ロシア雑貨のカチューシャ~店長のブログ♪

ロシア雑貨のカチューシャ~店長のブログ♪

福岡市南区の輸入雑貨店「ロシア雑貨のカチューシャ」です♪
ru-katyusha.com
かわいいマトリョーシカ、レトロで愛らしいフィニフチ、素敵な白樺細工ベレスタ。全部ロシア直輸入です♪

みなさまこんにちは♪カチューシャです!!ラブラブ

 

 

 

シベリアの白樺細工、ベレスタ製品を追加しています。

 

この現状、みんなが大変な思いをしていますが、イベント関係も例にもれずすべて中止が続いていますね。

当店が扱う品物は生活必需品とは程遠く、何も不要不急なものはないために、

一番何が大切かを考えると、自粛してみなさまが健康になれる環境が整ってから、

生活の潤いとなる商品を手に取ってもらうことが正しいことかなと思います。

 

各イベントで大人気のロシアの白樺細工ですが、比較的大きな商品のご要望が多く、

春の買い付けに行けなかったこともあり、2月中にトムスクにオーダーして少しだけ送ってもらいました。
大きなものも少しネットショップから購入できるようにしましたので、よろしければご利用ください。

 

 

白樺の取っ手付き籠

 

大き目の籠です。手提げにして、サザエさんのようにお遣いカゴにしても素敵です。

玄関のスリッパの収納などにもご利用いただけるサイズかなと思います。

 

 

 

 

白樺細工の直方体の手提げ

 

カクっとした、マチのある形で、中に入れるものを偏らず運ぶことができます。

幅のサイズが合えばお弁当などを入れるのもおススメです。

 

食品を入れたり、手芸用品を入れたりとか、いろいろな用途にご利用いただけます。

 

 

白樺の特徴については「白樺とベレスタのショートコラム」に少し書いています。

 

 

うちではいろいろと使っていますが、毎年春に活躍するマスクは以前からベレスタに入れてました。

東京都知事の小池百合子さんの言葉を借りるなら「今、マスクは通貨である」ともいえるなか、

みなさん手作りマスクを作ったりいろいろ工夫しておられると思います。

私は花粉症なので、年末にたくさん使い捨てマスクをストックしていましたが、

もうだいぶ少なくなってきました。

ほとんど外出をしないので、なんとか持ちこたえている感じです。

 

実際、使い捨てマスクをたくさん持っておられる方は少ないと思います。

うちでは、ベレスタのパンケースにマスクを入れて玄関に置いていました。

これからは洗い替えのために少したくさん布で作って、ケースにいれて置こうと思います。

 

今販売中の商品に、試しにマスクを入れてみましたが、やはりマスクサイズギリギリのものでなく、

印象的にはかなり大きめのものに入れる方が使いやすいかと思います。

 

 

小さなリスのパンケース

 

小さなリスと言ってもケース自体は、かなり容量があるように思えます。

マスクを入れる場合は四隅が少し当たるのでこれでもギリギリという感じです。

イケないことはありません。白樺は湿気に強く、抗菌作用があるので

中のものを清潔に保つことができます。

汚れが気になる場合は、石鹸や食器用洗剤でスポンジで水洗いも可能です。

 

 

 

 

格子模様のパンケース

 

かなり大きいという印象です。

こちらにマスクを入れてみると余裕で入りますが、個人的感覚では大きすぎるという印象はなく、

隙間があるのでこちらの方が使いやすいなと思います。

うちでもこれに近いサイズのものに入れています。

 

 

もちろん、二つ折りの立体マスクなどはもう少し小さい箱でも可能かと思いますが、

白樺製品自体に厚みがあり、外径と内径はかなり異なるので、

入れたいものが具体的にある場合はお問合せいただけたら

ー可能かどうかのアドバイスはできるかもしれません。

コツは、入れようとするもののサイズよりもギリギリより、余裕を持って大きめを選ぶことです。

 

もちろん中に入れるものは選ばず、さまざまな用途にご利用いただけますし、

美しい白樺の木肌が観賞用としても癒しになったりします。

 

よろしけれぱご検討ください✨

 

 

 

 

 


よろしければポチお願いしますラブラブ
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ  
 



 

みなさまこんにちは♪カチューシャです!!ラブラブ

 
 

毎年好評の新年福袋ですが、今年も1月31日までやっております。

自慢の福袋企画です!
お得なだけでなく、サプライズ満載ラブラブです!

 

昨年よりすべての価格帯で送料無料になっていますので、

地域にかかわらずお気軽に試していただけるようになりました。

年一度、福袋だけご利用くださるお客さまも何人もいらっしゃいますよ!

