2つのプロ|ホテルマンファイター|ゆう



$2つのプロ|ホテルマンファイター|小泉裕太郎
$2つのプロ|ホテルマンファイター|小泉裕太郎



中学生当時の『喧嘩に強くなりたい』という不純な動機から始めたボクシング。

しかし、攻防の駆け引き、スリル、そして己に克つことの快感に酔いしれ、現在プロボクサーとして活動中グー

また、現在ビジネスホテルの従業員として邁進中!!
日々お客様と接し、サービス業とは何かを学ばせて頂いている。

ホテルマンプロボクサーフロント後楽園ホール
両方とも本気。両方とも生きる場所。
それが私のスタイル。


$2つのプロ|ホテルマンファイター|小泉裕太郎 $2つのプロ|ホテルマンファイター|小泉裕太郎

My Style & My Life



Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2015-01-31 19:55:05

イスラム国問題に対する考察(ただの持論です)

テーマ:日々のブログ

イスラム国の日本人拉致事件が問題になっています。



日本人がイスラム国支配地域周辺に行って、捕まり200億円を超える身代金を要求されました。


要求にこたえられず一人は殺され、

今度は残る一人の命と引き換えに、イスラム国側の死刑囚の釈放を求めてきました。


もう一人人質の外国人がいるというのはひとまず置いといて。


テロリストの要求に断じて答えるべきではないと思います。

テロの要求に応じることはさらなるテロを引き起こすことにつながります。


身代金を払えば、要求に応じる国だということになり、

第2第3の誘拐事件がおき、そのたびに身代金を要求される。

そしてその金がテロのための資金になる。

人質交換を行ったら、その死刑囚がまた犯罪を繰り返す。


そうなったときだれが責任を取るのですか?

よってヨルダンに対し[死刑囚の釈放を求める]内政干渉もするべきではない。



できることは、人質の安全をただ願うだけです。


皆様はどう思われます?





本日未明、残る一人の日本人も殺害されたというニュースが入りました。


本当に残念でなりません。


ご冥福をお祈りいたします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス