庭先乗馬 55才から乗馬をはじめて7年 今は庭先で馬に乗っています

庭先乗馬 55才から乗馬をはじめて7年 今は庭先で馬に乗っています

場所は北海道の中標津 生まれも育ちも横浜の私は、ムツ牧場(ムツゴロウ動物王国)
のおかげで、この生活を始めることができました。

そのいきさつと今を、愛馬リュウとともに綴ります

このブログは、馬のリュウが主人公で、人間の私はわき役です。


馬がそんなこと考えるわけがないだろ! という指摘はご勘弁ください。また、リュウは私の娘という設定になっていますが、私は変態ではありません、念のため。


テーマは、「馬・乗馬のこと」「ムツ牧場のこと」「土地探し、家・牧場づくりのこと」「中標津・道東のこと」などになります。


おまけに「釣りのはなし」がときどき出てくると思います。

 こんにちは! 馬のリュウと、犬の空とヒマワリの父です。

 

 昨日はムツ牧場のお手伝いでした。親方に急用ができたが、お客さんが3人乗るので補助に入って欲しいとのこと。

 

 「いいけれど、リュウの調子がイマイチだから、馬、貸してね!」 「はいよ、じゃあチャチャ丸でも!」

 

 ゲッ!! たしか3~4年前に一度乗ったことがあるのですが・・・・ で、乗ってみると、

 

 いや~、もちろん経験はありませんが、カバに乗ったらこんな感じなのかな~ 

 

 胴体が太くて、跨ると両足が大きく広がります。開脚角度は120度ぐらい??

 

 それに、目の前にある首の太いこと! なんかスゲエ~~!

 

 でも、しばらくすると、妙な安心感に包まれるのに気づきました。「なにがあっても動じない!」、「なにかとぶつかっても壊れるのはあっち」という安心感です。大型トラックを運転しているような感じでしょうか。

 

 さっき様子を見に行ったら、例のごとく、ラブラブの二人(馬)でした。

 

 やがてリュウはチャチャ丸のお尻の方に行って、

 

 

 おいリュウ、まさか、その、きったねええケツを舐めないよな??!!

 

 なんかムカつきますが、

 

 おいチャチャ丸、明日からまた留守にする。リュウのことを頼んだぞ!  

 

 

 

 

 

 みなさん、こんにちは。こころ優しい馬のリュウです。

 

 もう、冬がすぐそこまでやってきていますが、私は元気です。

 

 先日、久しぶりにポエムとチビにも会ってきましたが、元気そうでした。

 

 わがままなお父さんのお相手も、ちゃんとこなしています。

 

 

 

 でも、昨日から右前のアンヨ(オテテかしら?)が調子悪くてお休みしています。お父さんが重すぎるせいだと思います。ちゃんと減量が済んでいないのです。あんなに約束したのに・・・ (ノД`)シクシク

 

 だというのに、心優しい私は、最近お父さんが撮った写真を紹介してあげます。マアマアの出来だと思います。

 

 順不同です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は、星の写真も撮っています。まだまだ下手クソですが・・・

 

 

 

 

 

 

 カメラさんは良いわよね、あの重たいお父さんを乗せることもないし、むしろ背負ってくれるんだもの。

 

 あ~~あ、私もカメラになりたいわ!

 

 

 

 

 

 みなさん、おはようございます。親思いの、馬のリュウです。

 

 昨日も、お父さんを乗せてあげました。

 

 チャチャ丸君も一緒(奥にいるでしょ!)だから、別に構いませんが・・・

 

 だけど、これはないでしょ!

 

 なんで、カマクラ親分が隣にいるのよ~! ムカつくわ!!

 

 

 

 そのカマクラ親分ですが、数年前の圧倒的な存在感は薄れてきたような気がします。背中の筋肉が落ちて、背骨が目立ってきました。親分も齢をとるのですね。そのせいでしょう。

 

 こんなに可愛いのに、とにかく気が強い! 気迫で圧倒してきたのですが、今後は、さて・・・・??

 

 でも、親分には親衛隊がいるのです。まずは、大吉おじさん。

 

 とはいえ、カマクラと同い年なので、同じように老けるでしょう。

 

 そして、隠れ親衛隊。親分の一人息子のカマ吉君。まだ小僧なので、戦力外!

 

 親分引退後の後釜を狙う第一人者はリュウですが、親衛隊はこいつだけ。

 

 図体はデカいけど・・・ どうかな~?

 

 なんて考えながら、のんびりお散歩。この順番なら平和そのものです。

 

 終わった後で、野菜の切れっ端を他の馬たちと一緒に貪ります。リュウもチャチャ丸も真ん中で威張っています。

 

 が、そこにカマクラ親分の嘶きが一閃!! 多くの馬がぶっ飛ぶ中で、リュウとチャチャ丸は動じませんでした。

 

 これは、ひょっとしたら・・・・?