● 冷凍庫の余った保冷剤で、保温対策をしましょう♪

 

こんにちは。

 

神奈川・相模原アーユルヴェーダサロン、ルナーシャの関です。
  

 

今日は、秋を通り越して冬の寒さでしたね。

 

サロンのお客さまに、ついこの間までは暑さ対策でしたが、ここ数日は寒さ対策です。

 

今日は、久しぶりに温めた保冷剤で、足を温めていただきました。

 

ほんわかアッタカイ、ふにゃふにゃしたカイロのようなもの。

 

お客さまに、保冷剤なんですよ~とお伝えしたら、ご自宅でもやってみるとのこと。

 

こちらのブログで、保冷剤を温めて、保温剤として使う方法をご紹介したのが、ちょうど1年前でしたね。

 

寒くなってきたので、もう一度、お伝えしますね。

 

・まずはコチコチに凍った保冷剤を、冷凍庫から出して、常温に戻します。

 

・その後、保冷剤の入る大きさの器に、熱いお湯(70度~90度くらい)を入れて、3~5分ほど、浸しておきます。

 

IMG_20161101_190141765.jpg

 

・乾いたタオルで表面を拭いて、出来上がりです。

 

中身がジェル状の保冷剤で作ってみてくださいね。

 

 だいたい1時間くらいは、温かさが続くので、お腹に当てたり、足元においたり、タオルで包んで首に巻いたりしてください。

 

ちょっと、冷ましてから、まぶたの上に乗せると、アイピローにもなりますよ。

 

何回くらい使えるのかな~と思っていたのですが、パッケージが、劣化するまで何度でも使えます^^

 

いくつか注意点も、お伝えしますね。

 

・お湯から取り出すときは、熱いので注意してくださいね。

 

・電子レンジで温めるのは危険なのでやめましょう。

 

・あまりにも熱いお湯にいれると溶けてしまうことがあります。

 

・低温やけどにご注意を。

 

冷凍庫の中で、邪魔になっていても、なんとなく捨てられずにあった保冷剤。

 

今年の冬は、保温剤にして、肩やお腹や、腰や手足を温めてみてくださいね。

 

JR横浜線相模原駅徒歩1分
【「心と体」「痛みや滞り」を健康メンテナンス
たおやかな女性を作る
アーユルヴェーダサロン・ルナーシャ】


メニュー・料金表

サロンのご案内・アクセス
お客様の声
最新ご予約状況
初めての方へ・よく頂くご質問
ご予約フォーム
ホームページ
電話番号 090-9646-1921
メールアドレス runasa.ayur@gmail.com

女性専用・予約制・営業時間9時~22時(最終受付19時

 

神奈川/相模原・横浜・川崎・大和・伊勢原・厚木・藤沢・湘南・東京/町田・稲城・多摩・八王子・埼玉 遠くは 名古屋・三重からもご来店いただいています。

 

 

● 頭痛や歯痛、生理痛のときに、押すと良いポイント。

 

こんにちは。

 

神奈川・相模原アーユルヴェーダサロン、ルナーシャの関です。 

 

 

朝から雨が降っていましたが、朝ヨガに行ってきて、気持ちが良かったです。

 

けれども急な寒さで、体調を崩している方が多いですね。

 

頭が痛かったり、歯が痛かったり、生理痛がありませんか?

 

そんな時に、押したら良いよ~と言われる、ポイントをお伝えしますね。

 

それは、親指と人差し指の間です。

 

この場所は、クシプラマルマと呼ばれる、ツボのようなところなんですね。

 

心臓や、肺や、呼吸器に影響がある場所ですが、頭痛や歯痛、生理痛などにも効く場所なんです。 

 

少し強めに、痛気持ち良いくらいな感じに、刺激してあげてくださいね。

 

自然療法でマッサージや鍼灸の圧点を、ツボとか経穴と呼びますが、似たようなポイントをアーユルヴェーダでは「マルマ」と呼びます。

 

昔、戦争などで、攻撃すると命を奪うとか、怪我をすると治りにくい場所と言われています。

 

と、同時に、「気」の流れをよくしたり、障害物を取り除いたりするのに用いられるポイントなんですね。

 

どこかに痛みがあったら、からだの巡りが悪くなっているのかもしれません。

 

気の流れをよくするために、親指と人差し指の間の「クシプラマルマ」を刺激してみてくださいね。

 

JR横浜線相模原駅徒歩1分
【「心と体」「痛みや滞り」を健康メンテナンス
たおやかな女性を作る
アーユルヴェーダサロン・ルナーシャ】


メニュー・料金表

サロンのご案内・アクセス
お客様の声
最新ご予約状況
初めての方へ・よく頂くご質問
ご予約フォーム
ホームページ
電話番号 090-9646-1921
メールアドレス runasa.ayur@gmail.com

女性専用・予約制・営業時間9時~22時(最終受付19時

 

神奈川/相模原・横浜・川崎・大和・伊勢原・厚木・藤沢・湘南・東京/町田・稲城・多摩・八王子・埼玉 遠くは 名古屋・三重からもご来店いただいています。

 

 

● 排泄物が全部出ました。(お客様のご感想)

 

こんにちは。

 

神奈川・相模原アーユルヴェーダサロン、ルナーシャの関です。
 

 

昨日の暑さから一転して、今日は冷たい雨ですね。

 

この気温差で、からだの調子を崩さないように気をつけましょう。

 

さて今日は、お客さまからいただいたご感想を、ご紹介しますね。

トリートメントが終わったあと、少しからだがだるいとおっしゃっていたので、その後の状態をお聞きしてみました。

 

体のダルさはそれほど長引かなかったのですが、夜は排泄物が全部出ました。

 

その後、のんでいた白湯が腸の中に残っていたものを吐き出すように、バシャーっと水の様に出てきました。


昨日はすごくオナラが臭かったです。

 

汚い話ばかりで失礼しました。

でも、何か関係あるような気がしたので。。

Aさま (40代)

 

ご感想をありがとうございます。


トリートメントの後は、アーマと呼ばれる未消化物(毒素 )がオイルと融合されて、発汗によって動き出すのですね。
 

そして、少しづつ、からだの外に出していきます。

 

排出されないと重たいままなので、アロエジュースや白湯などをお飲みいただくように、お願いしています。


Aさまの場合は、今まで貯まっていたアーマが上手く排泄されたのですね。


オナラの臭いもそのための反応だと思います。
 

定期的にトリートメントを受けていただくと、だんだんアーマの蓄積が少なくなり、良い状態を保っていただけます。
 

健康のための、メンテナンスなんですね。

 

仕事中の飲み物を白湯に変更しています。


白湯って飲み物だと思うと意外に抵抗なく飲めますね。


家でも白湯を飲んで、すっかり習慣化し始めています。

 

私も、何年か前までは、白湯を飲む習慣がありませんでした。

 

白湯はからだに負担になるような余分な成分がなく、体を温めながら、水分を補給してくれます。

 

少しづつ、続けていくと、美味しく感じられるから本当に不思議なんですよね。

 

毒素を溜めないからだ作り、これからも応援しています^^
 

JR横浜線相模原駅徒歩1分
【「心と体」「痛みや滞り」を健康メンテナンス
たおやかな女性を作る
アーユルヴェーダサロン・ルナーシャ】


メニュー・料金表

サロンのご案内・アクセス
お客様の声
最新ご予約状況
初めての方へ・よく頂くご質問
ご予約フォーム
ホームページ
電話番号 090-9646-1921
メールアドレス runasa.ayur@gmail.com

女性専用・予約制・営業時間9時~22時(最終受付19時

 

神奈川/相模原・横浜・川崎・大和・伊勢原・厚木・藤沢・湘南・東京/町田・稲城・多摩・八王子・埼玉 遠くは 名古屋・三重からもご来店いただいています。