自分の声を肉眼で見てみませんか?

一生変わることのない声紋と、アレンジすることで魅力が引き出せるトーク心理学を合体させた「究極の会話コミュニケーションセミナー」を開催しています。

 

声紋分析担当は、様々なメディアで引っ張りだこの音声解析スペシャリスト・村岡睦稔氏。トーク心理学担当はパーソナリティー・ラジオCMなどで豊富な経験を持つ桑名涼子です。

 

これまでにない二つの視点から、楽しく自分を知り、魅力と強みを引き出していきます。

 

経営者・営業職・接客業・コールセンターの方々や、友達関係・婚活・家族関係など、ビジネスにもプライベートにも生かせます。

 

究極の会話コミュニケーションセミナー オフィシャルサイトはこちらです。

https://comms-ssite.com/eminar.jimdo

 

ぜひ、お気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

■ 記者からの質問に対する3つの逆なでポイント

 

7月2日、西村康稔経済再生担当大臣のコロナ感染者増加に関する記者会見において、「感情的になりすぎ」「もっと冷静さが必要なのでは?」という意見が多く出ていました。

 

さて、西村大臣は、このときなぜこのような答弁になったのでしょうか。

 

 

トーク心理を分析してみましょう。

 

 

西村大臣の様相が変化したのは、会見が始まってから約20分が経過したとき、ある記者がこう質問したあとでした。

 

「(前略)かつては40人でも驚いていた。100人でも今はぜんぜん驚かない。大丈夫だ。でも、責任を持てと言われる。感染防止に力を尽くせと言われるとですね、非常に行動がしにくいと思うんですが、いかがですか」

 

記者がこう質問した後、西村大臣の表情がこわばり、すぐに口を開きました。

 

「私はひとことも100人で大丈夫だとは言っていません!

警戒をして、緊張感をもって、警戒をするべき状況だというふうに申し上げてます」

 

そしてそのまま約5分もの間、誰にも口を挟ませず、ひとりでしゃべりきり、会見を終えました。

 

 

 

この質問によって西村大臣の感情が逆なでされたポイントは3つとみられます。

 

〇以前は40人でも驚いていたのに、今は100人でも驚かなくなったという、矛盾を突かれた点。(実際は「100人でも大丈夫だ」とは言っていなくても)

 

〇「大臣として具体案を提案するべき」という自分に対する指示。

 

〇コロナ対策に尽力していないのではないかという不信感の察知。

 

 

 

これら3点が、西村大臣の感情を逆なでしたため、口調が変化したとみられます。

 

自分は頑張っているのに、なにもやっていない記者に簡単に発言されたくないという気持ちもあったのでしょう。

 

 

「図星」で乱れる感情

 

ですが、人はどこかで「図星」であると感じている部分がなければ、感情が乱れないものです。

 

誰が認めるイケメンは「ブサイクだね」と言われても、意に介さないでしょうし、大富豪に「生活、苦しいんでしょう」と言っても、何を言っているのだろうと首を傾げるか、面白いことを言うじゃなかと笑うでしょう。

 

 

西村大臣は、どこかで記者の質問の中にあった事実を認めていたのかもしれません。

又は、少し好意的に見れば、自分はもっとできる人間だという確信があるからこそ、じれんまが噴き出したのかもしれません。

 

 

西村大臣は、この質問の後、5分もの間、ひとりでしゃべり続けました。

しかもここから手振りの回数が増えていき、話している間にしだいに気分が上がっていく様子が垣間見れました。

 

この状態は、怒りを感じていたものの、次第に自分の弁論に酔い、それを貫くことで自分のプライドが保てると感じたとき、自分の考えが絶対的に正しいと確信し、人々を席巻できる自信に満ち溢れてきたことの表れです。

 

 

余談ですが、浮気の言い訳が天才的に上手い男性も、この手で「やっていなかったこと」にしてしまうことができます。

 

 

5つの具体的特徴は、

 

〇一人で長時間しゃべりまくる。

 

〇身振り手振りをつける。(又は、表情を動かす)

 

〇本筋とは全く関係ない話をもっともらしく盛り込む。

 

〇ところどころでパートナーを褒める。

 

ところどころでパートナーの弱点をつく。

 

 

です。ご用心!

 

 

 

奇跡を生み出す「10秒の間」

 

私は、西村大臣の気持ちが分からないでもありません。

 

頑張っているときに、信頼関係のない相手から、ああしろこうしろと言われると、苛立ってしまうこともあるからです。

 

ですが、リーダーである以上は、どんな質問も包み込み、対応する力は必要です。

 

 

では、どうすればこんなとき、上手く感情をコントロールできるようになるのでしょう。

 

私が推奨するのは、「10秒の間」です。

 

苛立つ質問には即答せず、10秒待って気持ちを整理して言葉にする。

たったこれだけで、まったく違う回答ができるようになります。

 

自分が人前でしゃべっていると「10秒の間」は長いと感じます。

 

ですが、聞いている人は「10秒の間」をしゃべり手の自信や余裕と感じたり、次に話すことの期待が高まったりして、決して長くは感じないものです。

 

カチンと来たらぜひお試しください。

 

相手に勝とうとした時点で、負けてしまうから。

 

今後もニッシ―トークにも注目しています!

 

 


昨日行われた手越祐也さんのジャニーズ退所についての記者会見は、
多くの質問にも答え、長時間に渡って行われました。



この会見から、手越さんのトーク心理を分析していきましょう。


記者会見で見えた大きな特徴は8つ


このときのしゃべり方の大きな特徴は8つです。

  • やや早口(呼吸がやや早め)。
  • 一語一語をしっかり発音。ボリュームはやや大きめ。
  • 笑顔はほぼない。
  • ソロトークの際、会場を見ているが、会場にいる「人」は見ていない。
  • 両手も体をほぼ動かさない。
  • 表情の変化はあまりない。
  • 文面を読まず、台本を頭に叩きこんでから話しているわけではなく、ほぼフリートーク。
  • NEWSを絶賛



さて、これらの特徴は、手越さんのどんな気持ちを表しているのでしょう。



通常よりもやや早口になるときの4つの感情
 

通常よりもやや早口になり、間を詰めて話すときは、
「言いたいことが明確であるとき」
「緊張が伴うとき」
「苦しい(又は悲しい)とき」

「弁解したい」
などに現れる状況です。



今回の場合は、その4つの感情がすべて交錯していたと見受けられます。

 

今回の場合、手越さんはの感情は、


*これからの展望を伝えたい
*注目される記者会見の場に立つ緊張
*退所することへの苦しさ、悲しさ

*自粛期間中の行動への弁解


この4つの感情が交錯して「通常よりもやや早口」なったのでしょう。


冒頭の静かな笑みは自分へのエール

 

記者会見で手越さんが登場したとき、
静かに笑顔を見せ、緊張などしていないように感じさせましたが、
これは自身への「落ち着けコール」であり、決して余裕の笑みではないと見受けられました。
 

なぜなら、「笑み」が続いていないからです。


余裕のある笑顔ならば、もっと持続し、表情は急変しません。


ですが、手越さんは、優しく微笑んだ後、あっと言う間に真顔に戻ります。

緊張と、意識的な自分へのエールを込めた笑顔だったようです。


■しっかりした滑舌

会見中は、一語一語を通常よりもはっきり発音しています。

これも、「言いたいことが明確であるとき」
「緊張が伴うとき」どちらでも現れる状況です。


今回は、はやり両方の思いが交錯しています。
 

*自分の気持ちはブレずにしっかり的確に言いたい。(意思伝達)
*ちゃんと話さないときっと分かってもらえない。だから滑舌を緩めてはいけない。(緊張)


