リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

リゲイン総合研究所~競馬番組「表」なんて実在しない~

◆片岡勁太は実在しない「番組表」という虚像を読み解こうとするが我々は「競馬番組」の実体を解き析かす点で全く別物である。日本中央競馬会は、その名の下で施行される競馬番組の中で「何が勝っても構わないレース」の存在を許諾する事は皆無である。


「競馬番組表」なんて用語は存在しない!!
 よって「番組表理論」とは「競馬番組解析」とは全く別に存在する所謂、「バズワード」として扱うので「何が勝っても構わないレース」「1着でも2着でも良い連対許可」「同枠馬は同じ成分で出来ている」などという曖昧な概念は自信の無い競馬番組表論者独特のものである。そして、何よりも真の番組論者とは、誕生日がどうの、サインがどうのCMがどうのと言う類を口にする事はあり得ません。
片岡勁太は、競馬番組の付録である場別編成表のみに固執することにより主催者の意匠を占う方策を講じているが、その本文や、規定、関連法令には見向きもしない点で、我々に比して非常に疎いから、その面で、一般競馬ファンの一般的な競馬に対する戦略を知的弱者と蔑む事で、己を正当化せざるを得ない。そのような一般の存在によって我々に高配当が付与されている現実を直視しない稚拙。
 当ブログのアメンバーは、基本的に、競馬ブログを日常的に書かれている方に限定してOKを出していますが、気軽に申し込んでください。リゲイン総研は「あなたのヤル気」と称してチンケな会費をギャンブラーから掻き集めて駄賃にしながら一般人が片手間に運営するような有料素人自画自賛型予想サイトではありません。
 尚、読者登録の殆どの方は競馬番組解読研究者でも相互リンクでもありませんし、その殆どがアクセスアップのみを狙ったブログである事をご承知置きください(逐次、整理します)。
 「私は有馬記念は完全的中します!外れたら金杯予想を無料にします」と特別会員募集の為のマッチポンプや期間を細切れに集金するような給食費回収、注目馬で勧誘するアクセスランキングやブログランキングの投票を強要したり、クリック誘導するようなクソ素人感覚は元々持ち合わせていませんので、当研ブログが唐突に更新停止・開店休業状態になる事があります。
 理論に対する批判は当然、賜りますが、当研の日常などについての誹謗や中傷、興味無いなどの意見は一切は受けませんので排除します。
 アメンバー、読者の見直しは、「コメントの内容やレベル」などを受けて独善的に行いますので、当研から外されるのが気にいらない方は、【自ら登録解除】してください。1度、自ら登録解除されても、その事だけを再登録拒絶の理由には致しませんので、ご安心ください。
 時に「解説が少ない」「後検量がない」と批判を受ける事がありますが、当研はカスリもしていない終わったレースに、後づけでコジつける安直な事は行いませんし、書こうと思っていたと後付け原稿を出してしまう程の事はしません。逆に、中れば、中ったで自慢げにその根拠を長々と浅く詳説するようなことはしません。その類は、それがお得意な巷に多数存在する一般人の片手間有料サイトに要望してください。

 尚、戦歴解析支援Aftr.py導入には、Python2.x、CherryPy及びdropboxのインストールが必須です(現在有志であるpasser氏の都合で休止中)。



ガセネタ です。
 さて、クラシック第1弾「皐月賞」は昨年のコントレイルのような飛ぶ抜けた大本命が存在しないカオス状態となっている。それらを証左するように集票構造も支持2割程度がツートップに座して同じ4枠に配置されている。
 しかし、我々は今年の「皐月賞」の馬柱を観察して決定的な違和感を感じなければならないのである。勿体つけても仕方ないので言及するが、それは出走頭数にほかならない。
 16頭立戦の「皐月賞」と言われて具体例を出せる人は左程、多くないはずである。理由は過去に何度も存在した訳では無いからであり、当該はフルゲート18頭立戦から2頭が発走前に消えたジェニュイン(1995)の「第55回皐月賞」とは異なるものである。これらが当該「皐月賞」と共有するのは2分を切れない競馬になるという事ぐらいであろう。つまり「皐月賞は速い馬が勝つ」という法則が成立しないということである。だからタイトルホルダーが逃げて粘り込むような速い決着はないし出走馬中、唯一、2分を切った計時のあるエリカ賞馬アドマイヤスバルがリステッドに付与された(優)を駆使する事も無い。
 ゴール前のストロングフォローを背負いながら重賞初出走初勝利がクラシック勝利という椿事を起こすのは今年まだ1勝。昨年5勝の11年目の泡沫騎手である。

 

