一昨日のブログをリブログ。
シンプルに 潔く 生きるが、僕のテーマ。

何故そう決めたのかをまとめたくなったので。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



毎日のように記事を難なく書ける時と、全く書く気になれなくて苦しい思いした時との波が激しかった時、

何故ブログを書いているのか?
ブログを書くことに意味があるのか?

そう思い始めた時が、大抵苦しくなるサインです。


この仕組みも、ある程度説明ができて、

意図・意味が明確で無ければ 相手に伝わらない
相手に認められなければ 存在してはいけない。

ということです。


僕の場合、何でもかんでも

認めてくれるくらいに頑張ってるし、
実績残してるから、この世界で生きてていいよね?

と(心で)周りに確認しながら、ビクビクしていました。



先日のブログでは、

完璧に出来なければ認められない。
認められなければ存在してはいけない。

と言いました。


完璧であろうとするが故に、慎重になって決断がなかなか出来ない。(ビクビクしている)

出来たとしても更にハードルの高い目標をすぐに掲げて休む間を作らないようにしていた。(常に頑張り続ける→頑張らないことは罪)

そのため 頭の中は常にパンク状態で、過緊張で気疲れし、筋肉を凝り固めた。


という構図を、自分で作っていたのです。



なので

キッパリと決断することで、
今までの過緊張や気疲れ、考えすぎによるエネルギーの浪費を、本来のやりたいことに注ぐために、シンプルに潔く生きると決めました。


決断するということは、
今その時の選択を一つにして、他を捨てるということ。

これがどれだけ怖いことなのか。

他を捨てるということは、今まで経験してきたことや大切にしてきた価値観を捨てることと同意だったので、自分が無くなってしまうような感覚に陥
っていました。

でも今は、

その「選択する一つ」が、
自分のやりたいことだと自覚してあるからこそ、 他を捨てることが怖くても、前に進むことができます。

結果、この選択をしてよかった!となるのです。
(プロセス内では、時折後悔とか辛さとさ苦しさとかあるにしてもですニヤリ)


そんな体感・経験を重ねていくことで、少しずつですが、

自己重要感が上がり、
自分に自信がつき、
ストレス耐性があがり、
問題や悩みに対する捉え方が緩まります。


僕がビリーフチェンジセラピーに救われたところは、

成功体験を積める状態を作ってくれたところにあります。


成功体験を積める状態とは、

①自分の今の状態(感情・気持ち・価値観・体感覚)に気づいて知ること。

②その状態の上で、自分はどうしたいのか?という本音と対峙すること。

③対峙した本音を実際に行動に移してみること

の3ステップです。


この3ステップを少しずつ繰り返していくことで、余分なものが剥がれていき、求めていた『シンプルに 潔く 生きる』モデルに近づきました。

より 『自分』に近づくために、行動する勇気を与えてくれました。



これが、僕の今までと今の生き方です。
シンプルに 潔く 生きるを、これからも実践し続けます。


...............

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

自分の伝えたい文章を、相手に伝わるように表現するのは、永遠の課題のように思えますがチュー

心理セラピストとして、僕の実体験からお伝えできることを惜しみなく発信していきます。


心理セラピスト 宇賀神 亮(うがじん りょう)