伝統には味があるat三越本店

テーマ:

No.394

みなさんこんにちは!

 

お口の健康から全身の健康を創造する

口腔総合プロデューサー上原 諒人です

 

 

昨日は台風の中

東京日本橋へ

 

 

あるセミナーを受講してきました

 

セミナー会場の最寄駅が

三越前

 

 

三越本店です

 

 

 

ルネッサンス様式の威容を誇る日本橋三越本店の現在の建物は

昭和10年(1935)6年の歳月を費やし増築改修されたもので

完成当時は「国会議事堂」「丸ビル」に次ぐ大建築でした

 

 


 

平成28年(2016年)7月

本館が国の重要文化財に指定されました

 

 

 

 

この像は三越のお客様に対する基本理念

「まごころ」をシンボリックに表現する像として

「まごころ像」ともいわれ

日本橋三越本店の象徴ともいえる存在です

 


 

製作にあたったのは名匠・佐藤玄々先生

京都の妙心寺内にあるアトリエで

多くのお弟子さんとともに

「構想・下絵・原形・試作」

という数々の行程を経ながら

完成までには約10年の歳月を要しました

 

 

 

 

また待ち合わせの場所として親しまれながら

本館正面玄関でお客様をお迎えする2頭の「ライオン像」

この像が誕生したのは大正3年(1914)のことです

 

 

この「ライオン像」の注文主は

三越百貨店の基礎を築いたとされる当時の支配人

日比翁助

 

その日比が百貨店開設の準備のため

欧米を視察したときにイギリスで注文したものです

 


ロンドンのトラファルガー広場にある

ネルソン記念塔の下の4頭の獅子像がモデルとされ

 

英国の彫刻家メリフィールドが型どり

バルトンが鋳造したものです

 


 

完成までに3年の歳月を要したこの仕事は

イギリスの彫刻界でも相当な話題となったそうです

 

 

 

このような伝統の元

三越は「まごころ」を育んでいるんですね

 

 

 

セミナーの後東京駅から新幹線で帰りました

 

台風の影響で広島駅到着がなんと夜中の3時

 

 

JRの職員の方は徹夜ですね〜

 

 

ありがたいです

 

 

おかげさまで本日の診療に間に合いました

 

 

臨床歯周病学会

歯周内科学会の認定衛生士が

丁寧な施術と指導で

みなさまのお口の健康を守ります

 

ご連絡は下記から

クリック下矢印

http://www.u-d-c.jp/pages/contact/index.php

受付 伊藤芽衣・川崎彰子