人工授精の当日の朝、ドナーファミリーと最寄り駅で待ち合わせして精子を受け取った。



奥さんも有休で付き添ってくれたので心強い。

人工授精については、いろいろ事前に調べていたけど、最後まで心配だったのは『痛み』


これには個人差があるみたいで、足台から転げ落ちそうになるくらい激痛の人もいれば、入ったのが分からないくらい無痛の人もいるらしい。


双角子宮の人は少し痛いかも…って、先に言われていたので、かなりビビってた。

よみがえる卵管造影の恐怖。。。滝汗



そんなこんなで、前日からブルーだったのですが、ドナママさんから「頭の中がずっとコレです。」って送られてきた画像下矢印を見て吹いた。笑



まさかのアルマゲドン。笑

そうだよね。今回から精子も精鋭部隊がミッションに当たるのだもの。

私も脳内BGMがエアロスミスになったわ。





壮大なスケールに思わず笑っちゃって、緊張がほぐれた。


受付で精子カップを渡し、待つこと約1時間半…


膀胱に尿が溜まった状態の方が管が入りやすいって聞いていたけど、直後にトイレへ行きたくなってもイヤだなと悶々。。


こうしている間にも、NASAによるエリート飛行士の選別テストが行われていると思うと、気が気じゃない。



こんなに時間が経って大丈夫なのかソワソワし始めた頃に、処置室へ呼ばれた。


 穏やかな雰囲気の先生が担当で、ちょっとラッキーチュー

おっかなびっくり診察台に上がると、先生が「旦那さんの精子は全く問題ないですね〜」と教えてくれた。

さすがドナパパさん。

選りすぐりの精鋭部隊は、運動率が90%越えでした。


ヴァンダム級の軍人がスタンバイしたということか。

むしろ、ここまで屈強なヤツを揃えて妊娠しなかったら、逆になんなんだ。真顔

もう生物学的に無理な気がする。




そして、肝心の痛みですが…


まさかの 無痛


卵管造影では気を抜いてて地獄の苦しみを味わったので、今回は全身全霊で痛みのビックウェーブに備えていたのに、拍子抜けなくらい無痛。


「…はい、終わりましたー。」


え??   いつ???

ってくらい何もなかった。


先生が上手なのかな…?
卵管造影剤で子宮口が通ったから…?



ともかく、痛くないに越したことはない!笑い泣き


お会計もスムーズに終わり、来た時とは正反対に晴れやかな気分で外へ出る。



待っていてくれた奥さんやドナパパさんとママさんと合流し、前から行ってみたかったカフェでランチした。


いつもは通院で平日休みが潰れると悲しくなるけど、この日は何だか楽しかったなぁ。





新しいことに挑戦するビクビクとドキドキとワクワク。

一緒に分かち合える人がいるって嬉しいな。