【ガーミンの心拍ベルト】電池の交換方法は?ベルト部分の寿命はあるの? | ランナーズネクストの通販店舗【ランナーズNext オンラインショップ】Shopブログ

ランナーズネクストの通販店舗【ランナーズNext オンラインショップ】Shopブログ

ランナーズネクストの通販店舗【ランナーズNext オンラインショップ】のShopブログです。Garmin(ガーミン)の時計、ランニングウォッチ、GPSウォッチを中心に、活用次第で「あなたのランニングを変える」商品を取り揃えています!


テーマ:
ランニング中に心拍数を計測するランナーは少しずつ増えてきました。

心拍数を計測するランナーが増えた背景には、光学心拍計が搭載されているGPSウォッチが一般的になってきたからです。

以前であれば、ランニング中の心拍数を計測するには「心拍ベルト」が必須でした。
※ガーミンのトライアスロン用の心拍ベルトHRM-Tri.

心拍ベルトを装着する場合、胸部が(多少なりとも)圧迫されます。
胸部の圧迫が嫌だったり、そもそも装着が面倒くさい・・・。

ということで、ランニング中に心拍数を計測する人は「少数派」でした。

ですが、前述の光学心拍計の普及により、ランニング中の心拍計測が普及しつつあります。
※光学心拍機能付きのGPSウォッチ。
緑色の光が手首の脈拍を感知します。

とは言え、特にハードなトレーニングを実施するランナーであれば、光学心拍計よりも、心拍ベルトで心拍数を計測する方が正確です。

ちょっと前置きが長くなりそうなので、光学心拍計と心拍ベルトについての詳細は、ランナーズNEXTの記事の中で、後日紹介したいと思います。

今回は、ちょうど使用しているガーミン  の心拍ベルトの電池容量が低下してきたので、電池交換の方法を記しておきます。

※現在使用中のガーミンHRM4-RUN

ガーミンの心拍ベルトは電池交換式で、HRM4-RUNは2016年の5月から使用しています。

今まで、ベルトの緩みを感じたり、ベルトの長さ調節をすることなく、使用できています。

電池交換は今回で2回目です。

電池はトレーニング頻度と時間にもよりますが、私の場合は一年ちょっとの使用で交換する感じですね。

※赤いゴム部分を取り外した状態

心拍ベルトの電池交換をする時は、まず外枠の赤いゴム部分(HRM-Tri.は水色)を取り外します。
取り外しは簡単です。

ゴム部分を取り外すと、ネジが4本あります。

※小さなドライバーでネジを取り外し、
カバーを取り外した状態。

ガーミン  の心拍ベルトはHRM4-RUN、HRM-Tri.共にボタン式の電池一つで動いています。

1つ200円代で購入できます。パナソニック社製CR2032です。

最近はランニング用のパワーメーターで様々なデータが取れるようになったため、心拍計測の重要度は、以前に比べて低くなりました。

ですが、特にロングディスタンスを走るランナーには心拍計測は重要であることは間違いありません。

パワーや心拍数を管理することで、今より効率的なランニングができるようになりますよ。

オンラインショップでは心拍ベルトの掲載はしていませんが、ご希望に応じて正規品をメーカーから取り寄せることは可能です。

一度、こちらからご相談下さい。

Runners Nextさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス