毎日を楽しく過ごすことは

とぉっても大事!



つまり毎日が

アゲメン!



いつもニコニコ、上機嫌の人には

話しかけたくなるし、もう一度

会いたくなる

なにか達成したい目標がある

人は、いろんな人と仲良くなる

ことで、チャンスも広がる




で、そんな人たちの

「もう一歩」のために、

楽観回路トレーニングでは、

いろいろな方法を提案している




ベーシック1 自分をもっと好きになる

ベーシック2 楽展思考(前向き思考)

ベーシック3 イメージトレーニング

ベーシック4 解決思考トレーニング

ベーシック5 「今に意識を集中する」




でね、今日はちょっとベーシック5

「今に意識を集中する」と関係した

お話。



4/17の道新に出ていた記事



ワンコと人間が見つめあうと、

人間だけではなく、ワンコの

ほうにも、癒し脳内物質

「オキシトシン」が出るという

お話。







マウスの親子でもオキシトシン

で絆を強めることが知られている。

だけど、人とワンコという

異種の間で確認されたのは

はじめて。



人に飼育されたオオカミと人間

とでも実験を行ったが

オキシトシンの濃度に変化は

なかったとのこと



人とワンコは長い付き合いで、

見つめられれば、お互いに

癒し物質「オキシトシン」が

出る



見つめるだけでなく、

触っても、両方に

オキシトシンの増加が

見られる



ワンコとじゃれている間、

人は余計なことは考えない

犬を飼っている人は

みんな「ウチの仔が

一番かわいい」と思うもの




ワンコとじゃれることは

とっておきのアゲメン!




それも自分だけじゃなく、

ワンコも快感と癒しを

共有するところが、

最高のアゲメン



ワンコと見つめあって、

浮世のうさは忘れ、

「今」という時を心から

楽しもう