フランス発 トワルドジュイのある暮らし -好きを生きる-

フランス発 トワルドジュイのある暮らし -好きを生きる-

大好きなトワル・ド・ジュイ Toile de Jouy の魅力を広めるためにフランスで起業。
私の好きなものをご紹介しています。

「トワル・ド・ジュイが好き!」

フランスの最後の女王マリー・アントワネットも愛した

トワル・ド・ジュイ Toile de Jouy。

トワル・ド・ジュイとは、欧米の富裕層を中心として人気があった

フランスの伝統的なデザインで、現在では、

フランスのエレガントでロマンティックな雰囲気が好きな

世界中の女性たちを夢中にさせています



フランス生活の中で出会い、恋に落ちたトワル・ド・ジュイ。

*トワルドジュイについてもっと詳しく知りたい方は、
こちらの記事を読んでみて下さいね→トワルドジュイToile de Jouyとは?


トワル・ド・ジュイのある暮らしを楽しむだけに飽き足らず

好きが高じて、2008年10月にフランスにて起業し、オンラインショップ

「フレンチスタイルジュイ French Style Jouy」を運営するまでに。


自分の「好き」を追求しながら、人生を楽しんでいます。

ボンジュールBonjour♪

フランス南西部在住、

現代トワルドジュイコーディネーター、竹内 彩子です。


新居に引っ越して3ヶ月以上が経ち、

 

少しずつインテリア等、家の改善をして行っています。

 

とはいっても、夫と違って、私の場合、材料さえ揃っていれば、

 

あまり計画性なく思い立った時に取り掛かるので、その時の気分次第。

 

 

先週、家族が不在で、私一人で留守番してた日が数日あって、

 

そのときに、思い立って作ったのがこちらのカーテン↓

 

台所と台所の裏にある物置き部屋を仕切るカーテンです。

 

前の家主さんが残して行ったものをそのまま使ってたのですが

 

好きではなかったので変えようと思ってたのです。

 

 

台所全体が収納含めベージュ系の色合いで統一されているので

 

明るめの色ならどんな色でも合いそうだなと思って

 

事務所にある生地たちをみてたら、

 

このミモザ柄の生地がよく合いそうだと思いこの生地にしました。

 

 

 

フランスインテリアファブリックメーカー

 

テヴノン Thevenon 社の生地です。

 

既に廃盤になっているのですが、

 

フレンチスタイルジュイ」に、まだ在庫が多めに残っているので、

 

私用に使っても販売用は確保できると思い使ったのですが、

 

中途半端な長さでは使いたくなくて、長さ2m分を使ったところ、

 

10cm弱ほど長さが足りなかったので、白系の布を継ぎ足して

 

その上からレースを飾りました↓

 

他にもストライプや色無地など合わせてみたのですが、

 

いまいちピンとくるものがなく、似た色の白系無地布を合わせて

 

それだと物足りなかったので、

 

幅広めのレースでデザインを加えるに至りました。

 

 

このミモザ柄の生地のベースの色は、

 

白っぽい色だけどアイボリーや薄めのグレーっぽい色が

 

所々混じった感じで、

 

それに加えて、濃いめのグレーでミモザの影も入っていて

 

全体を遠目で見ると、

 

色のグラデーションとちょっとした立体感も感じられます。

 

そして、この間仕切りカーテンのすぐ横に

 

オーブン台があって、その下に物置スペースがあるのですが、

 

剥き出しの状態になっていたので

 

こちらにも同じ生地を使って目隠しカーテンを作りました↓

 

 

カーテンの色的にはキッチン全体の色と同系色なので

 

優しめの華やかさが加わった雰囲気になりました。

 

余った布で、キッチンミトン(鍋つかみ)も作ろうかなと思っています。




メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

 

ボンジュールBonjour♪

フランス南西部在住、

現代トワルドジュイコーディネーター、竹内 彩子です。


40度近くまで上がる日もありますが、

 

ここ数日は比較的過ごしやすい気温が続いているフランス南西部。

 

夫と子供たちは7月初旬から2ヶ月間のバカンスに入っていて

 

先週末はカヌーでのシャラント川散策をしに行きました。

手前の赤いものが夫と次男が乗ったカヌー。

 

長男は友達とキャンプに行っているので、

 

夫と次男と私の3人で行ったのですが、

 

私は彼らがカヌーをしている間に買い物に行ってました。

 

私は水遊び系・スポーツ系は、基本的に見学専門です目

 

程よい暑さでお天気も良く、

 

川の散策コースもきれいで気持ち良かったようです。


さて今日は、モノトーン系の色合いの

 

フランスのファッションデザイン生地をご紹介します。

 

こちら↓

 

 

 

私もそうですが、「フレンチスタイルジュイ」のお客様は

 

モノトーン系の色合いの生地がお好きな方が多く、

 

この生地もそのうちの一つ。

 

素材は、コットン75% / ポリエステル25%で、

 

程よい厚みでカルトナージュの糊貼りもしやすい生地質。

 

フランスメーカーMFTA社のインテリアファブリックですが、

 

フランスのインテリアファブリックにしては

 

デザインは比較的小さめなので、ポーチなどの小物制作にも使えます。

 

 

ベースの色がベージュなので、ベージュやゴールド系の色とも合います。

 

もちろん、デザインに使われている黒系とも↓

 

 

 

 

 

 

 

上の合わせている生地は

 

4点ともフランス位ンテリアファブリックメーカー

 

テヴノン Thevenon社 のジャカード織り生地ですが、

 

テヴノン社のジャカード織り生地は、

 

他のデザイン生地とコーディネートしても合わせやすいものが多いです。

 

 

他にも、私は、黒に赤やピンク系の色を合わせるのも好きです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合わせてみて一番いいな!と思ったのが

 

こちらのフーシャピンクとの組み合わせ↓

 

左:フーシャピンク、右:赤↓

 

鮮やかで目立つ色合いのフーシャピンクが

 

ファッションデザインととても合って、おしゃれ度がUPする感じです。

 

バッグや箱の表布にドレシング(ファッションデザイン)を使って

 

中布にダマスコフーシャピンクを使うというのも良さそう!

 

 

ピンクや赤が合うなら、オレンジも合いそうだなと思って

 

合わせてみたのがこちら↓

 

 

 

 

結局のところ、モノトーン系のファッションデザインの生地なので

 

結構どんな色を合わせてもおしゃれになるのではないかと思います。

 

今回は合わせてみなかったけど、ブルー、グリーン系もいけそうですね。

 

 


メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。

ボンジュールBonjour♪

フランス南西部在住、

現代トワルドジュイコーディネーター、竹内 彩子です。


 

今日は、私が気に入っている生地のひとつ、

 

スペインインテリアファブリックメーカーの

 

トワルドジュイ風花柄生地をご紹介します。

こちらのシンシア↓

 

 

スペイン生地:シンシア(トープベース) 色番11

 

 

左:シンシア(テラコッタベース) 色番10

右:シンシア(オールドローズベース) 色番14

 

デザインだけでなく、トワルドジュイらしい2、3色使いで、

 

色合いもアンティークっぽい趣のある色合いです。

 

素材は100%オーガニックコットン↓

ざっくりめの織りですが、目は詰まっています。

 

カルトナージュの糊貼りにも使いやすそうな程よい厚み。

 

ストライプ生地とのコーディネート例↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパのトワルドジュイ風花柄生地を使って

 

カーテンなどのインテリア用品、カルトーナージュ作品、

 

バッグなど、作られてみてはいかがでしょうか?



スペイン生地:シンシア全7色

メルスィー・プール・ヴォートル・ヴィジット
Merci pour votre visite.
ご訪問ありがとうございました。