神社で開運!御朱印巡りツアーで金運&恋愛運をゲットしよう

神社で開運!御朱印巡りツアーで金運&恋愛運をゲットしよう

金運や恋愛運アップが期待できる開運神社での御朱印巡りを趣味にしています。御朱印は参拝のしるしですが、その場で手書きしてくれる御朱印には一期一会の素晴らしさを感じます♪神様ともよりご縁が深まる感じがするので、開運したい方にはオススメの趣味ですよ!


テーマ:

最近、ちょっと忙しくて神社巡りができない私。

そんな話を友人にしたら「実は、私も去年から御朱印帳デビューしたんだよね」と、武田神社の御朱印帳の画像を送ってくれました。

 


武田神社は山梨県甲府市にある武田信玄公ゆかりの神社。

私のその存在は知っていましたが、まだ参拝したことがなくて☆

黒の錦布の表紙で、表には鎧姿の信玄公、裏には富士山と軍配がデザインされています。

なんとも武田信玄らしくてカッコイイ御朱印帳ですね♪

いいな~(^^)私も武田神社に行ってみたいっ!

友人はたまたま旅行で武田神社を訪れたそうで、この黒い御朱印帳を見て一目ぼれしてしまったんでそうです。

「御朱印帳デビューするなら、これでしょ!」と閃いちゃったんだとか。

実は私の母方の祖先が、武田信玄公配下の武士だったそうで、苗字は武田ではないのですが家紋が武田菱なんですよね。

 


小さい頃から祖父に「蔵には当時の槍とか鎧が残っている」という話を聞かされてきたので、信玄公にはちょっと愛着があるんです。

母が子供の頃は、よく蔵に入って槍や鎧で兄弟たちと遊んでしまって、そのたびに祖父に雷を落とされたそうです。

そんな祖父も既に他界し、母方の実家に遊びに行くことも滅多に無くなってしまったので、ご先祖様の槍や鎧がどうなってしまったのか…。

今思えば、もっとよく見せてもらっておけば良かったなぁ…。

今でも山梨や長野辺りでは、信玄公は特別な存在なんだと思いますよ。


武田神社の御朱印帳のお値段はちょっとお高め!?


話は武田神社の御朱印帳に戻りますが、友人に聞いたところこの黒い御朱印帳は武田神社オリジナルで1冊1,700円するんだそうです。

 


ちなみに御朱印料は別です。

御朱印帳にしたら、ちょっとお高めの初穂料ですね^^;

でも、黒をベースに銀色で描かれたされた信玄公をよくみると、すごく手が込んでいるな~と思うので、少々お高くても仕方がないかなと。

私も色々な御朱印帳を手にしてきましたが、まだ黒い御朱印帳は持ったことがないので、ちょっと憧れますね♪

サイズは16㎝×11㎝。

御朱印帳袋もあるんだそうです。

御朱印帳に合わせて黒なのかと思ったら、予想を裏切る鮮やかなオレンジ色でした!

 


友人に御朱印帳袋は買わなかったの?と聞いたところ「うん。ちょっとこの色合い、ジャイアンツみたいだし^^;」と言っていました。

それにお値段が2,700円って結構、勇気のいる金額ですよね。

私は御朱印帳袋は特に持っていなくて、出掛ける時はジップロックに入れているんです。

ちょっと失礼かな~?とも思うのですが、雨の日の参拝だと御朱印帳が濡れてしまうのが心配なので、しつかり密封して持ち歩いています。

素敵な御朱印帳袋があったら買ってみようかな~と思っていますが、素敵だとお値段もそれなりにしてしまうのが問題ですね☆


武田神社の御朱印は切り絵!?二種類の信玄公がシブい!


武田神社の御朱印は全部で三種類あるそうです。

まず、一つは神社名の朱印が押されたごくごくシンプルなもの。

 


ちなみにこちらは初穂料は300円だそうです。

そして残りの二種類は信玄公が切り絵でデザインされた、かなりシブいものです。

友人がいただいたのは、信玄公の座り姿。

 


もう一種類は立ち姿です。

 


どちらも見開きの御朱印で、専用紙の左側に切り絵の武田信玄公が印刷されているんだそう。

初穂料は500円で、座り姿・立ち姿り両方をいただくこともできます。

信玄公の切り絵の御朱印は書き置きのみで、御朱印帳に書いてもらうことはできないそうです。

切り絵の下に「百鬼丸」と入っているのは、この御朱印を制作したのが切り絵作家・百鬼丸さんだから。

百鬼丸さんのサイトで武田信玄公の立ち姿の切り絵を探したら、63㎝×93㎝の作品で248,400円でしたよ!

そう考えると、500円の初穂料でこの御朱印がいただけるって結構スゴイかも。

私もいつか武田神社に参拝して、信玄公の御朱印をいただきたいな~…できれば二種類!と思いました(^^)

 

 

 

Ameba人気のブログ