 4月最初のカキコが通常4500円程度のスマホ料金が6000円になった時であった。で、SIMカードを引っこ抜いてのWi-Fi利用をしていたのだが今月請求分がSMS送信料が7700円になっていた。4月になってからSIM引き抜きなので3月は従前以上に十分発信されていたことになる。
 口座には6000円しか残金が無い予定なので、引き落とし不能となるが放置プレイに過ごす。もめたらスマホ本体料金の残金払ってSIM返却という処理になるだろう。という話。

 この件に関しては誰1人コメントが無かったので、何を善処する訳でもないが、そうこう言ってる最中、「皐月賞」施行週である。ただ、それだけである。

 生存確認のようなもので、従前のような記事はまだ書けないのでご容赦ください。

 

2021年4月分

 結局、堅い決着となった昨日の「D卿CT」だったが馬券対象馬の中で集票力が最も脆弱な個体に◎が打てたのは不幸中の幸いであった。表題で重視すべきは「最終週で施行されるG1で無い点」である。


 見れば一目瞭然だが、当該が昇格してからの構成は、やはり4歳馬が含まれた枠になる点であり、人気馬が4歳馬であるなら仕方ないのかもしれない。無敗馬が大好きな日本人はG3勝っただけの牝馬に
も期待が集まるのはお花畑の中では、相応な選択であろう。

「大阪杯」世代別着順分布

↓ 5歳世代が隔年で「2」になる第2想定は「宝塚記念」の前哨戦ではこうなる訳か。

(レース結果)

レース結果)

 こういう結果は想定が真反対で収束したことを示すのだが本人的には全く外れた気がしない。強いていうなら、コントレイル軸で、この配当は美味しすぎる。世代的には2着が2度目の5歳が少々違和感。

 世代は

 さて、土曜のメインはG1競走開催週なので、放置してしまいがちだが試験的に書いてみることにした。その分、この間のレース予想は放置することになる。どうも知らないうちにルーキー騎手らがデビューしているので、リズムが拡大馬連でも合わないので仕方ない。

 さて、中山芝マイルのハンデ戦である。春と秋に編成される番組構成であるがハンデ戦らしい結果をこれまで示し続けているのは当然の話で、中山マイル戦というコースが非常にテクニカルである事を証左するものである。

 単勝人気順通りの収束が見込めない、俗にいうところの「救済戦」である。1勝もさせて貰えない6番人気馬を狙うのも斬り取るのも我々の自由である。1番人気の勝利は今は既に種牡馬として活躍している2015年の4歳馬モーリス以降存在しない。救済戦は、人気の4歳世代を勝たせないし、昨年は8歳の57キロ馬クルーガーを勝たせるのである。

 57キロ馬はハンデ戦での成績が良好な印象があるが、そんなに甘くないのである昨年のクルーガーが珍しいだけで、その前は2008年のサイレントブライドまで存在しないし正統なハンデ戦となってからは同一重賞勝利などという能力馬は救済対象とはならない。

 明け4歳世代が星数が多いが人気が伴っていない。さっきのモーリスが直近記録である。しかも、ここで狙っていた4歳世代の55キロ馬が取消になってしまったので穴っぽいところを狙って大いに外してみたい。

 文字数にしてみると大した事はないな。。。作表を割愛した分、楽をさせて貰った。 以上。

 

 

 世の中、コロナ煽風の中、体調が悪い時に限って、異なるトラブルが発生するもので、無理にでもココに書いて置きたいという衝動に駆られた。発生は、既に数か月前で、自分は知らずに身に覚えのない料金を支払い続けていたようである。PC通信歴30年以上の当方でさえこの程度のことしか出来ないのだから、世の中に多く存在するスマホデビューしている老人たちの中には意味も解らず支払い続けている人が殆どだと思う。確かにネットには、同様の事案が報告されているが具体的に「こうすれば損せずに対応できる」という記事は見当たらない。

 数か月前から、不在着信で1日数件から数十件の履歴が残るようになった。たまたま、出た電話の主からは「荷物は何でしょうか?」と尋ねられるのである。俗に言う「宅配業者を装った云々。。。」
 UQモバイルの「問い合わせ」で然るべく対応を求めるのは通常の消費者心理っとしては当然の話であり、当方もそれに準じて問い合わせしたところ、徳永という担当から丁寧に見えるメールでの返信があった。実際に電話を掛けたのはl、銀行引き落としを確認してからである。

 

 

UQ mobileお客さまセンター メール窓口担当 徳永でございます。

平素よりUQmobileをご利用いただきありがとうございます。
また、大変ご不安な状況かと存じます。

恐縮でございますが、現時点にて明確な原因が分かりかねるため、対処方法についてご案内いたしかねます。
そのため、詳細をお伺いの上ご案内させていただきたく存じます。
 

 メールから判断するに。UQモバイル側で、何かを確認すれば、違法なSMS送信料は搾取されないように対応して貰えるものと思い込んでいた。

 しかし、電話でUQ mobileお客さまセンター:0120-929-818 (通話料無料)問い合わせた際に、応じた神山という女性は、面倒な事を言う爺さんと思われてしまったのか「警察にご相談してください」「皆、そうしている。110番すればいいだけ」と、ひとを小馬鹿にした言い草に終始。当方には、ブチ切れる元気も無かった。

 政府総務省の「スマホ料金値下げ」という政策は、こういうところで大手によって。回収されているのである。何も判らず泣き寝入りしている多数の被害者たちのスマホの中には、当然、LINE も稼働していることだろう。

 そもそも、当方が気づくのが遅くなったのは、例のオンラインゲーム(戦国布武)の課金を一時期行っていたのが原因であるのは明らかで、「競馬」と距離を置いた罰が当たったのかもしれない。で、

サイバー警察には連絡したのか?

する訳も無く。
 だが、誰にも電話しないし、掛かっても来ない。引きこもりで外出もしない当方の身分では、SIMそのものが不要なので今は、スマホから取り外している。これで、SMS発信だけでも防ぐことが出来れば、基本料金だけは払ってやるつもりなので、銀行口座には、その分しか残していない。
 UQモバイル TVコマーシャルは、今まで「癒し」であったが、今は「イラつく」ものへと変化してしまった。長くなるので、この辺にしたいのだが、実はSMS請求に気づいたのは
「auかんたん決済」についての以下の請求メールが着信したからである。返金手続きとなるまでの2日間は何か対応した訳ではなく、「しんどいし、まぁええわ」と諦めムードのまま過ごしただけであった。そもそも何で、アップルからも金を請求されるねん。って話である。
980円x4だが、これも、身に覚えなく払わされるところだったという事になるから、運がいいのか悪いのか全く得体が知れない。



 で、無理矢理、ここまで「競馬」とは全く無関係な事を書いたが「無理すりゃ、書けないこともない」ということは自身が理解したのは間違いないが、皆んなは、どのように対応しているのだろうか?

SMSアドレス(携帯電話番号)を変更する方法などはあるのだろうか?など疑義は数多くあるが、体力的にしんどくなったので、この辺でやめとく。 
 

 「大阪杯」については、「宮記念」と同じ上位人気同士か、ヒモ荒れに期待 程度かな。ガセネタですがw。

 ウマニティーの重賞予想だけはしたいとは思っていますが。。。どうなることやら。。昨年、賞金額が増額され牝馬に連対させた競馬番組は、今年は(B)→(A)という変則的なコース選択を行う。

レース前の世代別着度数

この分布から次世代の明け4歳牝馬(が1着になり5歳馬には馬券になる蓋然性が少ないと予測するのが「普通」の妥当ラインなのだが実際は、明け6歳世代が3勝するという占有世代となってしまった。どちらにしても、人気サイドの面白くない決着で、ここで重視すべきは、2番人気のダノンスマッシュではなく同枠馬の2頭である。特に8着馬マルターズディオサには注意が必要に思う。

↑馬場が悪くなったらねらい目などと思い込んだレッドアンシェルなど殿負けでは言い訳も出来ない。

 

 

 下半身の筋肉、特に自慢のアキレス腱の筋肉が減ったと何となく思っていたのだが「気のせい」だと決めつけていた。これまで体調の良い日はチャリで動き回っていたのだから・・・。
 仕事で、1日20000歩だけでも歩くのと歩かない寝たきりの状態とは雲泥の差であることを思いしらされた。何とチャリを持ち上げながら数段の階段を昇ることが出来ない自分に驚かされたのである。


 加齢は、使わない筋肉を大きく減らすのである。金メダルをいくつも獲得した体力自慢も癌には勝つことが出来ないのである。寝たきりではいけない。少なくとも机に向かい合う時間を増やさねば...。

 

 しかも、すき焼き用牛肉と確認して購入したものが全く違うものに変化する現実。こんな思考で競馬予想など出来るのだろうかと、体力と知力の劣化に嘆く日々。これでも体調がいいから書いているのだが。

 

 帰宅し、料理する前に確認したところ、「豚しゃぶ用鹿児島産」とあった。食欲があるだけマシだと諦めるか方策は思い浮かばない。

 

 

 

 「宮記念」 勝つのは4歳世代の牝馬である。人気でも仕方ないレシステンシア。とみるのが妥当なのか?それとも、雨で重なら「第55回CBC賞」を制した7歳老牝レッドアンシェルが大穴を開けるのか。知る者は存在しない。

 

 

いつものことなので、放置で構いませんが

一部より、心配コメントを頂き何とかモチベを

寄せ集めて書いております。

朝、起きると私の身体はミイラ化していた。

 

・・・と小説でも書くかと思いましたが辞めました。w

 

お見舞いコメント有り難うございます。

 

 気がつけば、もう水曜日になりかけているのは日常茶飯事だが、4重賞という事で異常に掛かってしまった。掛った個体の行く末は殿というのが競馬の常識だが、1番組に絞った方がいいのは誰でも解る話であり、絞ったからと言っても結果が、その手続きに準じて良くなる保証など何処にも無い。

 なので、対象を「フェブラリーステークス」だけに絞り込んだのだが、地方競馬の観察も中途半端ではロクな話も書けない。特別登録馬23頭。従前なら、回避馬が無いなら、どの個体までの16頭が出走可能で、出走馬決定賞金順位なども明示して話が進むのだが、ネット調査も面倒になったので羅列で済ます。明け4歳馬3頭。内2頭が「ユニコーンS」連対構成馬である。これは別段、明け4歳馬の成績が良い訳では無いし長老馬やセン馬などが特に走らされるダート戦や長距離戦では、経験不足は不利になるのは否めない。レーティング出走も、わざわざ詳説しないので各位で研究して貰いたい。

 で、ここで初めて知るのが前年2着馬が単勝16番人気であった点。その殿人気馬が[地]ではなく中央競馬所属馬であり、コパノリッキーと同様に「兵庫チャンピオンS」での勝歴を所持していた。16番人気のG1馬という集票力の誤認の典型であり10歳馬では7歳馬の話である。同馬が前年出走歴が無い点が人気離散の原因か否かは判らない。歴代のインティは当然の巻き返しを狙ってくるだろうし昨年の1着馬は既に登録抹消している。川田はどちらを選択するのだろうかなど考察は様々な思惑に飛んで行くが

 まだ火曜日である。水曜追いも木曜追いも行われていない。当方も、この記事をアップすれば後は何もしなくてもクレームはつかないだろうから、やや「安堵感」である。解説はしないが資料は総てこの記事に掲載しておきますので、大いに悩んでください。

(枠出目推移表)



 要注意馬は、現時点では絞り込みが出来ないし「フェブ」なので、配列も重要になってくるので出走馬が発表になってからになると思う。では、御武運を。

 

 

 グレード別定「(農)京都記念」の出走表が金曜のこの時間には既に発表になっている。土曜日に重賞が無い場合とある場合には大きな変化があると思わせないように全く異なるカテゴリが用意されている場合が多々あるから、逆に意味を捉える必要性はある。
 レースの歴史などは公表されておる資料を見れば分かる話で、春と秋が存在した事実を直視するか否かも自由な話である。当該重賞も、この施行時期からも当然、賞金別定戦であったのである。つまり独自のシステムの中の一部であったので国際化に伴って変革を余儀なくされた訳である。
 残念ながら、以前の枠出目などの経年変化の資料は存在しないので残存資料とメモだけを信じて書くが当該重賞の最後の賞別戦はアドマイヤムーン(2007)であった。変化を受け入れる時に競馬番組は別の部分についても変化させて事案の隠匿を計る。この場合は(無指定)であった。そして再び従前の[指定]となり[無指定]2年を経て昨年、史上初の(特し)を施行。今年で2年目となるが阪神代替が担当する。
 昨年まではメディアが「単勝1晩人気馬が勝てない」などと表現したのだろう。10年振りの牝馬の勝利はデータ解析の瑕疵を証左し堂々と単勝1番人気馬クロノジェネシスを受け入れて終了した。
 

 そこで今年のメンツは11頭と相成った。センテなんとかは回避。つまりタンピュライトは出走する事となり、505への単独配置となった。この時間ではオッズが無いので矢作の2頭のどちらが集票力を発揮するかのリアルは判らない。別段、筆頭人気馬が重要だとは言って無いの注意されたい。後先なら「有馬」からの臨戦馬が上だろう事は誰の眼にも明らか。
 世代占有は安定では無いが「隔年」に寄っているから通常であれば現5歳世代の連覇と見ることになるし人気想定馬も、それに応ずることになるから逆に単勝以外の馬券対象の選定が難しくなるだろうが、中てて、そこそこの配当があれば非常に嬉しい。実戦的には3連複を中てるなら、2、3着世代がシンクロしている事を確信している事が条件になるし、自信が無いのであれば、連対構造のみを確定する方が簡単だろう。

 まぁ、まだ時間があるから悩んで挑もうでは無いか・・・。

 

 (2018年までの枠出目掲載分が存在したので尾巻掲載しておくので悩む資料として欲しいw)

 

レース結果)