毒舌バレリーナ

毒舌バレリーナ

職業バレエ講師。バレエのよもやま話や、日々のぐだぐだなど、気ままにアップしています。


兄きの凛太郎。

私の顔をジーッと見つめる可愛いやつ。

そしてフードファイター。


しかし年明けに嘔吐が止まらなくて、食欲が無くなり、さすがに気味が悪いので久しぶりの動物病院へ。


もうシニアなので、内臓のどこが悪くなってもおかしくないなぁと、寝付きの悪い夜を過ごしたのだ。



しかし…



血液検査は優秀でどこも悪いところはなさそうで、ただの食べ過ぎによる胃炎だった。




注射して飲み薬2回ほど飲んで、元の巨猫道まっしぐらな健在っぷりである。

大騒ぎして損した気分。

可愛いから許すけど。



次ニャンの桃次郎。


アンタは犬か!!

というくらいの甘えん坊ず。

スイッチ入ると、私の足元にまとわりつき時々踏まれるけどまたまとわりつく…

を繰り返すのが日課となっている。


この仔は健康優良児。節度ある食欲でなかなか美しい体型の猫。でも7キロ弱は常にあるので、巨猫の部類に入るのだな。

お世話になっている、巨猫好きな動物病院の先生曰く、

「巨猫になるのには素質がいる!」

のだそう。


いわゆる骨格ね。どんなに食べさせても大きくならないオス猫もいる。


ウチのはどちらも素質あり!!




そしてこの方


通い猫のたま三郎。




近影である。


来た頃より体格よろしくなり、この界隈のボス猫に昇格。


顔が大きくなったのがその証拠。




寒波の日はウチの湯たんぽ入り猫ベッドで夜を明かし、朝にはちゃんとご飯を食べて、寒い中パトロールに出発。


ウチの家ニャンに爪の垢でも煎じてやりたい。

お外で働く猫は筋骨たくましい。


この仔も巨猫。しかも正真正銘の筋肉ニャンだ。

体当たりされたら、中型犬くらいなら吹っ飛ぶだろう。



なんやかやでいつかこの猫も保護する日が来るのだろうな。

生粋の野良ネコなんで、慣れるまで時間がかかるだろうけど。


私には、小さい可愛いメス猫とのご縁は薄いようだ。笑