リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

◆片岡勁太は実在しない「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物である。日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は皆無である。

「競馬番組表」なんて用語は存在しない!!
 よって「番組表理論」とは「競馬番組解析」とは全く別に存在する所謂、「バズワード」として扱うので「何が勝っても構わないレース」「1着でも2着でも良い連対許可」「同枠馬は同じ成分で出来ている」などという曖昧な概念は自信の無い競馬番組表論者独特のものである。そして、何よりも真の番組論者とは、誕生日がどうの、サインがどうのCMがどうのと言う類を口にする事はあり得ません。
片岡勁太は、競馬番組の付録である場別編成表のみに固執することにより主催者の意匠を占う方策を講じているが、その本文や、規定、関連法令には見向きもしない点で、我々に比して非常に疎いから、その面で、一般競馬ファンの一般的な競馬に対する戦略を知的弱者と蔑む事で、己を正当化せざるを得ない。そのような一般の存在によって我々に高配当が付与されている現実を直視しない稚拙。
 当ブログのアメンバーは、基本的に、競馬ブログを日常的に書かれている方に限定してOKを出していますが、気軽に申し込んでください。リゲイン総研は「あなたのヤル気」と称してチンケな会費をギャンブラーから掻き集めて駄賃にしながら一般人が片手間に運営するような有料素人自画自賛型予想サイトではありません。
 尚、読者登録の殆どの方は競馬番組解読研究者でも相互リンクでもありませんし、その殆どがアクセスアップのみを狙ったブログである事をご承知置きください(逐次、整理します)。
 「私は有馬記念は完全的中します!外れたら金杯予想を無料にします」と特別会員募集の為のマッチポンプや期間を細切れに集金するような給食費回収、注目馬で勧誘するアクセスランキングやブログランキングの投票を強要したり、クリック誘導するようなクソ素人感覚は元々持ち合わせていませんので、当研ブログが唐突に更新停止・開店休業状態になる事があります。
 理論に対する批判は当然、賜りますが、当研の日常などについての誹謗や中傷、興味無いなどの意見は一切は受けませんので排除します。
 アメンバー、読者の見直しは、「コメントの内容やレベル」などを受けて独善的に行いますので、当研から外されるのが気にいらない方は、【自ら登録解除】してください。1度、自ら登録解除されても、その事だけを再登録拒絶の理由には致しませんので、ご安心ください。
 時に「解説が少ない」「後検量がない」と批判を受ける事がありますが、当研はカスリもしていない終わったレースに、後づけでコジつける安直な事は行いませんし、書こうと思っていたと後付け原稿を出してしまう程の事はしません。逆に、中れば、中ったで自慢げにその根拠を長々と浅く詳説するようなことはしません。その類は、それがお得意な巷に多数存在する一般人の片手間有料サイトに要望してください。

 尚、戦歴解析支援Aftr.py導入には、Python2.x、CherryPy及びdropboxのインストールが必須です(現在有志であるpasser氏の都合で休止中)。



NEW !
テーマ:

 「あのレースで、先着した、A馬が後にこの重賞を勝った」だとか、「前走はレベルが高かった」だとか、「負けて強しの競馬だった」とかと、列記とした能力検定した証拠も示さずに3段論法で、持論を正当化するヤツって多いよねぇ。自分に自信が無いから仕方ないが、プロだと名乗る以上、勘だとか、感にだけに依存した他力本願では、プロの名が泣く。

 まぁ、トウシロが、自分の事をわざわざ、「天才」だと「プロ」だのと羞恥無く、堂々と名乗って金を集める方が余程のクレクレ詐欺師なのは言うまでも無い。小銭しか獲ってないから詐欺じゃない訳じゃない。そちゃ、看板点灯用のコンセントを使って自分のスマホを充電して、「盗電」という犯罪を犯している意識が全くない馬鹿と同じである。


NEW !
テーマ:


 函館2歳S覇者は、函館SSで、それ程の成績を上げている訳ではない。一昨年の(外)レヴァンテライオン*1着同枠となったのが、直近。だから、同枠の4歳馬カイザーメランジェに◎を打つ事も想定したが。どちらにしても、大量除外の結果、唯一の2頭枠となってしまった7枠を起点とした。

