日大アメフト部の問題

テーマ:

 日大アメフト部の危険なタックルの問題がマスコミをにぎわせている。

 加害選手自身の問題、監督の問題、コーチの指示、記者会見のあり方の問題など、色々な課題があるが・・・。

 
 一番のこの問題の根本的腐敗は、「たーだ、スポーツだけやっていれば、高校でも、大学でも入学し、卒業できる学校がある」ってこと。もちろん、スポーツをやりながら、学力や人間性も育てようとしている学校があることも知っている。ただ、そういう高校、大学ばかりではない。
 
 私も長年学校教員をやっているが、高校入試でも、大学入試でも、「まったく勉強ができなくても、授業中なんかずーっと眠っていても、ちょっとした暴力など起こしても、服装がテキトーでも、テストが赤点でも、放課後だけ頑張り、自分の部活動の監督の言うことだけを聞き、体がとっても強かったり、足がめちゃくちゃ速かったり、華々しいスポーツの成績があるというそれだけで、高校や大学に合格し、そして卒業できる学校がある」ってことは紛れもない事実である。
 
 簡単にいうと、学力や人間性、考え方(頭の中)が小学生低学年程度でも、大学を卒業できちゃっている人間が存在する事実があるということが、最大の根本的な原因である。
 
 私はそれらの学生を悪く言うつもりはない。なぜかというと、それらの学生は、何も教わっていないから頭の中が小学生レベルなので善悪の判断ができない。そういう人間的低レベルの学生を作っているのが「〇〇スポーツ協会」だったり、「自分の名声を第一に考える超有名〇〇大学〇〇部監督」だったり、「〇〇部を超有名にして学校名を世にとどろかせたい校長」だったり、「超有名〇〇部OB会」だったり「自分の子供の将来はスポーツだけでなんとかなると信じているバ〇親」である。学生にとっては、不幸である。ある意味で、可哀そうだ。人生をぶち壊されている。
 
 昨年、大問題になっていた、大相撲の力士による暴力事件も、根本的原因は同じ。「ただ強いだけで学生時代からチヤホヤされ続け、他人を殴っても何とも思わない低レベルの人間」がウヨウヨいる世界である。暴力をした人間も、それを隠ぺいする理事も、みんな「スポーツ馬鹿」である。
 
 「高校や大学は何をする場所なのか」、文科省もふくめて、もう一度原点に立ち返って考える時期だと思う。
 
 
 
 
 

 

 

森友文書の改ざん問題

テーマ:

 森友文書の改ざん問題。(書き換えた当人たちは「改ざん」とは言わずに「書き換え」と言い張っているが・・・。)佐川理財局長にだけ、責任を押し付けて「トカゲのしっぽ切り」をしようとしている。

 公務員って、こういう職業です。働かせるだけ働かせて、悪いことも汚いこともさせられて、バレなければ「よくやった」と褒められて出世し、バレれば「しっぽ切り」される。

 

 地方公務員の教員も、教育委員会も、やはり文部科学省の顔色を窺う。睨まれると怖い。あとで何が起こるかと思うと忖度せざるを得ない。自分の降格。出世街道転落。予算の減額。

 

死に者ぐるいで勉強しせっかく官僚になって今まで築き上げてきた、キャリアを棒に振ることはしたくない。だから財務官僚たちはみんな黙っている。

 

 でも、財務省で自殺者(もしかしたら殺されたのかもしれない)がでている。この命は無駄にはできない。有耶無耶にしてはいけない。

 そろそろ財務省官僚たちの、勇気ある怒りの本音が聞きたい。

 

自民党の選挙公約に「幼児教育・保育の無償化」をうたっていたが、やっぱりウソでした。

 
「3歳から5歳までの子供の教育費の無償化をするから、自民党に投票してね」というウソに騙されて、多くの国民が自民党に投票し、自・公明が圧勝した先月の総選挙。
 
あっという間に、「認可外保育は無償化にしない」と言い出した。まんまと、ダマされた形だ。
 
というか、冷静に考えれば、そんな予算があるわけない、と気づかなかった有権者にも責任はあるが、オレオレ詐欺にも匹敵するウソツキであろう。
 
結局は、消費税率だけアップして、増税分のお金は政治家の懐の肥やしになる。国民は金だけむしり取られる結果となる。
 
こんなくだらない「インチキ・マニフェスト」に怒る国民さえいなくなっている。そのくらい諦め感満載の日本政治に日本を守れるはずがない。
 
トランプ大統領にヘラヘラしっぽを振り、犬になっている安倍首相は、いっそのこと日本をアメリカに売り飛ばし、51番目の州になることをおススメする。そのほうが、日本国民の北朝鮮からの脅威がうすれるのではないだろうか。
 
 
 
 
 

 

 
 

 

座間遺体事件の報道に思う①

テーマ:

事件が起こると様々な報道がでる。マスコミとしても視聴者に興味をもってもらえるよう構成する。それは仕方がないにしろ・・・。

 
今回の座間遺体遺棄事件に関しては、お粗末すぎる。
 
そのお粗末な内容の1つに・・・
SNSでつながりを持っていたという、女性へのインタビュー。どのテレビ局でもやっている。
モザイクと音声変化をかけられた、自殺願望女性の話。「私も、自殺願望がありー、SNSでつながってー、白石容疑者と何回か連絡とってー、自殺の仕方を教えてくれるって言ってー、電話で会いましょーってなってー、会う約束をしたらー、ニュースで遺体とかがたくさん出てー、もし本当に会っていたらーと思うとー、もう震えが止まら無くなってー。・・・・」????
テレビ番組のMCやコメンテーターも「本当に怖いですね。このA子さんも、実際に会っていたら殺されていたかもしれないと思うとゾッとしますね。」なんて、まじめな顔をして言っている。
 
自殺願望者が、「白石容疑者に殺されてたかと思うと震えが止まらない」と言っている。このボケに対して、誰もツッコミを入れてくれない。こんなお笑いのような発言しかできない人間を、この凄惨な事件の報道に出演させてはいけない。
 
こんなエセ自殺願望者と、本当に苦しみ誰にも言えなく自殺を考えている人と、区別して報道してほしい。
 
自殺防止に本気で立ち向かっているNPO法人で尽力している知人がいる。彼らは自殺願望遊びをしている者を相手にしているほど暇ではないことも知っている。
 
白石容疑者の弁護士は、この事件を「心神耗弱者」か「自殺幇助罪」にして減刑を考えるだろう。
本気で自殺を考えていない「自殺遊び願望者・自殺願望を装い遊び仲間を広めようとする人々」を殺しても自殺幇助罪にはなりません。
警察、検察の皆さん、裁判でひっくり返されないようにしっかり証拠固めをして「連続殺人事件」として起訴に持っていってほしい。
 
 
 
 

 

テレビドラマ「先に生まれただけの僕」が面白い。嵐の櫻井翔くんが主演。

 
個性の強い教師たちが、櫻井くん演ずる企業から出向した校長を悩ませるストーリー。
 
教師たちもコメディータッチされ、社会性のまったくない人種にデフォルメされているが・・・。
 
こんな教師、実際にたくさんいます。
 
教科だけ教えていれば給料もらえると思っている先生。
会議の時間に必ず遅れてくる先生。
コスト意識の無い先生。
若手だからという理由で「私、何もできないわー」という先生と、その新人に何もアドバイスできない(しない)先輩と管理職。
問題意識、危機意識がまったくない(考えようとしない)先生。
保護者は顧客であるという意識のない先生。
困ったことがあると、サーッと帰宅する先生。
生徒と一緒にいるのが嫌いな先生。
書類の提出期限を守らない先生。
来客があっても挨拶できない先生。
人と関われない、会話ができない先生。
丁寧語が使えない先生。  などなど
 
私は、大学卒業後、都内の一般企業で数年間働いてからの教員採用だったので、教師になった当初は、このルーズさ、社会性の無さに戸惑った。
 
良いか悪いか、今は慣れてきてしまったが・・・。
確かに、教師という職業は、ひとり一人の生徒に本気で向き合い、また運動部活動担当になるととても忙しい。時季によっては、一般企業にいたころより忙しい。月の無償残業時間100時間超えは普通。いわゆるブラック企業です。
 
でも、来客には挨拶するとか、時間は守るとか、書類は提出日前に必ず出すとか、保護者(顧客)の質問や苦情に丁寧に応えるとか、社会人として当ったり前のことは、続けている。
 
このドラマ、リアルすぎて面白い。