弊店ラグリーリアは2021年10月 丸4周年をもって閉店し、11/1を目標にイルピノリーノ カフェ(屋号は未定)として再出発致します。

新しい村をセントラルキッチンとして、単一ブランドでの横展開を目指します。

商品のクオリティーと利益のバランスを考えたうえで最善な選択と自負しております。

商品クオリティー:
別々のブランドで各店舗で調理した場合、個々のスキルでクオリティーで変わってしまったり、店舗でのスムーズな行き来ができないためスキル指導ができない問題がありました、これを新しい村の工房をセントラルキッチンとする事でオーナーシェフの私が全ての商品のチェックが可能になり、クオリティーのバラツキ、コストコントロールを改善できます。

利益:
単一ブランドでの出展により、オペレーションのマニュアル化などが容易になり、出店スピードも早くなります。
セントラルキッチンがあることにより各店舗での厨房機器の簡略化、小スペースでの出店可能になり、出店費用、ランニングコストは大きく下がり、売上と利益のボリュームを増やしやすい形になります。

新たなビジネスモデルでの挑戦が凶とでるか吉でるか
。。。。