NEW !
テーマ:

 昨年まではローカルであろうが、中央主場であろうが2歳新馬戦に於ける

1着本賞金は一律700万円だったと記憶するのだが、今年の函館競馬が

開催となり、2歳新馬戦が稼働しているが、その1着馬に交付されるべき

1着本賞金が、2歳未勝利と同じ500万円に減額されているのである。
 ローカルの2歳未勝利(只今、サイトで確認中・・)も500万円で中央と

同額であるから、新馬戦に格差が出ていることになる。

 古い話にはなるが、新馬戦の1着本賞金が現行の700万になったのが

2003年からである。まだ3回東京も3回阪神も新馬戦を稼働していなかった頃の話。

 (父)ナムラビッグタイムが1函1で、いの一番で、700万円の交付を受けた。同馬は結局2歳時のみで4勝を挙げただけに終わって地方へ転厩したが、バクシンオー産駒の総てがダートの短距離を走る訳でもなく、そのまま高知で引退。

 これ以上、昔の話に有意性は無いが、600万円になったのは1997年(抽)テツマスターからである。古い検索をした理由は、過去に中央とローカルの新馬戦に格差があった時期が存在したか否かを確認してみただけである。600万の前が590万円で、馬主がストライキして10万アップを獲得した訳ではないが「たった10万増額」である。1991年までが570万円。1990年までが550万円。1989年までが540万円。その前年までが520万円。さらに前年までが510万円。1986年までが480万円で、詳細確認はせずに「東京」と「函館」の芝の新馬戦だけの比較だが、多分、一律である。

 同じように「2歳未勝利」も変動があるが、一律のようである。ただ、ここは現行の500万より10万高かった時期がある。1997年~2002年までの6年間で「日本ダービー馬」で時代背景を示唆すると、タニノギムレットが唯一、510万未勝利を加算した唯一である。アドマイヤベガも新馬戦を降着になって510万未勝利に出走可能であったが、参戦せずに、未勝利馬のまま「エリカ賞」を加算した新馬未勝利加算歴の無い個体である。勢いで、こんな昔話を書いたが、言いたかったことはツイッターで.140文字で収まる程度の「中央とローカルの2歳新馬戦の賞金額が違う」という事だけである。

 

し、しかし!

 

ウマジンルール変更して、新馬も未勝利も500ポイントにしただけで、日本中央競馬会でのルールは東京でも函館でも700万円のままだった。この原稿を書くために費消した1時間余りが全く無駄になった。ぐ、ぐ、ぐっぞぉ~勿体ないので、読み物としてアップしておく。勘違いしないように!

予想するモチベが。。。あるある。まだある。

 

 


テーマ:


 「ヅカモード」って何だ?と、時にブログ閲覧が浅い読者に問われる事がある。読んで字の如くで特に応答はしないが、特別検証で「鷹取特別」を対象にしている際に、ある案件を思い出した。詳説はしないので、想像して貰えればよい。出目並びだけ示しておく。この「鷹取特別」は「宝塚記念」と同日施行の瞬間があった。今年、再生戦を施行する。即席作表なので、ご容赦。

 


テーマ:

 日本中央競馬会では、2歳新馬所謂メイクデビューが稼働して3週を終えた。そんな既済戦にはまだフルゲート戦の施行は存在しない。それは、出走馬の力関係や、馬主サイドの思惑や2場開催による騎手との兼ね合いなど様々な要素によりフルゲートに満たない買い目の少ない競馬番組が3場開催となり、有力騎手が分散して生成されるフルゲートの新馬戦として、「令和初」としてフルゲート戦が成立した。

 土曜日の3回東京競馬第3日のダート1400M戦である。「令和初」だから「フルゲート」だから「何やねん?」と問われると困るが、そういうポジションの番組が年に1度だけ存在するという面を特殊性と捉えて、似たもの探しを行うと、1着馬は見えて来るのか来ないのか?という話である。
 毎年、今年は継続するぞと思いながら中途挫折になるので、宣言すらしなくなった単勝1番人気馬のサイコロ分析だが、今年も同じような感じになりそうである。2場1日1レースである時期では簡単であったデータ取りも、3場開催となると、面倒になって来るのである。

