたしには妙にしっくりきたのだ。



パズルのピースが嵌まった時のように。



期待しない事も、相手を信頼する事の

ひとつである事なのだと、

しれたからだ。





数日前、長らくブログで繋がっていた方の

自殺予告めいたブログを読んでしまった。



彼女がめいっぱい苦しんだのは、

ブログの端々からも、わかる。



けれど、自殺だけはしてほしくなかった。



何故ならば、生きたくても生きられない

人人が、数多居るのだから。



残念で仕方ない。



実際の顛末は直接の友人では無いので、

真偽はわからない。



しかし、もしそれが本当に起きてしまって

いたならば、


謹んで御冥福をお祈り致します。



来世では、幸福に包まれた人生で

ありますように。



急性骨髄性白血病とわたし〜new lifestyle〜 - にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログへ
















※写真は、マスクをした食パン。時代の象徴がデザインされている。





2020125日、今年もあと26日で、

新しい年を迎える。


2020年のわたしを総括してみたいと思う。



20201月、待ちに待った、念願の

【完全寛解】という称号を得て、

社会復帰も叶い、引き続き、

日々を懸命に生きていた。


仕事は業種違えど、基本は同じだったため、先方により対応違えど、慣れるのには時間がかからなかった。


このころから、世界中に不穏な病魔が、

明確に蔓延し出す。


Covid-19と呼ばれた、俗に言う

《コロナウィルス》の世界的パンデミックが、顕著に現出し出した頃だった。



わたし自身は、免疫障害経験者として、

自身の体を守るための、手洗い、

うがいの励行、マスク着用は、

徹底して行なってきたため、

違和感無く、日々を暮らした。



仕事面での変化については、

下記の通りだった。



3月には、チームを2つに分けて出社を

するようになった。


政府や都庁からのテレワーク要請が

強く指示され、会社はそれに従ずる。


このころから、体調の変化を会社に

メールにて監視され始める。


4月は半ば頃から、自宅待機を

命じられて、ノートPCが自宅に

送付され、貸与される迄の間、

ただただ自宅待機をした。


5月の上旬に、やっとPCが到着し、

テレワークが開始された。

遠隔指示による作業は、とても面倒で、

PC内だけで完結させるために、

ミスの無いように細心の注意を

払った。


普段ならば手順書をプリントアウトし

作業できるのだが、コピー機が使えないため、前記のような手順で仕事をしなければ

ならなかった。


6月も自宅にて、テレワークを行い、

日々が過ぎて行った。

通勤時間の無い生活に、

喜びを感じていた。


7月中旬頃に、第一波が収まり、

通勤が再開された。新たにチーム分け

されたメンバーは、別フロアに移動し、

残されたメンバーに対しては、

飛沫感染対策の一環で、

机上の境目にはクリアボードが、

設置された。


8月の暑い盛りに第二波があっても、

9月の涼しい風に吹かれながらも、

通勤は、普段通りになっていった。


この頃から、フロア扉前に、

カメラスクリーンによる体温計測器が

設置され、毎朝出勤時には、

画面に顔をかざすようになった。


10月から12月にかけて、

第三波が押し寄せて、

ここ1ヶ月くらいの間で、

東京都内では連日、500人超の

コロナ罹患者数が報道され、

全国的にも12000人超の方々が、

罹患する毎日だ。




さて、そもそもコロナウィルスとは、

発生地が中国・武漢であり、

それは猛禽類由来のウィルス

と言われ、一年前は、ワクチン開発も

難しい、と伝えられた。


一年後の今は、製薬会社が挙って

ワクチン開発に乗り出し、

世界シェアの利権争いが

勃発し始めている。


世界は病人や負傷者を作り出し、

その犠牲により、利益を得る者が

たくさんいるという、事実がある。


その最たるものが、

戦争で、コロナウィルスの発生も、

以前は細菌兵器を中国が世界中に

ばら撒いた、という言説もあった

ほどだ。



真実なんてわかりようもないが、

今回の一件でわたしは、

自身の生命を守るのは、

紛れもなく自分自身しか居ない事を、

より深く肝に銘じた。



究極のところ、誰も助けられないし、

誰も気にも止めない。



言行の責任は、紛れもなく自分自身

にある。



自分の生命が消える事には過剰に

敏感だが、他者の生命が消える事には

寄り添えても、本体では無いから、

真に理解は出来る筈が無い。



つまり、自分自身の健康も財産も、

守れるのは自分自身だけだ。



冷たい人間、、、だと勘違いされるかも

しれないが、それが人間の本質であり、

人間も動物の一種なのだから、

動物的自己防衛本能は僅かながら

備わっている。


いつの世も、《弱肉強食の世界》である。


それだけで終わらないのが理性を持つ

人間という動物の、優れたところでも

ある。


人生を豊かにする、【やさしさ】と

【ユーモア】は、わたしには欠かせない

エッセンスであり、いつでもそれを

持ち続けたいと思ってもいる。



難しく、自分に負けて、怠惰になり、

そのエッセンスから程遠い自分である

時もあるけれど、忘れないで、それを

意識し、行動することから逃げないように

したい。


こうやって、自分らしく人生を終えたい。


そして今年も、そんな一年が過ぎようと

している。




健康面、生活面については、次の通りだ。


4月から5月初旬にかけて、

自宅待機を命じられていたため、

特にやる事がなかった。


一念発起し、部屋中の至るところの

掃除に取り掛かった。


思えば、アレルギー検査をした際に、

アレルギー反応が高く出た、

ハウスダストとダニの項目を思い出し、

撲滅しよう!と奮起した。


一ヶ月近くかけて、リビング、キッチン、

ダイニング、クローゼット、

壁、フローリング、窓ガラスとその桟、

ベランダ、洗面所、トイレ、寝室、、、と

部屋中をしらみつぶしに

掃除を敢行。


そのため、窓ガラスそうじ用の

バケツや水切りワイプ、

ダニ掃除機を購入。


普段使いの掃除機も買い替えた。


掃除後、ベッドとソファには

ダニ除去センサーも取り付けた。


すると、例年喉風邪を引いていた

夏場にも全く引かず、快適な一年を

過ごせた。


溜まりに溜まった埃や塵は、

隅々まで取り除き、

ベランダにはエアコン室外機用のカバーを

取り付け、そこが小さな休憩場になった。


春先には、そこで生暖かい風に吹かれ、

ひとり静かにカフェ・オ・レを楽しんだ。


ここ数年で部屋に溜まった塵芥を

取り除けた時間は、今年ならではの

イベントでもあった。


人間関係の変化もコロナ渦中には、

あった。


長年仲良くしていた友人とも袂を分かち、

中、高時代の友人と何十年ぶりに再会して、

酒を飲み交わしたりと、予測不可能な事態が

起きたのも、今年だからな気がしてならない。


わたしの星の巡りとわたしの周囲の方々の

星の巡りが、未曾有のこの時により動かされて、出逢いと別離があったようにも思える。



時代も変わる。


環境も変わる。


人も変わる。


自分も変わる。


全ての変化を受け容れながら、


生命ある限り、適応しながら、


変わりながら、

変わらなきものもありながら、


これからも生きていく。


生きられる喜びを噛み締めながら。



藤井 風【帰ろう】



※写真は、二重の虹の橋。


202087日、完全寛解報告から

初めてのブログを記す。



2020年という年は、未曾有の年だ。



コロナウィルスの世界的蔓延による

新しい生活様式の下、多方に渡り、

窮屈な想いを誰もが強いられている。


日本では、念願だった二度目の五輪開催の

延期を余儀なくされ、コロナ罹患により、

亡くなられた方が沢山になり、現在もその

数は増える一方。


マスクの着用は殆ど義務になり、

着用していない人を見ると嫌悪すら  

覚えるような新しい風潮が、

徐々に出来上がっていった。


この疫病は、何かの陰謀かもしれないが、

起きてしまって続いているこの世界状況から

逃避しても、何も生み出されない。


だからまた、ふと考える。


わたしが生かされている意味と、

これからのわたしの未来を。



ご存知、6年前わたしの罹患した病は、

急性骨髄性白血病、M4


免疫不全だったわたしは、

現在も誰よりも、防疫する事に

気を払い続けている。


この6年間は、夏場でもマスクの着用は

当たり前であったし、日焼けによる

皮膚へのダメージを減らすために、

長袖を着、日傘を差すのも憚らない。


掌や腕の付け根は、ベビーソープで

入念に洗い、外出から帰宅する度に

嗽をするのは、当たり前。


健常時には怠っていた手洗いや嗽も、

やらなければ自らの身体が唯々、

ダメージを負うばかりだから、

粛々と励行するしかない。


このような状況が急に身に降り掛かり、

不条理だ、と思った事もあった。


しかしその当時のわたしは、

生命を脅かす免疫不全という現実を

受け容れて、前を向き、歩んで行くしか

道はなかった。


楽を求め、彷徨い続けたわたしだったが、

着実に一日一日、一歩一歩を踏みしめて

前に進んだ。


それしか、生きる道は無かった。


本来どのような人生も、心臓の鼓動が聞こえなくなるまで、その繰り返しなのだ。


健常者であろうとも、病者であろうとも。



治療中、夜中眠れずに、

ネットに転がる欲望を貪っては、

満足した気になっていた。


免疫不全で外出出来る訳がなかったから、

ネット世界で世界中を旅してみた。


又、美味しそうな食事を供してくれる店

や料理の写真を見ながら、脳味噌で

その味や店内、サービスの雰囲気を想像し、

欲を満たした。


想像の世界は、無限に拡げる事も、

逆に縮める事も出来るから、なるべく

拡げて拡げて【想像】の風船を、

膨らませた。


風船は手離さない限り、どんどん膨らみ、

わたしもあなたも乗せて、何処にでも飛んで行ってくれる。


興味ある事、欲する事に、

躊躇わずに行動へ移すようになったのは、

これらの闘病の夜があったからだった。


前提として、風船が大きくなればなるほど、

【想像】の実現に向けて、自らの生命維持が最重要事項となる。


風船はいつしか、生命そのものを輝かす

原動力となった。



想像してみて欲しい。


静けさで埋められた夜中の、

ひんやりとした病室のベッドを。


そこで苦しみや悲しみに声を殺し、咽び泣く

病者の姿を。



そして、少しでもいいから寄り添って

あげて欲しい。


身体的な痛みや苦しみは当事者の者だが、

精神的な痛みや苦しみは、万人に、共通に

あるものだから。



理解はしなくてもいいから、感覚だけでも

寄り添って欲しい。



そんなあの日の夜を、想い出した。



想像力は、人間に授けられた聖なる力。



活かすも、殺すもあなた次第だ。



朝陽は必ず昇る。



自分を信じて、病に克つために何をすべきかを想像する。



それが、未来を開く扉となる。