 

商品入れ替えや数量調整でお出しするのですが、

ネットショップに未掲載のものが多く、

価格帯も実際にロシアに行って買うお土産の価格か

もう少しお得になると思います。

 

恐れ入りますが、中身の指定や交換などは承っていませんが、

「マトリョーシカ要りません」と

「ピアス希望」のみお応えできますので備考欄にご記入ください。

 

指定がない場合、マトリョーシカはほぼ入りますが、入らない場合もあります。

ピアスはご希望の場合のみお入れします。希望がなければ入りません。

 

ロシア雑貨の福袋

2020年もよろしくお願いします!

 

  

 


よろしければポチお願いしますラブラブ
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ  

 



 
 

みなさまこんにちは♪カチューシャです!!ラブラブ

 

お久しぶりのブログ更新となりました。

ふとしたきっかけで、あるロシア映画のことを思い出したのですが、これについてはいつか書きたいと思っていたので、そのいつかはまさに今かなと思い立ったわけでございます。

 

その映画は『秋のマラソンОсенний марафон』という1979年のソビエト映画です。

 

 

 

ロシア語の先生から勧められて観た映画でした。

ネタばれするのですが思い切り端折って内容を解説しますと、主人公は才能ある文芸翻訳家であり、大学講師をしているアンドレイ。

 

彼のもとに通ってくるデンマーク人の翻訳家のロシア語に関する質問に答えながら、そのデンマーク人に強く誘われて断り切れず一緒にジョギング(マラソン)をする習慣があります。

 

でもその「マラソン」の意味は、デンマーク人とのジョギングにとどまるわけではありません。

アンドレイは自分より若いタイピストの女性と長年付き合っていて、妻とも恋人とも別れられず、不倫関係は秘密裏のものであることもあり、いつもいつもいろいろな辻褄を合わせるために走り続けているのです。また才能がないと嘆く同業者を慰めるためや仕事に関していつもいつも走り続けています。結果、自分の娘のことや妻の悩み、また恋人の要求など、大切な人たちの全てに寄り添うことができずにみんなを傷つけてしまうのです。マラソンを走り続けることは、どうすることもできずに走らされるアンドレイの人生を象徴しているかのようです。

 

ロシア語の先生は、「この映画どうだった?この主人公を許せないと思う?」と聞くのです。
ええ、それはもちろん。こんな夫は最低最悪であり、自分が妻だったら我慢できません。父がこんななら、口もききたくないです。

 

もちろん許せないのですが…でもそうでしょうか?

許せるとは言えませんが、人生って何が起こるか分かりません。

自分がいつも、妻か、娘の立場であることが補償されるのでしょうか?

主人公、または不倫相手の立場になることは絶対ないのか?

そして地球上の人間全てに鉄の意思があるでしょうか?

 

人間は長年生きていればいろいろなことを考え、誰が悪いわけでなくても傷ついたり、寂しい思いをしたりします。そんな心の隙間に入ってくるタイミングってあるのでは?

自分はそんな心の隙など絶対ないと思っても、未来永劫それがないってなぜ言えるの?

 

そんなことをロシア人の先生に話してみました。

先生は「実は多くのロシア人は、あの主人公に共感することができるのよ。欧米の人はとてもシビアにあれを裁くわね。」と言いました。何人かの外国人の教え子にあの映画を観せて感想を聞いたところ、アメリカ人はみんな「絶対にありえない」と言っていた、と。日本人のサンプルが残念ながら私しかいなかったのですが…。

 

最近は不倫に限らず、いろいろなところで規範を外れてしまった人を再起不能なくらい批判するのを目の当たりにすることが増えた気がします。

本当は昔の人の方がモラルに厳しかったので、何かあると共感者や理解者に出会う確率も低かったかもしれませんが、最近はSNSの普及で批判の声の大きさに辟易すると思いませんか。

 

自分も性格の弱さから不倫するかもしれないし、自分のミスで仕事に失敗してお金がなくなって行政や他人にお世話になるかもしれない。交通事故に遭って仕事ができなくなるかもしれない。他人事じゃない、こういう気持ちを話すことができる相手は見極めないと大変なことになるのですが、この歳になってやっと、そんな話ができる相手を見極められて思いを共有し合えるようになったと思います。それに性別、年齢、国籍は全く関係ないのですよね。

 

まとまりのない、いろいろな連想の掃きだめのような文章になりましたが、ロシア語の分かる方は是非、『秋のマラソン』を観てみてください!

 

 

 

よろしければポチお願いしますラブラブ
  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