 ・・・と言っても、モチベさえ維持出来れば、その継続は左程、難しくないのだが、そこに愛はあるのか?いや、そこに生産性があるのか?という問題が、継続を阻害するのである。1シーズン継続しなければ、傾向も対策も得られないのは解っている。
 さて、この新馬戦、3回東京が夏季競馬番組に編入されなければ施行は無いのだが、検索で引っ掛かったのは2013年以降である。つまり過去6回の施行があるが、単勝1番人気馬の勝利は2017年の1回だけ。ラフィアンのアイルハヴアバザー産駒のマイネルユキツバキが勝歴馬である。同馬は当然、現役の4歳馬。つまり半減非処理馬である。4月の下総Sで3勝クラスを勝ち上がり、次走で「平安S」に参戦し7着敗退し、現在休養中の身。
 出世頭はやはり、2015年の11番人気での勝馬マイネルバサラになるだろう。また、ラフィアンだが、それはその筋の特徴でもある。同馬は芝での様子見もせずにダート1本でやって来た現役6歳馬で4歳時に3勝クラスを春と秋で2勝して臨んだ「浦和記念」を制した個体である。JRAではop特別で馬券になるかどうかのレベルだが重賞では狙いにくいキャラとなった。だが単勝1番人気歴を持たないフルオープン馬なので、狙うべきところで狙わないと良い思いは出来まい。
 令和元年。これまで新馬戦は総て芝の9戦で既決し、単勝1番人気馬は4勝である。つまり、当該新馬がダート新馬となる。初めては阪神5Rだが、そんなポジションになる。そういう編成が過去6年とどうなのかは調査していないが、過去5年は総てフルゲートであった。

 

 


 隔年ラフィアンの法則があるのか無いのかは知らないが出走馬にラフィアン馬が2頭存在するのは事実で、共にゲートの内側に小林祥晃(コパノ)所有馬が存在する配置を共有。
 ノーザンファーム生産馬はまだ勝っていないが、その生産馬は203ヴィンカマヨールになる。集票構造は判らないが、藤沢厩舎馬が101ラグリマスネグラスでカジノドライヴ産駒。ラフィアンなら、305マイネルワルツの方がアストリアより上になるだろう。
 美浦のヤマでは816エストラードが52.9秒であり、栗東所属馬はマイネルワルツと同枠の306キメラヴェリテになる構成。藤田騎乗のコパノラクラクが紅一点になる。ダートで下したのから地方転厩要因なのだろう。新馬戦のダンゴ予想は、Umanityで無料公開しているので、そちらで。(追記:無料でも会員登録面倒らしいので、今日だけのサービス↓。中らんからねww)

 3場なのに、こんな事を書き上げていていいのだろうか?とペースに慣れるまでは仕方ないが、書くモチベは、降圧剤などの力を借りなくても、体調込みで十分維持安定している。お見舞いコメントおおきにぃ心配無用でござる。ww
 


テーマ:

 ほら、7枠より8枠だったでしょう。って言訳臭いか負け犬っぽいか?はぁ?枠確定前やからねwww

 3歳以上という括りであれば、2004年の10月31日。(父)チェストウイングという、(市)キングカメハメハが勝った「第71回日本ダービー」を諦めた3歳馬が何とか2勝目を挙げることを発端とするカテゴリだが、そこまで遡って語るつもりは無い。10月31日と言えば「秋天」施行日である。まぁ、ルーツ云々は、この位にしておこう。そこを起点として、年1回から年2回へと「秋季」専門だったものが2012年の6月に発芽し、ここまで成長して来た訳だが、1勝クラスと言う下級クラスは、入れ替わり発ち替わり、その外形を変化させあがら「同じ事を繰りかえす」事実を隠蔽するもので、特に、このクラスが、平場戦と特別戦での交換も顕著であるから、その面も考慮する必要があると思っているのだが、その因果関係を明白にロジック構成出来ないから、今も細々と、無料ブログを書きながら研究している身分。30年を超える研究成果など、どこへやらの状態が続くのは、その変化が激しいからであり自己矛盾が解決できないからでもある。
 だから、堂々と、自慢などする気など烏滸がましくて出来ない日々を送っている。別段、ノーテンキに自慢する人間を羨ましいと思った事など無いが、おおっと、また余計な事を書いている。失敬。
 このカテが初めて特別競走を施行したのが、一部で話題になっている2014年、稼働10年を経てと形容してワザとらしく言い含めるのは、そこらのチンピラ詐欺師に近い言動になるが、2004年のアニバーサリーイヤーなら、それは10年毎に記念的なイベントはやって来る。次は「令和6年」に該当する。まぁ、そんな未来の事より、照射は、今週末に当てなければ、無意味である。
 一応、「八丈島」で出目推移を観察したので、ついでの関連事項を独善的に混載してみた。このレースがなぜ含まれているかの質問には応じない。何故なら、「独善的」だと言及済だからである。作表は一覧性を向上する為に、今年の「稲城」は既に10頭立戦が決定している。同じ10頭立で施行された2014年戦から学べる対象が何なのかという判定に、その筋のセンスが必要になって来る。
 でまかせに言うのは簡単で、騎手なら「蛯名」だが勝つのは「青葉賞」に足跡を残した3歳馬キタサンバルカンなのか?枠出目なら8枠というもセオリーで、それは2014年の出目がと言うよりもゲート未確定時の確率の問題である。だから7枠でも確率は同じなのだから、どちらでもよいが、辻褄は単純明快な方がいいからそうなる。
 どちらにしても、今週から第3場と呼ばれる「函館競馬」が始まるので、この3週のようにはならない事を申し添えて、木曜分とする。
 (私信:この前、20年振りに内科で検診してもらったら血圧の上が200で、下が150らしく驚いた医者が速攻で、ARB・Ca拮抗薬を出して来た。そんな高い血圧の人間が、こうやってブログなんぞ書けるはずがないやろうから、朝服用を夜中に1錠だけ服用しただけで、止めた。まぁ、服用しようがしまいが「第一三共」の売上には既に協力してしまってはいるのだが...タバコ?意思が強いので止めません。) 
 (追記)恣意的な?身辺情報を書いたので、多くのお見舞いコメントを頂いたが、本意では無いが感謝の意と、心配をお掛けした事を謝意ます。全然、大丈夫です。1錠の服用で上は150までに落ち着きました。↓も100超ではありますが...youtubeには、高血圧症のダメ出し動画が溢れているので、大丈夫っしょ。)


テーマ:

 メディア、特にグリーンチャンネルの中では、今週から「夏競馬が始まる」というアナウンスが目立ったと感じた令和夏季競馬。

 昨夏は、聞き逃しただけなのかは知らないが、ヤケに耳についた「夏競馬=北海道シリーズ」だが、そんなアナウンスが起用性を左右する訳でもない。と言い切ってしまうのは正解発表が無いからどうとでもなるが、既に「ヅカモード」介入中である事は紛れも無い事実である。

 正否の確認は出来ないが、当研は、「宝塚記念ファン投票」が開始されると同時にJRAも「ヅカモード(貴方の夢モード)」に入って、様々な趣向が凝らされる前提で向き合うのがルーチンとなっているが、その殆どが、後で気づくものばかりなのがJRAケントク部門の優れたところなのかどうかは、その存在も含まて知る由も無いが、この時ばかりは、高本公夫氏を思い出し、サンドやら、馬名の並びやらが


ヤケに気になる。いや気にする限定期間となる。そんな中で現れた「1着出目連動」は、通常時なら聞き流すべき話題ではあるが、この期間だけに、FACTの確認と共に触れておきましょう。
 通常、「これとあれが連動していた」というコメントを見かけて、本当にそうなのかを確認するような生真面目な閲覧者など、あまり存在しない。だから、時に主論者は自らの勘違いを鵜呑みしたのまま、連動している事を主張することもあり、閲覧者も「へぇ、そうだったのかぁ...」と無闇に納得し、このブログはいけてるかも。。などと騙されることもあるし、それが、書き手の戦略的なフェイクなのか、悪意の無い只のミスなのかは知らないが、そんなフェイク記事が溢れているのがネットの波間である。その程度のネタで買うフダの総額は知れているので、実損も気になる程のヴォリュームにはならないのである。

 情報過多を言い訳にしてしまう時勢だからFACT検証が為されないのが問題なのだが、結局は「最終判断はご自分で」という「信じるかも信じないのも貴方次第」という某お笑い芸人の語る「陰謀論」レベルまで、ステージは落ち込んでしまうのである。

 まぁ、そんあレベルの低い話は、どこかのあげ足鳥に負かせるとして、今年の強調に意味があると仮定すると「安田記念」はまだ夏でなく、「宝塚記念」は安全に「夏競馬」であるということになる。つまり、(今更ながら)その事実をより強調する結果が用意されることになる。なんてことは、来週、考えればよろしい。

 で、今回の「令和的瞬間事象」について、コメレスしておこう。コメント自体にはレスを求めるものではないので、FACTチェックを行っておく。FACTなどと書くと大袈裟になるが要するに出目チェック。

 確かに、「目引き」しているのは事実である。この状況は、今年、ダ21のop特別が、競走名の変更でも、準opの昇格でもなく新設されたからこそ、起こり得る訳で、昨年の出目表も引っ張って来て混載したが、そこに目引きなどは見えないし、昨年の「安田記念」は、前日op無施行の編成で施行されている。
 コメ主が、その目引きを「枠連」としたのは、「安田記念」がゲート出目引きでは無かったからである。インディチャンプでなくグァンチャーレが1着していたら非常に美しい数列形成になる。しかし、ここで思考停止せずに、グァンチャーレに着目して「サマーマイルシリーズ」を見るなるしたい。まぁ、出走意思も色気も出さなければ意味の無い妄想に成り下がるが、記憶に留めたい。と言っても同馬は夏に弱いのかこれまでのシリーズ参加は「第65回トヨタ賞中京記念(2017)」のみであるから期待は薄い。なら「MCS」への前哨戦「スワンS(前年3着現物馬)」狙いか?覚えていれば、その時、触れるかもしれない。


テーマ:

 こうやって、推移を並べると、春季G1は、2018年と相対する世代を起用した今年の結果に見える。しかし、夏季に入り、降級制度廃止を経た「安田記念」は昨年と同じ明け4歳世代が起用された。まぁ、これが単勝1番人気馬が順当に覇者となっても、変化は無いから「宝塚記念」も前年と同じ5歳馬が制覇すると結論づけるのは、早計なのか否か?
 出走予定馬の中で、ファン投票で最多得票となったのは5歳世代のレイデオロで、ここらが順当ラインになる訳だ。

(追加掲載)


テーマ:

 4歳世代での馬券占有という部分しか正答が無かった結果のお粗末予想となった。


馬券自慢など致しません(爆)。

 ハンデ戦だけに、世代対決構造では、エプソムとは逆に4歳世代の分が悪いが、今年は資格賞金半減処理の為されない4歳世代による馬券占有が起こる。出走馬決定賞金が「資格賞金」とも呼ばれるのは、準opで稼げる馬が出走資格を喪失することでもあるが、逆に重賞への出走資格を有する事の優先順位が高いはずである。オッズを歴2、3年程度のトウシロが、偉そうに、断層だとと論理的裏付も、そもそも式で理論を説明出来ない点などはMMTと全く同じで、正論との比較すら出来ないのである。
 君、それはビギナーズラックにほかならない。誰かに、その搾取事案のことをチクられないように用心しませう。他を罵倒し否定し自分を正当化し時に暴力的に前科を自慢するなど、左翼チンピラそのものじゃねえか?(爆)いつでもカカって来ぃや。万年中2病なら仕方ないけど。