Rush Life

Rush Life

    ぼくは、なにわの散歩者。

          音楽とともに散歩する。。。

人って皆、、、


こんな短い一言がなかなか言い出せないんだなあ、、、


だからあえて歌にたくしてみる。。。





Country




テーマ:

6月9日21時23分発新大阪行き最終 のぞみ265号

 

前日まで都内で研修があり、9日は日中は埼玉の施設に入っている叔母を見舞い

7年前に亡くなった叔父の墓参り。

夕方から社会人になった時の同期が夫婦で開いた東京駅近くのBarで他の同期の友人と合流。

久々の再会で楽しいひと時を過ごし大阪への帰途へ着きました。

 

まさかあんなことが起こるなんて夢にも思っていなかったです。

 

翌日は朝の10時半から大阪梅田でセミナー講師の仕事が入っていたので

16号車先頭の通路側の席でパソコンを開きセミナー資料のチェックをし始めていました。

新横浜を過ぎた頃、突然ドアが開き若い女性たちが車内になだれ込んできました。

みんな必死の形相で何が起きたのか一瞬わからなかったです。

 

最後に入ってきた女の子が腕から血を流している姿を見て

とんでもないことが起こってると理解できました。

 

他の車両がどんな様子だったのかはわかりませんが

最後尾の16号車では乗り合わせた人たち全員がけがをしている女性を助けようという

気持ちで一致していたように思います。

 

運よくお医者さんもおられ、乗客からたくさんタオル、シャツ、ビニール袋が提供され

乗り合わせた乗客全員が女の子を助けようと必死だったように思います。

こんなこと言っちゃいけないのかも知れませんが、乗客主導で女の子の救助が行われたように思います。

 

小田原につくまでに徐々に何が起きたのかが私たちにもわかってきました。

その間、犯人がどのような状況なのかがわからないので祈るような思いでいっぱいでした。

 

やがて小田原駅に到着し多くの警察官が入ってきてほっとしたのを覚えています。

 

12号車から逃げてきた女性から

止めに入った男性が犯人と挌闘しているすきにみんな12号車から逃げたと聞きました。

その男性がいなければもっと多くの被害が出たように思います。

自分もその男性に救われたような思いです。

 

もし自分が12号車に乗っていたらと今も考えます。

あれから3日が過ぎて普段の生活に戻りつつありますが

なんだか胸の奥の方がずっとざわざわしています。

 

周りから大変だったね、良かったねと声をかけてもらいます。

最初はその時のことを誰かに話しをすることで気が楽になるような気がしたのですが

今はあの事件の関連のニュースも見れない。

正直思い出すと複雑な気持ちです。

 

子供の頃から何度となく乗ってきた新幹線の中であんなことが起こるなんて

全く夢にも思いませんでした。日本はもうかつてのような安全で平和な国ではない。

平和ボケしていちゃいけないのかも知れない。

 

ただただ、亡くなられた男性の方に感謝の想いとご冥福を祈る気持ちでいっぱいです。

 

 


テーマ:

3日前に20代の終わりから30代の初めにかけて

働いていたマーケティング関連の会社の社長が亡くなられたと連絡が入った。

 

もう何年会ってなかっただろう?

会いに行けばよかった。

今更後悔しても、もう二度とお顔を見ることも

説教されることもできない。

 

自分にとっては父のような存在であり

また生きていく上での師匠でした。

仕事とは自分の生きる姿勢を表現できる場である。

 

それゆえにいつも全力で、最大限の努力と

謙虚な姿勢とプライドを持って臨めと

教えてくれた方でした。

 

今も事あるたびに教えてもらったこと

社長の言葉を思い出すことがあります。

 

そんな方を裏切る形で会社を去り

自分たちで会社を作り失敗した後

凄く心配してくれて、

途方に暮れてた自分に、優しく手を差し伸べてくれた方でもありました。

結局何もお返しすることが出なかった。

 

大学時代に金融関係のゼミに在籍しながら

全く金融の世界に興味を持てなかった自分が今

ファイナンシャルプランナーという仕事をしている。

何の因果かわからないが、

今確実に言えるのは、若いころしていた一見無関係に見える仕事で培われたこと

教わったことが今もずっと自分の仕事の根っこにあって

今の仕事を支えてくれてるということ。

あの頃教えていただいたことが

自分の仕事に対する考え方の基本のすべてであるということ

 

かっこつけるわけではないが

いつも誰かの役に立つ存在なれたらいいなと思ってる。

自分も周りの人のおかげで自分の未来を切り拓けたように

 

お客さんの立場に立てばほんの些細なミスも決して許されることではない。

それがお客さんにとっては人生を揺るがす事態になりえる。

そういうことをいつも頭の片隅に置きながら気を抜くなと

 

 

まだ社長のもとへは行ってません。

「何してるんや、自分の仕事をしっかりせいっ!」

と怒られそうで、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

古い時計を並べて、

時間が過ぎていくのを眺めてる。

こんな事しながら夜が更けていく。

 

 

陽はまた昇る

 

すべての人のところに、平等に

 

望むと望まないも関係なく

 

 

陽はまた昇る

 

どんなに暗い夜であっても

 

やがて朝が来て

 

陽はまた昇る

 

 

そう思ってたから

 

今までやって来れたのかな

 

 

そう

 

だから

 

これからもやっていける

 

 

 

 

 

 

Sunrise - Nora Jones

 

 

 

 


テーマ:

また1年が過ぎようとしている。

早いもんだよな

今年の正月がついこないだのように感じる。

 

年齢を重ねるにつれて、年が過ぎるのが年々早くなっているようだ。

 

 

年々アメブロの記事の更新回数も減ってるし、

 

視力がグンと落ちてメガネをかけ始めたし、

 

白髪が増えたし、

 

変わらないのは、ハートの熱さ、、、笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々にCDを買いました。

KAREN SOUZAのVELVET VAULTとNORAH JONESのfirst sessions

 

 

この2枚を中心に音楽にまみれながら新年を迎えようと思います。

みなさん良い年を、、、

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

きがつくと10月、秋なんですね~

 

ついこないだ新しい年を迎えたとこみたいな

 

そんな流れで日々過ごしてきたのに

 

もう年末がそに、、、

 

 

時の流れは早い

 

こうして気がつくと老後を迎えるのかと

 

最近は自分の人生の終盤への想いに心が焦ったりする。

 

 

長く生きてくると、なんだろう

 

人間はより自分に忠実になってしまうというか

 

変わる努力をしなくなる。というかできなくなるのかな

 

でもけっしてそうじゃないんだよな

 

 

ここらで立ち止まることも必要かな

 

生きていく上では、人としての原理原則と表現すべきか

 

妥当な言葉が見つかりませんが

 

行程を踏み外してはいけないものもある。

 

そういうことを忘れがちな自分への再確認をしてみようかなと

 

 

何か大切なこと忘れてない?

 

そもそも間違ってない?

 

まだまだできることってあるんじゃない?

 

何をしたい?

 

 

色々とあるんですなあ~これが

 

何かって、それは、、、

 

 

 

 

 

Traveling Wilburys - End Of The Line

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス