リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

◆片岡勁太は実在しない「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物である。日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は皆無である。

「競馬番組表」なんて用語は存在しない!!
 よって「番組表理論」とは「競馬番組解析」とは全く別に存在する所謂、「バズワード」として扱うので「何が勝っても構わないレース」「1着でも2着でも良い連対許可」「同枠馬は同じ成分で出来ている」などという曖昧な概念は自信の無い競馬番組表論者独特のものである。そして、何よりも真の番組論者とは、誕生日がどうの、サインがどうのCMがどうのと言う類を口にする事はあり得ません。
片岡勁太は、競馬番組の付録である場別編成表のみに固執することにより主催者の意匠を占う方策を講じているが、その本文や、規定、関連法令には見向きもしない点で、我々に比して非常に疎いから、その面で、一般競馬ファンの一般的な競馬に対する戦略を知的弱者と蔑む事で、己を正当化せざるを得ない。そのような一般の存在によって我々に高配当が付与されている現実を直視しない稚拙。
 当ブログのアメンバーは、基本的に、競馬ブログを日常的に書かれている方に限定してOKを出していますが、気軽に申し込んでください。リゲイン総研は「あなたのヤル気」と称してチンケな会費をギャンブラーから掻き集めて駄賃にしながら一般人が片手間に運営するような有料素人自画自賛型予想サイトではありません。
 尚、読者登録の殆どの方は競馬番組解読研究者でも相互リンクでもありませんし、その殆どがアクセスアップのみを狙ったブログである事をご承知置きください(逐次、整理します)。
 「私は有馬記念は完全的中します!外れたら金杯予想を無料にします」と特別会員募集の為のマッチポンプや期間を細切れに集金するような給食費回収、注目馬で勧誘するアクセスランキングやブログランキングの投票を強要したり、クリック誘導するようなクソ素人感覚は元々持ち合わせていませんので、当研ブログが唐突に更新停止・開店休業状態になる事があります。
 理論に対する批判は当然、賜りますが、当研の日常などについての誹謗や中傷、興味無いなどの意見は一切は受けませんので排除します。
 アメンバー、読者の見直しは、「コメントの内容やレベル」などを受けて独善的に行いますので、当研から外されるのが気にいらない方は、【自ら登録解除】してください。1度、自ら登録解除されても、その事だけを再登録拒絶の理由には致しませんので、ご安心ください。
 時に「解説が少ない」「後検量がない」と批判を受ける事がありますが、当研はカスリもしていない終わったレースに、後づけでコジつける安直な事は行いませんし、書こうと思っていたと後付け原稿を出してしまう程の事はしません。逆に、中れば、中ったで自慢げにその根拠を長々と浅く詳説するようなことはしません。その類は、それがお得意な巷に多数存在する一般人の片手間有料サイトに要望してください。

 尚、戦歴解析支援Aftr.py導入には、Python2.x、CherryPy及びdropboxのインストールが必須です(現在有志であるpasser氏の都合で休止中)。



NEW !
テーマ:

 インフエンザの戸崎にやられた...w。有馬経路は一昨年前だった。

 今年の「AJCC」の馬齢分布を見ると、若駒順に1点か2点を勝馬投票券として成立させるしか、方策が無い。それ自体が異常な状態であるから、逆に疑ってみた。中間、「熱発した」という3歳デビューの生涯戦歴4戦目で菊花賞馬となった特異馬フィエールマンは、通常は、それで仕事は終わるはずであった。嘗て、山藤賞、ラジオNKを連勝したアロマカフェが、菊花賞馬に出るだけの存在であった事実。

 通常であれば、1キロ増量しか得ていないジェネラーレウーノがG2 56キロまでなら敵無しになるが、敢えてノーマークにしたから、ロータス馬券となったら、見るべきところが無いものに堕ち切ってしまう。

 ダービー1着枠の力関係は菊花賞ブラストワンピースにしか届けることの出来なかったが、それが有馬記念の為のものだったのか。よって、菊花賞経路の連対構造には違和感となり、有馬経路が関わる必要性を感じる。




テーマ:

 下河辺生産のサトノウィザードが無敗記録を伸ばすことに期待してか集票力を存分に発揮しているが、1戦1勝馬が素質だけで、勝つようなレースを(L)にはすまい。それでも国際を名乗る500万下条件戦には変わりないというジレンマである。戸崎圭太不在は、ここには関係無いが・・・ま、いいか。

 



テーマ:

 以下、当研理論とは、一切無関係である所謂、コーヒーブレイクな読み物です。1月11日(金)に先に40歳となった栗東所属の在邦外国人騎手ミルコ・デムーロは、クリストフ・ルメールと共に金杯施行週騎乗不能だった。そこで、騎乗を開始した2週目2日目に彼が試行的に1つの戦略としてライバルであるルメールのいない開催場への参戦であった。初日に用意された重賞「京成杯」を案の定ルメールに獲られ、自らは3番人気で12着惨敗を期し最悪のスタートを切ったデムーロであったが、ルメールと共に2日目「中山」滞在するのではなくわざわざ「京都」に移動したデムーロは、3日目には再び「中山」に戻らねばならなかった。



 それでも、敢えて帰京したデムーロの思惑いや戦略は見事にハマったのである。その結果、「日経新春杯」を初め、その日は4勝するに至った。しかし、その日の彼の敗退歴には単勝1番人気で16着が2回、2番人気で14着というものも含まれている。どちらにしても、総合的には星は良好と判断したデムーロは、今週も、その戦略を2日共に採用する。結果の善し悪しは彼の意気込み次第であり、メディアが作り出す集票力には、「過大評価」も多々あるように結果は、構築される。


 逆に、ルメールにとっては、デムーロ不在の環境で、臨戦出来る訳で、先週の2日目も、重賞の無い「中山」に滞在して、3勝を挙げ、現在の星の数は共に5勝で分け合っている。これは、デムーロ単独戦略ではなく、ルメールとの共闘戦略かもしれない。


 既に、武豊を初めとする日本人騎手が「危機感」を感じ、それを口にする状況になったのだから、2人もウカウカしていられないのは事実である。幸いジョアン・モレイラは、JRA騎手免許一次試験を不合格となり、あちらの日本競馬に対するモチベーションも堕ちているだろうから、騎乗は「短期免許」でしか無い。藤井勘一郎あたりがJRA所属となっても、敵では無いと読んでいるのだろうが、包囲網は必ず存在するはずである。まぁ、アンカツなどのように、これみよがしな騎乗をするモラルハザードは起こらないだろうが、今後の2人の星の行方は、流動的である事は間違い無いのである。



テーマ:


 「若駒S」のゲート番の配当が為された。岩田は予測を違えて6枠配置となり、3着馬固定の権利を捨て去った。さて、ここで当研の試行の方向性を横の流れ(先行の「ジュニアC」「紅梅S」)から、施行距離の方へ移す事となった。どちらにしても、テンハロンの3歳オープンの(国際)化である。
 3歳重賞のテンハロン戦の初めての(国際)は、2009年の「第49回京成杯」が担当した。起用馬5枠アーリーロブストでヤネは福永祐一、経路は先日も話題にした「エリカ賞」である。初勝利は3戦目の未勝利で、未勝利を勝つまで京都のマイル戦に固執していたスペック。と言っても、似た物探すのは、同じ事を繰り返す事が出来ない主催者に対しては、論外で、所詮、(国際)の看板をぶら下げた条件戦である。
 ヴェロックスは芝18戦に固執したスペックで、単純経路はナカヤマフェスタという事になるが、人気は、これがテッペンになるのだろうか。しかし、我がP馬ブラヴァスが人気の番手を張る程の集票力は無いだろう。

 福永のリオンリオンは、億に少し不足した当歳セレクトセール馬だが、2つ上の全兄ダノンディスタンスは、2017年の前消で5頭立になった当該「若駒S」を2着したスペックである。勝ったアダムバローズには明け3歳出走歴「京成杯」を所持していた。しかし、この「若駒S」でOP馬となったスペックは存在しない。
  (国際)の経験が必要か?という疑問は、総ての出走馬が平等な状態で施行されるのが基本であるから、そこに起用性の軸が存在しては、平等は維持されない。だから「ジュニアC」では未勝利直行の(外)ヴァッシモンを起用できたのである。

 サンプルとして、直近型に拘るのであれば、馬齢限定2歳(国際)OPのテンハロン戦として唯一になる「芙蓉S」が挙がる出走表は用意できないが単勝1番人気1着馬はミッキーブラックルメールがテン乗りした。これは、今年は(L)には指定されていない。つまり幕を引いていない(国際)。メイクデヴューは福島芝18である。戦歴のコピーを探すよりも、当研の個人的好みは、対象番組を介してのバトンタッチ理論(独断命名)。これでいくと、1枠01番ショウリュウイクゾになる。あまり馬名を挙げると、勝馬投票券が少数に収まらないので、この辺で、留めよう。


テーマ:

 是非、3連単(馬単)を1点で、中てたい8頭立リステッド競走として、特別登録段階から気になっていた当該「若駒ステークス」であるが、リステッド初年度に、500万条件戦を施行するというポジションは気にいらないところ。昨年末の「エリカ賞」の再特別競走化については、然程、話題にもしかなったのは、これを逃げ切ったのが単勝1番人気の▲牝馬エールヴォアであったからなのだが、2着馬◎ブラヴァスはデビュー前から要注意馬としている個性。馬主が大魔人佐々木というのが気に入ら無かったが、ヴィルシーナの初仔なのだから、人気もあったJRA-VANのP馬としてエントリー済である。
 レースの検証とは全く関係は無い訳だが、これが人気上位になれば、それなりに。で、2歳重賞で、4着以内となった2頭のみに与へられるのがレーティングで、ヴェロックス108キングリスティアはG1出走なので、全馬が対象となるから107が与えられている新馬勝歴馬である。人気は、これらに追随するだろうが結果は、そうとは限らないのが日本競馬。

 まずは、対決構造だが、新馬勝歴馬vs未勝利勝歴馬になるかは、その配置は「奇」か「偶」かによる。出走馬が8頭しか存在しないので、取消処理が行われないと、奇偶4頭ずつになる。コース経験では、新馬戦のみのサトノウィザードが条件戦勝歴馬としては「無敗」の機会を持つスペック。残る無敗馬の機会を持つのは、牝馬フェアリーポルカになる。これも、「エリカ賞」の結果から、皆無とは言えないと思うのは、当研の独善。集票力は無いだろう。

 出走馬は、騎手も、厩舎も。総てが栗東所属で、先行の(L)である「ジュニアカップ」も人気も結果も、美浦所属馬為だけのものとなったのは通ずるもの。1着起用は(外)ヴァッシュモンで無敗馬生成は為されなかった。「若駒S」にも登録段階では、存在した(外)が存在したが、回避。牝馬の減量勝歴馬であった。
 そして、これが唯一の美浦所属馬でもあったが、結果に影響を与へるものでは無いのだろう。藤田にでも継続騎乗させるのであれば、話題性が高いのだろうが、そうは問屋は卸さない。

 枠番予測はしないが、岩田は1枠01番になるでしょう。そして3着です。ガセネタですが...ww。







テーマ:

 「第66回新春杯」というハンデ戦を経て、「第60回AJCC」へと移行する。至極当たり前の風景を消化する現行競馬は、関東馬と関西馬が、番組内で分断する訳でも無い交流の渦の中、天敵ルメールのいない戦場で、大衆や一口馬主らの推挙に応えた菊花賞5着馬の明け4歳馬グローリーヴェイズ
 やはり、明けても4歳馬最強の流れは継続すると見るのが妥当だとするメディアの発信の真偽は如何なるものなのか。結果、殿敗退を期したTH馬ガンコが存在しなければ、十分射程距離となるハンデ55キロの丼馬券は、6歳馬だけに存在した条件ハンデの勝ち上がり2頭が、2着3着を分け合う形を採用した。
 そして推挙の番手に位置したムイトオブリガードがG2ハンデを55キロで2着したにも関わらず、惨敗する結果は、まるで、パフォーマプロミス(4歳馬不在の前年戦1着馬)の完全否定にも似た感覚を我々に齎せる。しかし、その2着馬の同枠配置となり8着に負けたルックトゥワイズが「新春杯」で2着現物起用されたのも事実である。
 この舞台装置には「新春杯」を制した4歳馬が5着に負けた「菊花賞」の頂点に昇華したフィエールマンがいる。菊花賞1着馬が、その年の「有馬記念」で再び激走する風景を何度となく見せられた競馬ファンには1点の曇りも無いのだろう。
 迎撃する側は、ディフェンディングのダンビュライト世代なのか?と言ってもこの世代、つまり明け5歳世代は、同馬が唯一である。6歳でも前走「有馬」とは言え、一昨年の「有馬」であるシャケトラと、一昨年の3着歴を持つミライヘノツバサ、そしてメートルダールの3頭のみ。
 そうなると、一般、メディアの視線は、一斉に明け4歳クラシック皆勤馬ジェネラーレウーノに向かうのは、必然である。Bコースとは言え、同一コースの実績も所持する(祝)勝歴馬である。その「第72回セントライト記念」を12着に負けた(外)タニノフランケルでさえ「第68回中山金杯」を3着し、13着に付き合ったギベオンは「第54回中日新聞杯」を56キロ1着起用されるのである。
 前走「有馬記念」という実績は、継続して走るスペックにとって年に1度のチャンスであり、その為だけに出走したがる無名馬もいるぐらいで、昨年のレインボーラインスワーヴリチャードは「有馬」次走のG2を制して(優)を獲得し1着起用された。通常は、そうそううまく行くはずもなく、「有馬」次走のG2勝利後出走のG1の舞台でしくじったミッキークイーン(2017Vマイル)やゴールドアクター(2016春天)など数多く存在するのも事実。


 「AJCC」の話をしよう。昨年の単勝2番人気馬の前走は前年末の準opである。それでも、そのスペックには「弥生賞」「皐月賞」連続3着というページがあった。
 同じ経路であった昨年の「新春杯」のパフォープロミス。そして、昨年のこの2頭は、共にデムーロの手綱であった。だから今年の「AJCC」にデムーロが騎乗して1枠02番に配当されたら狙いたくもなるが、残念ながら今年「AJCC」の1枠配置馬はゲート番号01番馬のみである。しかも、そもそも特別登録馬に「前走準op勝ち上がり」がいない。
 参考までに書いておくが、この経路でG2を1着したスペックのシンボルは、マツリダゴッホで、ダンビュライトが、これを倣う可能性は、次走が「日経賞」なら・・程度の蓋然性である。ちなみに、「AJCC」の連覇は、(旧)G2時代のネヴァブション(6→7歳)、G制導入前のアンバーシャダイ(5→6歳)の2頭のみである。
 つまり、下手すると、非常に配当の低い結果も予感する今年の「AJCC」ではあるが、それでも、探すのが当研のリゲイン性であるから、注目馬を1頭。こうなると少数では、高齢馬の激走という滅多に無い機会に賭けることになるが、昨年はキーホースとして馬名を挙げたマイネルミラノではなく、サクラアンブルールである。迷ったのはステイインシアトルという初めて性。(ステゴ産駒だから中山走るとは限らないのは百も承知)


テーマ:

 真っ先に斬ったガイジンが、また1着とか見てられん。。

(しかし、朝日に毎日、釜山などレース名に頂くには不甲斐の無いスポンサーが増える中、京成もいや、間違えた。京王杯の系統子会社による長期に渡る信頼関係を裏切るJRに対する詐欺事件。それが賞金に廻ると思うと賭ける気にもならないが、京成杯は、大丈夫なのだろうか?紅村康社長など、処分に値するだろう。)

 結局、ここへ出て来た「葉牡丹賞」連対馬の再戦は、人気ではなく実走着順のままという人気通りの結論と相成ったが、再現は行わない。良くて、1着3着の関係となる。これこそ、再現再生の完全否定の表現である。計時なんぞ、意味は無いのだが、レコード計時は、その記録に馬名を添えて残るものである。
 競馬会は、それまでの記録を更新させるには、それなりの理由が存在する事を前提とするのが、当研の考え方である。だから、記録も、ああいう分類で為されているのである。斤量も、馬場は愚か、人気も、コースも全く考慮しない。速けりゃ、それで十分な理由とは、その内容に依存しないという事である。それが、古馬にはG3ハンデしか存在しない「皐月賞」の距離で更新された意味。シークレットラン1分59秒6というレコード計時は2005年ナイトレセプション以来の更新である。皐月賞レコードは2013年ロゴタイプ1分58秒0である。これも、古馬記録としては、ラブリーデイが2015年の「中山金杯」で更新しており現在は1分57秒8が認定されている。しかし、G1競走が存在する現行競馬で、条件戦がレコードを保持しているのは主催者にとって、目の上のタンコブである。




テーマ:

 全く、別の方向を向いてる感じやなぁ。美浦所属馬か。。坂路改装の為の根まわしかいな。。

 ガンコウインテンダネスが同枠配置となって、昨年2着のヨコテンが8枠配置で、悩んだ挙句に、全く異なる立ち位置で、勝馬検索するに至った。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス