自信とやる気

テーマ:
今日は、大阪天王寺で、はまキッズの講演会でした。大阪は、暑いほどでしたね。
でも、まだ、梅雨らしくアジサイが綺麗でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ご質問です。

Q.  勉強に対して、どのように自信をつけさせ、また、やる気を持続するために、何を行いましたか?



A. 何もしていません。
自信というものは、自分が結果を出すことによって、生まれるものです。誰かが、つけさせるものではありません。

やる気も、いつも、いつも、出すなんて疲れます。
問題を楽しくやっている子どもの姿を見ると
やる気を出してやっているように、はた目に、
見えるだけなんです。

やる気というものは、子どもの中から、ムクムクと、入道雲のように湧いてくるものでもないのです。
ときには、やるぞ!という感じにはなりますが、
目の前のことが自分の能力を大きく越えていたら、
そんな気持ちは、すぐ、シャボン玉のように
弾けてしまいます。

自信、やる気のような精神的なものに頼ると、
疲れるんです。長続きしないのです。

何でも、物事は、《淡々と》することがコツです。
そのためには、 学ぶことを《習慣化》すると
ラクなんですよ。

いつも、なんとなく、問題を解いていたら、
いつのまにか実力がついて、受験に合格して
しまった、というのが、理想ですけどね。

あれ?《自信とやる気》ついては、前にもお話ししましたか?
この《自信とやる気》のご質問は、本当に多いのです。皆さん、悩んでるのですよね。