和み日和

和み日和

お茶屋女将のひとりごと


そよ風に吹かれながら、こんな可愛い赤つめ草を眺める時間。




仕事が一段落して、


駅舎の外の木製ベンチで



赤つめ草って、まん丸のポンポンだと思ってた。

だけど、こんなに素敵なカタチしてる。


こうだと思わせておいて

実は違う。


それって魅力ですよね。

 

何にも【らしさ】の手綱を握られることなく、

自己責任で咲き誇る。


せっかく生まれたのだから

そうでありたい。


パワーの強いところでは

難しいこと沢山です。


コロナ禍なんて特に、

その象徴ですね。


操り人形にならず

咲きたい。


枯れたってまた

水吸ったら復活してくるような

強さもほしい。



そんなことをブツブツと

眺めながら考えてすこしました。




贅沢やわぁー。




Vlogも始めました✨【日常茶飯事】登録ください✨