二つの感情が交錯しているようです。


「意思伝達」だけが目標であれば、滑舌を緩めたり、
大胆な間を挿入することができます。


そのほうが聞いている人に伝わりやすいからです。


ですが、「ちゃんと話さないと分かってもらえない」という緊張が伴うと、
無意識に滑舌を緩めたり、大胆な間を挿入することを避けてしまうのです。

 

会場は見ても「会場の人」に視線を合わせないのは緊張


また、最初に一人で話したとき、会場を見ながらも、
会場の人に視線を合わせず、空間を見ていたのも、
ちょっとした緊張の表れです。


質疑応答では、手越さんが会場の雰囲気に慣れてきたことと、
一問一答であるため、緊張も緩み、
質問者に視線を合わせていますが、
冒頭では、「人」に視線を合わせられなかったようです。

 

どんな人でも大人数の前でマイクを持ったとき、緊張していると、

なかなか聴衆に視線を合わせることができません。

逆に無理やりでも視線を合わせてしまうと、自信があるように見えるものです。

とはいえ、人前に立つとどうしても視線を合わせられないという方が、

合わせたように見える奥の手もあります。
これは、また別の機会に。




■ 少ない笑顔で意思表示

 

手越さんは、表情筋をほぼ動かさず、
笑顔を作らないのは、「チャラチャラした面は絶対に見せない」という意思の表れだと推測します。

 

決してパリピ的な人間ではなく、本気で生きているし、
仕事にもボランティアにも一生懸命である。将来のこともきちんと考えているんだ。
ということをどうしても伝えなければいけない。
という気持ちが強いため、笑顔を避けたと思われます。

 

 

笑顔というシグナルは、余裕、優しさ、暖かさ、人柄の良さ、

聡明さなど様々なポジティブな意味合いを持ちますが、

「曖昧」「いい加減」というともすればネガティブに捉えられてしまうシグナルにもなるため、

この場では、極力避けていたのでしょう。

 

体や表情をあまり動かさないのも同じ理由です。


 

NEWSのメンバー絶賛の理由

途中、NEWSのメンバーを絶賛したのは、

メンバーへの愛であり、手越さんの本音だと思います。

 

ですが、ここに「対比の感情」を秘めていたことは否めません。

NEWSのメンバーは大好き。けれど…、事務所は…、という反発。

 

言葉にできない部分です。

 

 

事務所への強い反発があったからこそ、
NEWSのメンバーへの絶賛もより強いものになったのかもしれません。

 

だからこそ、NEWSのメンバーを絶賛した後、

自身の反発の感情に気づき、

あえてすぐに事務所を称賛したと分析できます。



事務所力を超えるタレント力
 

 

こうして手越さんの記者会見は、

自信・緊張・強い意思を伴いながら、

長時間に渡り行われました。

 

手越さんとジャニーズ事務所との事実関係については、

当人同士でないと、本当のところは分かりませんが、

ひとりのアイドルタレントがこれだけしっかりとした記者会見をするのはとても珍しいことです。

 

 

そしていつも思うのが、「事務所力VSタレント力」の割合です。

「タレント力」が高ければ高いほど、魅力、未来、影響力、

自立性が高く、多くの人に力を与えられます。

 

 

事務所力がタレント力を大幅に超えている状態では、

限界があり、エンターテイメント界のクオリティー上げることもできません。

 

 

さらには事務所力を自分自身のタレント力だと勘違いしているような演者が増えれば、

日本のエンターテイメント界は滅びてしまうでしょう。

 

 

ですが、手越さんは「タレント力」(実業家も含め)1本で進もうとしています。

 

といっても、一人きりでできるわけではないので、必ずヘルプが必要です。

 

「タレント力一本で生きていく」と決めたとき、「ヘルプしてくれる人」が必ず現れるでしょう。

 

これは、どんな世界でも同じで、例えば会社を辞めて起業すると決断し、
行動に移していくと、「助けてくれる人」が表れます。

 

 

必ずです。

 

自立のエネルギーはとてつもなく強いため、
そのエネルギーに巻き込まれるように、人々が吸引されていくようです。

 

次に向かうために「今まで握りしめていたものを手放したご褒美」でもあるのかもしれません。

 

ですから不安がらずに進めばいいのだと思います。

 

 

今後、手越さんがどれだけのタレント力を見せるか、

どんなヘルプが登場するのか、

注目しています。

 


人のしゃべりは8タイプに分かれ、性格、思考、傾向が分かります。
自分のしゃべりタイプが知りたい方はこちらからどうぞ♪

 

桑名涼子の講演

 

 

 

 

 

土曜の深夜、ふとテレビを付けたら、番宣で観たことのある浜崎あゆみさんのドラマに遭遇しました。

 

「あぁ、これが『M 愛すべき人がいて』っていうドラマなんだぁ」と思いながら数分見ていたのですが、5分でギブアップ。

 

ドラマの作りが気に入らないとか、

俳優さんの演技がどうのとか、

まったくそんなことではなく、

浜崎あゆみ役の女優さんが、

自分のことを「あゆはね…」と言った瞬間、

ギブアップしてしまったのです。

 

自分で自分の名前を呼ぶ人、敬遠症なんです。(笑)

 

浜崎あゆみさんは、プライベートでも本当に自分のことを「あゆ」と呼んでいるのか、ドラマだからあえてそういうセリフにしたのかは分からないのですが、

小学校に入学するあたりから、一人称は名前を卒業したほうがいいという持論があります。

 

 

では、なぜ自分のことを名前で呼んでしまうのか、

トーク心理学的な性格的特徴をお伝えしましょう。

 

成人しても自分を名前で呼ぶ女性の共通する大きな欲求は「特別視願望」です。

 

 

特別視をして欲しい理由は人それぞれですが、
過保護だったり、
逆に自分の存在感を得られない環境で育ったりということが往々にしてあります。

 

どんな過程であっても、成人してからも自分を名前で呼ぶ人の深層には、「私はみんなと違う特別な存在」なんだから、「私にもっと注目して」「私は素敵」「みんなと同じ扱いはイヤ」という、『特別視願望』があります。

 

だからこそ、みんなと同じ「私」では、ダメなのです。

 

 

とはいえ、「自分は特別」という気持ちは、誰の深層にもあります。

実際、ひとりひとりが特別な人間であることは間違いないわけですから。

 

ですが、「自分は特別」から「自分は特別扱いされるべき」という領域に入りがちなのが、自分を名前で呼ぶ人の特徴です。

 

これは、苗字を自分で呼ぶ人も同じです。「佐藤はそう思う」というように。

 

代表的なのは、矢沢永吉さんです。

 

矢沢さんは、自身で成り上がりと言っているように、自分を「やざわ」と呼び、自らを「特別視」することでのし上がってきました。

 

ただ、彼の場合は、完ぺきなブランディングです。

意図的に「特別視」を演出していますし、ファンはそれをどこかで分かっています。

 

こうした意図的なブランディングでない限り、自分を名前で呼ぶ人が煙たがれ手しまう理由は、特別視願望が『自己中心的』に映ってしまうからです。

 

自己中心的な人は誰だって「面倒だな」と感じてしまいます。

もったいない話です。

 

裏を返せば、自分は特別だとアピールしなければ認めてもらえないという不安を隠し持っているということも事実です。

 

人はひとりひとり個性があり、強みがあり、魅力があります。

 

不安を拭い去る意味でも、小学校に入ったあたりから、自分を名前で呼ぶことを卒業し、一人称は「私」にしてはどうかと心から思います。

 

 

「あゆ」から、「私」に台本を変更したら、
このドラマの視聴率も上がるかもしれないですし。

1名分だけ(笑)。