氣空術

氣空術

それは心と身体で表現する芸術

数十年間にわたって、打撃系格闘技に
関わってきましたが、年齢とともに筋力を主体とした
身体操作の技術に限界と疑問を感じるようになりました。

そんなある日、畑村洋数会長が主宰する
氣空術との出会いが…!そこでの衝撃的な体験を通して、
氣空術の奥深い魅力を心と身体で実感したのです。

それは武術でありながら、まさに「身体で表現する芸術」。
氣空術と出会って三年、その素晴らしさを
発信していきたいと思っています。

2016年2月、海鳴社より本を出版しました。
「氣空の拳ー空手と合気の融合」

テーマ:

仕事の都合で前回、前々回と支部稽古を休み、自主稽古もできない状態が続いている。

でも、稽古をしてないわけではなく、ジムでも時間ある時はやっているのだ。

例えば、こんな感じで。

 

 

「嘘!そんなのあるの?」という人には実際に受けてもらっている。

後半、「踏ん張ってもいいですか?」と聞かれて、やったのがこれ。

 

ジムには同じ支部で稽古するAさんがいるので、こんなことができるのだ。

かけられた人が「どうして、耐えられないのか分からない」と不思議がっていた。

それでも、こちらに少しでも力が入ると、かからない。

こうして観ると、まだまだ、柔らかく身体を使わなければと思うのだ。

他にもいろいろやっているので、機会ある時はまた、動画をアップします。

 

 


テーマ:

昨日は支部稽古だった。自分は仕事の都合で参加できず…

でも、改めて氣空術の合気、その深淵について書きたい。それは前々回の稽古の時のこと。

動画でも紹介したが、非接触の合気である。

まず、仕手の大森くんに当たらないように、左右ストレートを打つ。

自分で言うのもなんだけど、そのスピードは現役当時とさほど変わらない。

だが、ここで会長が大森くんに「合気をかけて」と言うと、打とうとする瞬間に体が重くなった。

つまり、パンチのスピードが一気に落ちるのだ。

相手側にしてみれば、合気がかかって、固まっている自分に技をかけるのはたやすい。

結果、簡単に崩された。

この時、非接触の合気の基本稽古を何度か繰り返していた。

自分も大森君も合気感度が冴えて、指導される技を全てできた時の結果がこれである。

二方向や二触法で崩されるのなら、まだ分かる。

しかし、この時は一切、触れられていないのだ。

これは自分もできたけれど、非接触でかかる合気の技。

その奥深さを改めて感じる出来事だった。


テーマ:

本日、名古屋支部の稽古。

今日の内容は…体のある部分を意識的に使って、かける技。

最初はそれが全然、できず…

 

できるようになったのは、いつものごとく稽古半ばからだった。

パンチに対する合気の技。それがこちら。

 

体のある部分を最初は意識的に、できるようになったら、無意識で瞬時にかけると、こうなる。

途中、大森君から「組手の感覚でやったらどうなるでしょう」とやってみたら、できない(泣)

合気は通常の打撃攻防とは気持ちを完全に変えないとできないし、かからない。

 

答えは簡単で「やってやろう」という自意識が出るからだ。

自己放棄で「無」の境地でかけるのが氣空術の技。これを恒常化したいものだけれど…

うーん、体得するにはまだまだ、道は遠し。

 


テーマ:

本日、氣空術・名古屋の支部稽古。

初めは正しい礼法をすると、どうなるかを全員で体感する稽古から始まった。

その後の稽古、最初は全然、出来ず…。それはもう、悲しくなるぐらい出来ない。

 

これではダメだと、途中で合気感度の高いTさんとペアを組んだ。

ここでようやく、出来るようになり…。そのワンシーンがこちら。

 

でもって、こちらは意識でかける合気。氣空術のそれは技というより、動きだ。

 

後半、お互いに合気感度が高まったところで、会長から「やってごらん」と言われたのがこちら。

 

Tさん、素晴らしい!受けるのではなく、相手との協調するかのような動きでかける。

投げられても、投げても、その時の心は「無心」である。

会長から「もう一度、同じことをやろうと思ったら、あかんよ」と再三にわたって、指導された。

合気が出来たこともさることながら、心の有り様がいかに大切かを再認識させられた稽古だった。

 

 

 


テーマ:

昨日の稽古シーン。相手と協調する合気。それがこちら。

ちょっとでも、力が入るとかからない。あくまでも柔らかく…

上記は「くっつく掌」の応用編。この後、さらに展開技があったんだけど、

稽古に夢中になってしまって、撮るのを忘れていた。

 

そして、こちらは別バージョン。

肘のポジション、そして、触れた掌を相手の最短距離に手を動かすと、こんな感じになる。

ごく、簡単な身体の使い方なんだけれど、それが簡単に出来なくて…

最初はなかなか出来ず、後半にようやく出来た。

簡単な身体操作なんだけどな。「何とかしてやろう」が出ると、出来ない。

このあたり、合気の難しいところなのだ。