ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

現在の総プレイ時間は48時間18分。

主人公(るーるー)LV25、マリベルLV25、ガボLV23、メルビンLV20

 

新たな大陸に到着したるーるー。

MAPには、城が2つ、神殿が1つ、関所が1つ、洞窟が1つありました。

 

ワープポイントからすぐそばのラグラーズへ向かいました。

ラグラーズは近隣の国マーディラスとの戦争に敗れ再建中でありました。

残念ながら、見て回るほどのお店は無いですね。

 

 

兵士さんに話を聞いてみましょうか。なんでも、この国の戦法は「剣」で、

魔法を主力とするマーディラスに敵わなかった模様。

また、戦争で王様は殺されずに済んだけど「兵士長」だけは殺されたみたい。

何だろう、ここの兵士長に問題があったのか・・・。

 

 

一方のマーディラス。

マーディラスは戦勝国ですからとっても穏やかな様子。

 

 

、、に見えたのですが、王様のやり方に疑問を持つ人々がちらほらと。

神父のディノさんは「国の強化ならまだしも、触れてはならないはずの…

と口を濁しました。穏やかなようで穏やかなじゃありませんな。。

 

王様に会ってみようと、お城の入り口に行きましたが門前払いにされました。

このまま引き下がるわけにはいかない。王様が来るのを待っているという

「メディルの使い」になりすまして侵入しました。へっへっちょろい。

 

 

城の塔でちょっとした謎解きがありました。

像より入りて十字を切れ。」文字通りですね。像のあるところから入り、

一度外に出て上から下へ通るだけでした。カチッと音がして宝箱が

開きました。中身はきれいに光る聖水。魔法の杖の仕上げに必要

らしい。で、それをある男に渡してほしいと。人使いひどすぎぃ・・・・・。

 

 

城で皇太后に会うことができました!

やっぱり王のやり方を心配していますね。どんどん孤立を深め、とりわけ、

大神殿の大神官との親交がなくなったことが気がかりなようです。

王からすると警戒すべき人物なんでしょうね。マーディラスと大神殿と

の間に関所を設け、簡単に行き来できないようにしています。

 

皇太后から書状を受け取りその大神官に会いに行くことに。

あー今回はおつかい頻度高い予感。

 

 

大神官に会うと、魔法の研究の手伝いを頼まれました。

魔法の素材として洞窟にある「星空の結晶」が必要とのことです。

さっそく出ましたおつかい!w

まあ面倒な頼みでもないし洞窟行ってみよ~。

 

洞窟付近の小人夫婦の住む家で一泊。洞窟入り口手前の道を

滝が塞いでおり、滝の流れが止む朝方まで待たなければなら

なかったのです。目的の結晶は軽々GET。

帰りにまた一泊させてもらおうと小人に話しかけるとお金を要求

されました。実は宿屋を営んでいたようで…1泊40Gです…

全然安いんですが試しに支払いを「いいえ」にして渋ってみました(笑)

すると、早く帰れみたいな調子で、二度と泊めてくれなくなりました。。

何気ない選択と思ったら・・・w

 

大神官に結晶を渡しました。

彼はマーディラスの王が究極魔法を復活させようとしていることを

知って、究極魔法を封じる魔法の研究をしていたそうです。

しかし魔法生成失敗。

 

魔法が完成するまでしばらく王を見張っておいて欲しいと言われました。

今度は大神官から書状を受け取り、城の中を自由に入れるように

なりました!なりすまし不要ってわけね(^~^)

 

マーディラスの城下町を歩いていると、少女の悲鳴が聞こえてきました。

魔法の練習をしていて暴発を起こしてしまったらしいです。

おそらく炎系のメラかな。

そこへ通りかかった怪しげなマントの男になんと少女の魔法がヒット。

男は怒って「そんなに魔法が欲しいならくれてやろう、ほらメラゾーマ

だよ~(うろ覚え)」みたいなことを言って少女を狙いました。

 

間一髪、少女の前へ出た神父のディノさんがメラゾーマを受け

少女は助かりました。ただ、ディノさんの方は・・・・

 

 

なんとか大丈夫でした。ふつう死んじゃうパターンだから!!!!

 

教会にてディノの昔話が始まりました。ディノは今の王「ゼッペル」

幼馴染で、8歳の時までは女の子のルーシアと3人でよく遊んで

いたらしいです。当時も戦時中、今とは逆で剣を主力とするラグラーズが

優勢でした。3人はラグラーズの兵士長とマーディラスの兵士との戦いに

巻き込まれ、なんとルーシアが崖から落ちてしまったのです。

 

その時のルーシアの台詞、「死にたくない!死ぬのは嫌!助けて!」は

なかなかショッキング。子供の時プレイしなくてよかった( ̄ー ̄;

 

あー…この件があったからゼッペルは兵士長だけを殺したのか。

自分の手で復讐を果たしたんだね。

 

 

さきほどの怪しいマントマン、こやつが王お待ちかねのメディルの

使いでした。危ないってゼッペルさん、関わるの危ないって!

 

主人公たちがやっとの思いでゼッペルに会いにきたってのに、

気持ちよく話を聞いてくれようとしません。遅かったか・・・

 

 

主人公の前に立ちはだかるメディルの使い。

究極魔法で王が魔法に支配されるとか言っちゃってるよ!

ちょっと頭オカシイって…ってかあんたもなりすましだろ!!w

 

そして戦闘へ!自分たちがやらなきゃ誰がやる!

 

 

 

・・・全滅しました。

 

負けイベントじゃなかったのね。。

ラリホーマにバギクロス連発って聞いてないわ…

 

つづく。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

現在の総プレイ時間は46時間38分。

主人公(るーるー)LV25、マリベルLV25、ガボLV23、メルビンLV20

 

闇の封印を解き、平和を取り戻したかのように見えたルーメン。

再度過去の町を訪れると、地面から木の根っこが伸びて住民を

襲っていました!!

アチャー・・・食人樹ヘルバオムが復活しちゃった・・・(・Θ・;)

たしか太陽の光を生命力にしていたとか誰かが言ってたような。

闇が消えたことが引き金か!?

 

ひとつひとつの根っこを倒しつつ、町の屋敷のおっさんのもとへ。

 

ようやくおっさんの名前が”シーブル”と判明します。

町長ではなくてお金持ちのおじさんだったみたいです。

シーブルもヘルバオムの根っこに襲われていました。その時!

 

 

シーブルが可愛がっていたモンスターの爆弾岩ロッキーが爆発!

メガンテによりシーブルをかばったのでした。

前回の日記では触れませんでしたが、ロッキーは、主人公が一番最初

に過去のルーメンに来た時から屋敷にいる爆弾岩です。闇のドラゴン

事件解決後もシーブルの元から去ることなく「様子を見ている」だけ。

すっかり人になついているようで何の危害もないモンスターでした。

 

まさか、こんなところで大きな登場シーンがくるなんて。。

 

 

ヘルバオムの本体の居場所は町の井戸に繋がっていました。

ローズバトラーの亜種?

毒や眠りなど状態異常攻撃をしてくる本体と、攻撃の威力が強い

根っこ×2が相手です。根っこから倒せばどうせ再生するのでは!!

…ってこともなかったのでダメージ源の根っこから撃破しました。

何度も眠らされましたが、さほど苦戦しませんでした。よし!

 

こうして2度の被害を食い止めた主人公たち。

今度こそ未来永劫続く平和を取り戻した

 

・・・と思うじゃん?

 

 

現在のルーメンは滅びたままでした。

マリベル「やっとの思いであの恐ろしいヘルバウムを倒したっていうのに」

ホントソレ。

もう思い当たる節が無いのですが。。(;・`ω・´)

 

しょうがない、過去に戻ろう。

 

暗いBGMではなく明るい雰囲気の町並み。見た感じ問題なさそう。

しかし、町の住人は恐れていたのでした、ジーブルのペットに。

 

 

ロッキーを亡くした後、ヘルバウムの根っこにくっついていた幼虫を

飼っていたのでした。名前はチビィ。自分のこどものように育てている

様子がみられ、相当愛着がわいているようです。

うーん、町を襲ったヘルバウム系のモンスターではないよな~。

ただ成長のスピードが早く、みんなが怖がるのも一理ありますね。

 

ここで「はい」「いいえ」の2択が問われます。物語の分岐ですね。

チビィを助けるか・倒すかです。

 

 

僕はこっそり野生に返す選択をとりました。

幼くて可愛げなチビィを自らの手で殺すことはできないです。

シーブルさんの生きがいだったわけだし。

 

 

町に帰ると、チビィに似た「ヘルワーム」の大群が町を襲撃しようと

していました。もう何なのこの町・・・(´・ω・`)

 

ヘルワームによって町が滅ぼされるってこと?????

とんでもない数なので主人公たちの手には負えません。

 

そこへ別れたはずのチビィ登場です。

たった1匹でヘルワームを次々と撃退していきました!!

 

ヘルワームを追い払うと、チビィは力尽きてしまいました。

またしても犠牲が…。ありがとうチビィ。

 

 

本当に本当に平和になったルーメン。

 

チビィの大手柄は後世に語り継がれていました。

 

話を聞いて回ると、人によって伝わり方が違っていて面白いです。

まず誰もモンスターが町の英雄だと思っていないですww

性別も勝手に「男」になってましたw

そして、それ以前の脅威から救った主人公たちのことは無かったこと

になってました(笑)いや、チビィの子分ってことになってましたね♪

ってオイッ!!

 

ルーメンの物語は終了。

想像の余地を残す設定でしたね。ルーメンを襲ったやつらは

直接的ではなく間接的に関係してる感じですもんね~。

 

つづく。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

1年以上ぶりのドラクエ7プレイ日記はじまるよー。

前回から仲間が1人増えてるけど気にしない(笑)

 

現在の総プレイ時間は43時間42分。

主人公(るーるー)LV24、マリベルLV24、ガボLV22、メルビンLV19

 

 

ルーメンの地に着いた主人公たち。

町へ向かう途中で、ルーメン東の丘に立ち寄りました。

建物も人もいないところで、道のど真ん中に「石版」が1つ落ちていました。

不自然・・・怪しいんだが・・・。

丘の奥には大きな盛り土(?)がありました。メルビン曰く枯れ木のような

ものらしいが何なのでしょうか。

 

 

ルーメンへ。はい、モンスターのベビーゴイル2匹のお出迎え。

ここも魔王様の支配下にあるようです。モンスターたちが宿屋や武器屋の

カウンターに立ち、可哀想に・・・町の人々は裏で働かされています。

宿屋で傷ついた体を癒せない、、

町長の家は中ボス的なボルンガが乗っ取っていました。ちょうど入浴中で

気が緩んでいたのか力だけのザコでありました。

 

 

情報を整理してみると、

・ 町は魔物の手によって封印されて誰も入ってこられない。

・ 2重の苦しみ。1つは町の封印、2つは食人樹ヘルバオム。

・ 町の西の塔にいる闇のドラゴンが見張っている。

 

ボルンガを倒した後、手下が撤退したことで人々は解放されました。

しかし、空は暗いままで闇のドラゴンの鳴き声が響き渡るようになりました。

ヘルバオムはあの丘の枯れ木と関係がありそうですな。

モンスターたちがヘルバオムのことに触れないということは完全に

別の被害ってことなんだろうかな。

 

よーし西の塔に行くとしますか~。

 

 

闇のドラゴン戦。

かまいたちが強烈!防御の弱いマリベルとビビが瀕死に。。

町で道具を調達し忘れていたため、立て直しが厳しかったですw

主人公はスクルトやベホイミで補佐役に徹し、マリベルはハッスルダンス

により追加の全体回復担当。ガボは吹雪のダメージを軽減する

ウールガードを使ってきっちりガード。少しずつ攻撃しながら倒しました。

 

どうでもいいけど同名のFF4のダークドラゴンを思い出しました。

あいつはDQ7の比じゃなかったな・・・

 

※関連記事:『DS版FF4』全滅日記~「ダークドラゴン」が強いお!

 

 

おー…久々のお天道様や~

ルーメンの町にやっと平和が訪れるぞ。

 

 

と思ったのですが、現在のルーメンを訪ねてみると

見るも無残に荒れ果てていたのでした。

封印が解けた後、ルーメンに何かが起きていたようです・・・

 

もう1つのアレのせいか。。

 

つづく。