前回の記事からずいぶんと時が経ってしまいました。

PS4版のパタポンが発売されたのでとりあえずブログ更新!

 

実はわたくしパタポンシリーズ1作目から全作発売日に購入しております。

えっへん。そして買うだけでなく全作クリアーしております(ココ大事!)

 

PS4版はPSP版のリマスターということで、内容は特に変わりなさそう

ですが、トロフィー搭載によりモチベーションは上がりそうですよね。

プレイ日記を過去に書いてるんで今作をどうするか迷うとこですが、

ブログ記事も画像もゲームのようにリマスターするのもありかな(笑)

 

 

問題はドラクエ11のディスクを取り出さねばならぬこと。。

面白いゲームが重なるとまいっちゃうねぇ。

AD

 

既に任天堂から正式に生産終了が発表されているWii U。

我が家ではまだまだ現役であります。しかしゲーム専用ではなくなって

きています。「毎日のきろく」を見てみると、従来のゲーム機とは違った

遊び方になっているのが一目瞭然。

 

集計期間:2012年12月8日~2017年5月14日

 

1位:Hulu 546時間15分

2位:Devil's Third 259時間35分

3位:インターネットブラウザー 87時間14分

4位:Wii カラオケ U 58時間14分

5位:YouTube 56時間46分

6位:スプラトゥーン 43時間25分

7位:ニンテンドーeショップ 36時間31分

8位:マリオカート8 18時間15分

9位:モンスターハンター3G HD Ver. 12時間07分

10位:太鼓の達人Wii Uば~じょん! 10時間50分

 

第1位は動画配信サービスのHuluです。プレイ時間≒視聴時間ですがw

主に僕以外の家族が利用しています。

見逃し配信でドラマを見たり、昔好きだったアニメを見たり、地方でしか

放送されていないバラエティ番組を見たりと、非常に満足度が高いです。

Huluの月額料金は1007円(税込)。有料ですが家族全員利用となれば、

普通にレンタルするよりコスパの良いサービスです。

 

第2位はデビルズサード。Wii U末期に発売されたTPSです。

オンラインモードが新しくて楽しかったですね。たぶんこの先これ以上

夢中になれるオンラインゲームは無いだろうと思うほど。年を取るにつれ、

たっぷりまとまった時間をゲームにとれなくなるからね…アァ…。

でも期待してる!新作が出ることを!

 

▲父のメニュー画面。フォルダ・アイコン整理ですっきり。

 

第3位はインターネットブラウザー。パソコンが苦手な父は、パソコンより

も表示が簡素なゲームパッドでインターネットをする方が楽みたい。

第5位のYouTubeにも通じることで、基本的に「ネット検索」「動画」の2つ

が揃ってればパソコン要らずのようです(笑)

Wii Uはユーザー切り替えが可能で、ユーザーごとに利用頻度の高いもの

のアイコンのみを並べるなど自由に整理できます。おかげで遊び方を

説明する面倒もほとんどありませんでした。テレビの電源をつけるような

感覚でWii Uを起動させてますw

 

第6位のスプラトゥーンは言わずもがな、爆発的ヒットタイトルです。

思えばデビルズサードもスプラトゥーンもWii Uで誕生したタイトルですね。

マリオ、スマブラ、ピクミンもそれ以下のプレイ時間なので、いかに自分が

新規タイトルを欲していたのか分かります。一応好きなシリーズだから買う

んだけど、ほかのゲーム機で目新しいものが発売されたらそっちに移りがち。

わ~やっぱ安定して面白いわ!と感じるものの…持続しなかったですね。

Wii時代のように、周りの友達と遊ぶことが無くなったことも影響してるかな。

悲しいけれどしょうがないかあー。

 

スイッチは購入予定です。まだWii Uで十分な状況に変わりないので、

急いで買うつもりはありません。スイッチにはブラウザーやHuluなどのアプリ

ケーションの搭載と、革新的なタイトル待ちです。

格闘ゲームの新たな可能性を秘めたARMSとか楽しそうダヨネ。

AD

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

現在の総プレイ時間は39時間30分。

主人公(るーるー)LV23、マリベルLV23、ガボLV21

 

アボンの村で一泊、フズの村で一泊。

主人公たちが起きた翌朝には村人が人っ子一人いなくなっていました。

行く先々にいたのがトゥーラを弾く謎の老楽師。コノ人あやしい。。

彼が向かったハーメリアの町へ移動。

その晩、楽師が眠りについた町民を「旅の扉」に誘いこんでいる現場を目撃!

ハーメリア・・・ハーメルン・・・ハーメルンの笛吹き男・・・グリム童話がモチーフ

なのだろうか、と思ったり。

 

主人公たちはその後を追いました。

旅の扉をワープすると、高い塔に着きました。そこには失踪した人々が

たくさんいるではないですか。なんだー死んだわけじゃなかったのね。

学師の音楽に惚れ込み信頼を寄せていた人々。裏切られた気持ちでいっぱい。

・・・もちろん僕ら主人公たちもね!

 

追い詰めたぞじいさん!ボス戦が始まる予感がしてしっかり準備しました。

 

そこで事態は急変。突如大雨が降りだしこの地域一帯の水位が上がり、

あっという間にアボンの村やフズの村が水没してしまいました。

 

 

老楽師の行動の意味が明らかに。老楽師は水害からみんなを救うため、

自分の能力を使って高い塔に(ワープ)避難させたのでした。

救世主だったのか・・・!魔王の手下とか思ってすみません・・・。

 

グラコス、こいつが原因だった模様。

 

海底都市へ向かいました。ダンジョンに出てくる敵は強く難易度はかなり

高くなっています。というか全滅しました。なかでもヘルダイバーの強さが

ハンパナイ。全体攻撃痛い、痛すぎる。しかもHPが多いってのがね。

他の敵を蹴散らしてもヘルダイバーだけなかなか死ななくて長期戦に。

本当に雑魚??

 

 

 

ハイリスク・ハイリターン。ヘルダイバーが稀に落とすアイテムの

「天使のレオタード」で守備力を増強!マリベルが前に装備していた

マジカルスカートと比べて約50も守備力がUPしましたよ。ラッキーです。

 

 

グラコス戦。初戦は全滅。一時的に仲間になった老楽師に回復を任せよう

(任意に操作できない)としたのが間違いだったか、回復が間に合いません

でした。その時のパーティーの職業は、主人公がまほうつかい、マリベルが

スーパースター、ガボがモンスター職のサンダーラット・・・はい、舐めてました。

2回目は、転職し直して挑戦。全体回復魔法のベホマラーのあるなしで全然

変わってきますね。賢者極めてて良かった・・・。辛くも勝利です。

 

海底都市しんどかった~━(´Д`υ)━・・・

AD